西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗嬢のLINEを聞く際の注意点とテクニック|連絡時のポイントも

風俗嬢のLINEを聞く際の注意点とテクニック|連絡時のポイントも

西川口ソープ ファーストクラスルビー 出勤情報

風俗嬢のなかには、お客様と連絡をとるためにLINEを交換する人も少なくありません。しかし、風俗嬢とLINEをしたいと考えながらも、聞き出し方がわからずにためらう人は多いのではないでしょうか。

テクニックを把握したうえでLINEを聞くと、交換できる可能性が高まります。また、連絡時のポイントも理解していれば、良好な関係を築くことが可能です。

そこで今回は、風俗嬢とLINE交換をするためのテクニックや、LINEをする際のポイントについて解説します。風俗嬢のLINEが知りたいと考えている人は、参考にしてください。

 

1.風俗嬢のLINEを聞く際の注意点2つ

実際、風俗嬢とLINEを交換しているお客様は少なくありません。ポイントを押さえていれば、風俗嬢からLINEを教えてもらうことはできます。

しかし、たとえLINEを教えてもらった場合でも、友人とのLINEのように自由に楽しんでいいわけではありません。風俗嬢とのLINEを楽しむためにも、2つの注意点を把握しておきましょう。

 

1-1.風俗嬢の連絡先を聞くことは基本的に禁止されている

風俗店では原則として、風俗嬢とお客様がメールアドレスなどの連絡先交換をしたり、店外で会ったりすることを許可していません。

なぜなら、風俗嬢とお客様が自由に店外で会ってしまうと、風俗店を経由せずにヘルスサービスを提供する風俗嬢が出てしまうためです。このような行為が発生すると、風俗店は利益が出せなくなります。

そのため、風俗店においてお客様が風俗嬢に連絡先を聞くことは原則禁止です。基本的には、「風俗店に秘密で風俗嬢と連絡先を交換する」という形式となるため、お客様がトラブルに巻き込まれても風俗店は対応できません。

 

1-2.教えてくれる場合でも「営業目的」であることを理解する

風俗嬢がLINEを教えてくれる理由は「営業目的」です。お客様に特別な恋愛感情を持っているわけではないため、勘違いしないようにしましょう。教えてもらえるLINEアカウントは、プライベート用のアカウントではなく、営業LINEを送るための仕事用アカウントの可能性があります。

風俗嬢の給料は歩合制です。風俗嬢はお客様から気にいってもらい、本指名してもらうことで給料が増加します。そのため、LINEを教えているお客様は1人だけではなく何人もいること、指名や予約につながらないLINEは敬遠されることを理解しておきましょう。風俗嬢とのLINEはあくまで「擬似恋愛」です。

 

2.風俗嬢のLINEを聞く際のテクニック4つ

風俗嬢も人間であるため「よく知らないお客様」にはLINEを教えません。また「自分にメリットがないお客様」「面倒なお客様」に教えることもないでしょう。

風俗嬢からLINEを教えてもらうためには、ある程度の信頼関係を築いたうえで、さりげなく聞くことが大切です。

ここでは、風俗嬢にLINEを聞く際に使える4つのテクニックを紹介します。風俗嬢とLINE交換をしたい人は参考にしてください。

 

2-1.本指名を複数回行う

風俗嬢がお客様にLINEを教えてくれる理由は「仲良くなって本指名をとりたいため」です。よって、指名につながらないお客様とLINEするメリットはありません。

風俗嬢にLINEを教えてもらうためには、本指名をする気持ちがあることをアピールしましょう。LINEを聞く前に何度か本指名をし、リピーターになることがポイントです。

何回か指名することで、風俗嬢は心を許してくれる傾向にあります。風俗嬢に「このお客様と仲良くなったらまた本指名してくれる」と思わせることが大切です。

 

2-2.風俗嬢にとっての「言い訳」を考えてあげる

風俗嬢やお客様にとって、LINEの交換はいくつかのメリットがあります。しかし、風俗店側にはデメリットが多く、風俗嬢はお店側からLINEの交換を禁止されている場合も少なくありません。

LINEの交換に背徳感を抱く風俗嬢は多いため、背徳感を和らげる言い訳を考えてあげましょう。具体的には、お客様とLINE交換をしたことが風俗店側に発覚してしまったときや、「風俗店のルールを破ってLINE交換して大丈夫かな」と悩んだときに都合の良い言い訳です。

たとえば「直接予約したい」「風俗店が暇な日に声をかけて」など、風俗嬢にとってメリットとなり、かつ言い訳として使える理由を提示してLINEを聞きましょう。

 

2-3.SNSを経由して聞く

風俗嬢は、営業活動のために「Instagram」や「Twitter」などのSNSアカウントを所持していることがあります。SNSのアカウントはLINEよりも聞きやすく、教えてくれる確率も高いため、SNSで少しずつ距離を縮めてからLINEを聞くことも1つの手段です。

ただし、SNSでつながる際はタイミングに注意しましょう。まだ親密になっていない風俗嬢のSNSアカウントを検索し、いきなりフォローリクエスト(友達申請)を送ると驚かせてしまいます。

また、アカウントの登録名が適当な名前の場合、風俗嬢は相手を特定できません。そのため、風俗嬢に会ったときに直接SNSアカウントを教えてもらい、フォローするようにしましょう。

 

2-4.スタンプ・写真などをネタにする

LINEでは、メッセージ以外にもスタンプや写真が送れます。スタンプ機能を利用して、風俗嬢の興味を引くこともテクニックの1つです。

なかでも、プロ・アマ問わずにスタンプが販売できる「クリエイターズスタンプ」では、個性的なスタンプが多くリリースされています。風俗嬢が笑ってくれそうなスタンプなどを見つけ、「見せてあげるから教えて」とさりげなくLINEを聞いてみましょう。

 

3.風俗嬢とLINEをする際のポイント2つ

風俗嬢とLINEをする際のポイントは、「相手を優先すること」です。具体的には、LINEのタイミングや内容を、相手の気持ちや仕事の状況などを考慮したうえで送信することを指します。

風俗嬢とのLINEの際は過度に舞い上がらず、相手の負担にならないように心がけましょう。ここでは、風俗嬢とLINEをする際のポイントを2つ紹介します。

 

3-1.必要なときだけ連絡する

風俗嬢へのLINEは、出勤日の確認や予約、イベントなど仕事に関連する内容だけにしましょう。風俗嬢にとって興味のない日記のような内容や雑談、あいさつメッセージは不要です。

予約につながらないお客様との雑談は、風俗嬢に何もメリットがなく、時間の無駄と思われてしまう可能性があります。不要なLINEを繰り返していると「メリットよりもデメリットのほうが多い」と判断されてしまうこともあるでしょう。

「特に用事はないが連絡したい」というときは、1ヶ月に一度程度に控えてください。

 

3-2.返信の間隔・文量を相手に合わせる

LINEの返信はできるだけ早く、文章は長いほうが気持ちが伝わると考える人もいますが、必ずしも正しいとは言えません。

風俗嬢にLINEをするときは、返信の間隔や文量を相手に合わせましょう。たとえば、風俗嬢が5分程度で返信する場合は5分程度で返信し、半日程度で返信してくれる場合は半日程度で返信します。

また、風俗嬢に既読スルーをされた場合でも、返信を促すLINEは控えましょう。あまりガツガツとLINEをすると風俗嬢が引いてしまう恐れがあるため、余裕を持って相手に合わせた返信を心がけてください。

テクニックやポイントを踏まえたうえで、風俗嬢とLINEをしましょう。

 

まとめ

今回は、風俗嬢とLINE交換をするためのテクニックや、LINEをする際のポイントを解説しました。

LINEは、風俗嬢にとって本指名をとるための営業ツールです。風俗嬢にLINEを聞くときは、本指名を繰り返して信頼関係を築いたり、風俗嬢の営業用SNSをフォローして仲良くなったりしてから聞きましょう。

風俗嬢は、原則としてお客様とのLINE交換を禁止されています。風俗嬢がお店から怪しまれることのないよう、仕事に関係のない雑談は控えましょう。また、風俗嬢の負担にならないように、相手の気持ちや仕事の状況などを考慮して送ることが大切です。

トップへ