西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗業界における男性の仕事内容・収入例|転職する際のポイント

風俗業界における男性の仕事内容・収入例|転職する際のポイント

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗業界は、女性だけでなく男性も高収入が得られる業界です。特別なスキルや資格がなくとも、やる気さえあれば店長や幹部などのポジションが狙えるため、未経験から風俗業界に挑戦しようと考える男性も少なくありません。

しかし、風俗店では女性がメインでお客様を接客するため、男性がどのような仕事をするかわからない人も多くいます。風俗業界で働きたいと考える場合は、仕事内容を把握することが大切です。

今回は、風俗業界における男性の仕事内容を解説します、転職する際のポイントも解説するため、風俗業界のことを詳しく知りたい人は参考にしてください。

 

1.風俗業界に転職する人が増えている理由

現在、風俗業界に転職する男性が増えています。しかし、なぜ増えているのか詳しい理由を知っている人は多くありません。

ここでは、風俗業界に転職する人が増えている理由を解説します。具体的な理由を知り、風俗業界への転職に対するモチベーションを上げましょう。

 

1-1.通常の仕事よりも高収入を得られる

風俗の仕事は、通常の仕事よりも高収入を得ることができます。女性が稼ぐイメージを持つ人は多くいますが、男性も稼ぐことができる業界です。その理由として出世スピードの早さがあります。やる気と結果次第では、入社後半年〜1年以内に出世するケースも少なくありません。

店長や幹部などのポジションになれば、年収1,000万円超えも狙うことができます。収入に満足できない人や一発逆転を狙いたい人にとって、風俗業界は魅力の多い業界です。

 

1-2.学歴・経歴がなくても働ける

風俗業界は実力主義の世界です。学歴・経歴が重視されないため、一般企業求人のように「TOEIC◯点以上」「大卒以上」といった条件はありません。
また、基本的に経験不問の店舗が多いことから、風俗業界をはじめとしたナイトワーク未経験の男性でも転職できます。学歴や経歴がネックとなり、正社員への転職が難しい人から人気の業界です。

風俗業界は接客業のため、働く際には一般常識や接客などのスキルが必要となります。敬語が使えない、時間管理ができないなど基本的なビジネスマナーが身についていない男性は、風俗業界でも受け入れられないことを念頭に置きましょう。

 

2.風俗業界における男性の仕事内容

風俗業界における男性の仕事は、大きく分けて4つあります。基本的に、風俗嬢が接客・サービスをメインに行うため、男性はサポート業務を行うことがほとんどです。

ここでは、風俗業界における男性の具体的な仕事内容を解説します。入社後のギャップを防ぐためにも、仕事内容を明確に理解しておきましょう。

 

2-1.送迎ドライバー

送迎ドライバーは、風俗嬢を閉店後に自宅付近まで送迎したり、派遣型風俗店で働く風俗嬢をホテルなどの出張先に送り迎えしたりする仕事です。入社後、まずはドライバーから仕事を始めるケースが多くなります。

送迎ドライバーの仕事は、車の運転さえうまくできれば比較的簡単にこなせる仕事です。風俗嬢と会話をする必要はないため、会話が苦手な人でも問題ありません。
また、送迎以外の時間は待機となり待機中も給料が発生します。車内で自由な時間を過ごせるため体力的な負担もほとんどありません。

送迎ドライバーは、社員ではなくアルバイトでの募集も見かけられます。まずはアルバイトから始めて社員を目指すこともおすすめです。

 

2-2.事務スタッフ

事務スタッフの仕事内容は多岐にわたります。具体的な仕事内容は下記のとおりです。

  • 経理、会計:給与計算、売上管理、決算業務、年末調整など
  • メールオペレーター:求人への応募や問い合わせなどのメール対応など
  • その他オフィスワーク:公式ホームページの更新・編集や広告デザインなど

風俗業界は日々大きなお金が動く業界のため、お金を管理する経理・会計や、利益獲得に向けたマーケティングなどが大きな力を持ちます。事務スタッフとして結果を残した人は、幹部になったり独立開業したりするケースも少なくありません。

事務スタッフの場合、仕事内容によってはスキルが必要となることもあります。例えば、経理であれば簿記などの事務スキル、公式ホームページの更新・編集であればWebデザインのスキルが必要となるでしょう。

 

2-3.店舗スタッフ

店舗スタッフの仕事は、受付・電話対応・プレイルームへの案内といったお客様対応がメインです。その他、店内の清掃や備品管理、風俗嬢の出勤確認などの仕事もあります。

店舗スタッフとして働く場合、接客のスキルや風俗嬢のスケジュール管理など、さまざまなスキルが必要です。大変なことも多い分たくさんのスキルが身につくため、キャリアアップがしやすくなります。
風俗嬢のマネジメントやお客様評価などは実績としてアピールできるため、昇格にもつなげやすいでしょう。

日々忙しく動き回る店舗スタッフは充実感を強く味わえるため、「暇より忙しいくらいが好き」という男性にもおすすめです。

 

2-4.店長・幹部候補

店長・幹部候補は、店舗運営を行う重要なポジションです。売上を左右するポジションのため重い責任がのしかかる分、稼げる可能性も高くなります。

基本的な仕事は風俗嬢のマネジメントです。売れる風俗嬢を育てない限り、売り上げは一向に伸びません。既存キャストに仕事のアドバイスをしたり、悩みや不満があれば相談にのったりなど、さまざまなマネジメントを行います。
自ら面接官として面接の場に入り、風俗嬢の採用可否を決めることも少なくありません。

経営に興味がある男性やたくさん稼ぎたい男性におすすめです。

 

3.風俗業界における男性スタッフの収入例

風俗業界で働く場合の収入例は以下のとおりです。

基本給 インセンティブ 月収
Aさん 32万円2万円34万円
Bさん 40万円10万円50万円

男性スタッフには、基本給だけでなくインセンティブも存在します。基本給が高いだけでなくインセンティブもあることから、月収30万円以上を稼ぐことは難しくありません。
ただし、風俗業界はすぐに高収入が得られるわけではないことを念頭に置きましょう。経験を積み、出世をして昇給や昇進が実現できた場合にのみ、収入がアップします。

店長や幹部になれば基本給・インセンティブともにアップするため、月収100万円も夢ではありません。たくさん稼ぎたい男性は、積極的に店長・幹部候補の求人に応募してみましょう。

 

4.未経験から風俗業界に転職する際のポイント

努力次第で高収入を狙える風俗業界は、稼ぎたい男性にとって非常に魅力的な業界です。しかし、風俗業界の仕事は楽な仕事ではありません。風俗業界に転職を決めた場合は、一般企業とは異なる点も多々あることを理解しておきましょう。

ここでは、未経験から風俗業界に転職する際のポイントを解説します。

 

4-1.健康管理を徹底する

風俗店は朝から深夜までの営業が多いことから、男性スタッフは日勤と夜勤の交代制となります。不規則な生活となって体調を崩しやすくなる男性もいるため、健康管理に気を配りましょう。

栄養バランスが取れた食事を心がけたり、適度に運動する習慣をつけたりなど、忙しい中でもできる範囲で工夫をしてください。

 

4-2.経営者になるなどの目標を持って働く

目標を持って仕事に取り組むことは、仕事に対するモチベーション維持につながります。モチベーションを高く保つためにも、風俗業界で働く前に目標を持っておきましょう。
目標の例には、経営者となって成功する・年収1,000万円を達成するなどがあります。お金を貯めてマイホームを建てるといった、プライベートな目標でも問題ありません。

目標がなければ、仕事が辛いと感じたときに切り替えが難しくなり、退職につながってしまうこともあるでしょう。自分自身を鼓舞するためにも目標を持つことが大切です。

 

まとめ

今回は、風俗業界における男性の仕事内容や、転職する際のポイントを中心に解説しました。

風俗業界は、未経験でもやる気さえあれば転職が可能です。一般企業のサラリーマンと比較しても給与水準が高めのため、高収入を得ることもできます。仕事をする中でさまざまなスキルが身につくため、スキルアップもしやすい業界です。

風俗業界で働く男性の中には、年収1,000万円を稼いでいる人もいます。風俗業界は誰にでもチャンスがある実力主義の世界のため、未経験の人も前向きに挑戦してみましょう。

トップへ