西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗店の面接における志望動機の答え方|好印象な答え方を紹介

風俗店の面接における志望動機の答え方|好印象な答え方を紹介

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗店の面接では、さまざまな質問に答える必要があります。業界未経験の人にとっては、どのように答えることが望ましいのか気になる人も少なくありません。

特に、志望動機の質問はほとんどの面接で尋ねられます。志望動機を通して自分をアピールできた場合は採用率が高まるため、採用を勝ち取るためにも答え方を把握しておきましょう。

今回は、風俗の面接における志望動機の答え方を解説します。好印象な答え方も紹介するため、風俗業界で働くことを検討中の男性は参考にしてください。

 

1.【風俗業界への転職】志望動機の答え方|自分のやる気をアピールしよう

風俗業界は学歴や職歴、資格や経験が問われない傾向にあるため、採用基準は決して高くありません。しかし、不採用となるケースもあります。

風俗店は18歳以上(高校生を除く)であれば、誰でも働くことが可能です。ただし、仕事をするうえで気力や体力は欠かせません。キャスト(女の子)やお客さんと接する機会もあるため、一定のコミュニケーション能力が必要です。

採用担当者は、志望動機の内容で応募者が風俗業界に適しているかどうかを判断します。採用可否をわける重要な項目となるため、志望動機は十分に考慮しなくてはなりません。

 

1-1.お金が志望動機で問題なし

風俗業界への転職は、お金や収入を志望動機として問題ありません。
ただし「お金を稼ぐために志望しました」と答えるよりも、もう一歩踏み込んだ志望動機があると良いでしょう。

風俗業界は高収入が期待できる分、同じように応募するライバルも多くいます。ライバルに差をつけるためには、積極的なアピールが重要です。
下記のように、具体的な志望動機を伝えるようにしてください。

  • 将来自分のお店を持つことが夢であり、資金を貯めたいため
  • 高収入を得て、生活水準を向上させたいため
  • 40代までに3000万円の貯金がしたいため
  • 高級タワーマンションで暮らしたいため

夢や目標は漠然とさせず、具体的に答えましょう。目標金額など数字で示すことも大切です。ポジティブな志望動機であれば、採用担当者に好印象を与えることができます。

借金返済を目的に風俗業界へ転職する人もいるでしょう。志望動機を「借金返済のため」と答えることは問題ありません。
しかし、返済額が途方もない金額の場合、自己管理ができていない印象を与えかねないため注意が必要です。

 

2.風俗業界におけるNGな志望動機の答え方

風俗業界への転職を目指す場合にNGとされる志望動機の答え方は、以下の通りです。

◯主体性のない内容
主体性のない志望動機は、採用担当者にマイナスイメージを与えるため避けましょう。

風俗店に限らず、仕事をするうえで明確な意思表示は欠かせません。主体性のなさは、今後一緒に働くことを考えた場合の不安材料となります。正直にいえない事情がある場合でも、あいまいな答え方や濁した答え方は控えましょう。

◯お店のサービス・キャストに関係する内容
サービスやキャストが評価されることは、お店にとって光栄です。ただし、相手が応募者の場合は話が異なります。

風俗店は、過去にお客さんとして来店した人を採用することはありません。女性キャストに好意があり、近づく目的で応募する人がいるためです。一度利用した風俗店への応募は避けましょう。

◯「社風」をアピールする内容
風俗の面接において社風のアピールはNG行為です。近年は、社風をアピールしている風俗店もあります。
しかし、社風と現実にギャップがあることは珍しくありません。表層的な部分にのみ注目し本質を理解しない人は、業界の苦労を知った際に心が折れやすい傾向にあります。

◯お店を踏み台とするような内容(独立したい、など)
「将来的に独立したい」といった目標は、受け止め方次第で「お店を踏み台にしようとしている」と捉えられる可能性があります。向上心のアピールは有効となるものの、誤解のないように伝えなければなりません。
誤解を避けるためには、お店のために努力を惜しまない姿勢をアピールすることが大切です。

お店に独立支援の制度がある場合は活用したい旨を伝えることで、誤解のない意思伝達が可能です。

 

3.風俗業界の面接でよく聞かれる志望動機以外の質問

面接では、志望動機以外にもさまざまな質問があります。緊張する場面で慌てずに対応するためには、あらかじめ想定される質問に対して答えを用意することが有効です。

ここでは、風俗業界の面接において、志望動機以外でよく聞かれる質問と適切な答え方を5つ紹介します。

 

3-1.志望する職種

面接では、「どの職種で働きたいと考えているのか」を尋ねられることがほとんどです。風俗業界の主な職種は下記の通りです。

  • 店長・幹部候補
  • 店舗スタッフ
  • Webスタッフ
  • 送迎ドライバー

いずれの職種も、それぞれ給料や業務内容が異なります。送迎ドライバーの場合はアルバイトや契約スタッフとなることもあり、雇用形態によっては給料が時給となる場合もあるでしょう。

求人に応募する際は、電話や面接の段階で希望職種が聞かれることを想定して、希望する職種を決めておく必要があります。

 

3-2.運転免許の所持

運転免許の所持は、職種を問わず必ず質問されます。お客さんの送迎は基本的に送迎ドライバーが行うものの、人手が足りないときなどイレギュラー時の対応可否を確認するためです。

お店によっては、運転免許の所持が採用合否に関わることもあります。ただし、運転免許がない場合は正直に伝え嘘をつくことは避けましょう。

 

3-3.タトゥー・刺青の有無

タトゥーや刺青はお客さんに威圧感を与えてしまうため、好まれない傾向です。
下記の場合は採用が難しくなるでしょう。

  • シャツの袖口よりタトゥーや刺青が見える
  • 首もとから背中まで、広範囲にタトゥーや刺青が入っている
  • 顔にタトゥーや刺青を入れている

タトゥーや刺青を入れている場合でも、肩や胸など服装で隠せる範囲であれば許容してもらえるケースがあります。

タトゥーや刺青の有無は、ファッションヘルスやソープランドなど店舗型風俗店の面接でよく聞かれる質問です。
一方、ホテルヘルスやデリバリーヘルスなどの派遣型風俗店では、お客さんと顔を合わせる機会がないためあまり重視されません。

 

3-4.前職の退職理由

退職理由を質問する理由は、前職と同じ理由で退職するかどうかを見極めるためです。
下記のように、ネガティブな印象を与える回答は避けましょう。

【NGな例】

  • 残業が多く上司とも合わなかったため
  • 会社に評価されず昇給もしないため
  • 環境が変われば頑張れると判断したため

退職理由は志望動機と結びつけることで説得力が増し、ポジティブな印象に変わります。下記のように、ポジティブに映る回答がおすすめです。

【OKな例】

  • 生活リズムを安定させ、仕事で結果を出したい
  • 実績や成果が評価される職場で自分を試したい

 

3-5.変化球の質問

お店によっては、少し変わった質問がされることもあります。例えば下記のような質問です。

  • 宝くじが大当たりしたら何に使いますか
  • 自分を動物に例えると何ですか

一見すると雑談のように映るものの、変化球の質問には明確な目的があります。

宝くじの質問は、応募者の計画性や一般常識の有無を確認することが目的です。「大当たりしたときは遊んで暮らします」と答えた場合、怠け者の印象を与えてしまうでしょう。

自分を動物に例える質問は、自分を客観視できるか、ものごとを理屈立てて説明できるかなどを確認する目的があります。「自分を動物に例えると〇〇です」と答えるとともに、「なぜなら〜」と理由を添えることが大切です。

変化球の質問は、イレギュラー時の対応力や冷静さも知ることができます。慌てずに答えることを心がけ、落ち着いた対応をすると好印象です。

 

まとめ

今回は、風俗の面接における志望動機の答え方や、好印象な答え方などを解説しました。

志望動機はお金が目的でも問題ありません。ただし、将来の夢や目標など、しっかりとした動機づけがあればより好印象となります。高収入を目指して応募するライバルと差をつけるためには、積極的に自分をアピールすることが重要です。

面接で良い印象を与えることができれば、採用される確率は高まります。NGな志望動機は避け、志望動機以外の質問にもしっかりと答えられるよう準備しましょう。

トップへ