西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗の福利厚生は充実している?男性求人の福利厚生を徹底調査

風俗の福利厚生は充実している?男性求人の福利厚生を徹底調査

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗業界で働いてみたいと考えていても、福利厚生に不安を感じている方は多いでしょう。月給が高かったとしても、他の業界よりも福利厚生が劣るのであれば、実質的な待遇の水準は高いとはいえません。特に、各種手当や社宅・寮、休日などは、福利厚生の中でも非常に重要です。

そこで本記事では、風俗業界における男性スタッフの福利厚生の内容や福利厚生の用語を紹介します。これから風俗店で働こうと考えている男性の方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗業界における福利厚生とは?

福利厚生とは、給料以外でスタッフの健康や福祉、生活の向上のために企業が提供する制度です。福利厚生という言葉の意味は、風俗業界とそれ以外の業界で違いはありません。
福利厚生は大きく分けると、次の2種類が存在します。

●法定福利

法定福利は法律で定められており、企業が必ず設けなければならない福利厚生のことを指します。具体的には、社会保険や雇用保険が法定福利です。

●法定外福利

法定外福利は法律で定めている範囲外で、企業が独自に設けている福利厚生のことを指します。具体的には、住宅手当や通勤交通費などが法定外福利です。

求人を探す際には、法定福利が完備され、さらに法定外福利も充実している風俗店を探しましょう。

 

2.風俗業界で用意されている福利厚生

福利厚生には様々な種類があり、それぞれを深く理解している方は、非常に少ないでしょう。ここでは、風俗業界で設けられている代表的な福利厚生について、7つ紹介します。

福利厚生について十分な知識を理解しておくことは求人探しに役立つため、ぜひ参考にしてください。

 

2-1.厚生年金保険などの「社会保険」

社会保険とは、以下の3つの公的保険を合わせたものの総称です。

●健康保険

健康保険は、被保険者が病気や怪我の際に医療給付や手当金などを支給して、生活を安定させることを目的としています。健康保険の対象は働いている方だけではなく、配偶者にも適用されることが特徴です。
健康保険に入っていると、病気や怪我などで病院へ行った際に医療費が安くなったり、出産や怪我で仕事を休んだ際に給付金を受け取ったりすることができます。

●厚生年金保険

厚生年金保険は、公的年金の1つです。公的年金には国民年金と厚生年金の2種類があり、国民に加入が義務付けられています。
厚生年金に加入していると、老後に国民年金よりも充実した給付を受けることが可能です。

●介護保険

介護保険は、高齢者の介護を社会全体で支えるために導入された社会保険です。65歳以上の高齢者は要支援・要介護状態となった際に、介護保険サービスを受けることができます。

風俗店を含めて企業で正社員として働く場合、社会保険は基本的に必ず加入しなければなりません。しかし、経営者が個人事業主の場合、社会保険の加入義務がないため、事前に求人をしっかり確認しておきましょう。
法規制の強化や、法人経営の増加により、社会保険に加入する風俗店が増加傾向にあります。

 

2-2.収入の底上げとなる「各種手当」

通勤手当や住宅手当のような各種手当があると、手取り額が多くなるため、非常に重要な項目です。
例えば、1日1,000円の通勤手当がある場合とない場合とでは、1ヶ月に受け取ることができる金額が、約20,000円変わります。また、住宅手当の有無も1ヶ月に数万円単位で手取りが変化するため、非常に重要な手当です。
風俗店の求人を探す際は、通勤手当など各種手当の有無をしっかりと確認しましょう。

 

2-3.融通が利きやすい「休日・休暇制度」

風俗店に設けられている休日・休暇には、大きく分けて次の2種類があります。

●曜日固定の休日

多くの風俗店では、毎週固定された曜日に休める休日があります。最低でも1週間に1日の休日が付与されます。風俗業界では、土日や祝日にお客さんが多いため、男性スタッフの休日は平日となることが一般的です。

●会社が付与する休日

曜日固定の休日以外に、風俗店ではリフレッシュ休暇などの休日を付与される場合があります。会社が独自に付与する休日・休暇は、風俗店によって異なるため、求人を比較する際は、休日数と休日の種類を確認しましょう。

 

2-4.短期間でステップアップ可能な「昇給・昇格制度」

風俗業界は、学歴や職歴、年齢などに関係なく、実力があれば短期間で昇給・昇格を実現できます。男性スタッフのお店に対する貢献度や成長を評価する仕組みを備えている風俗店が多く、給料や社内でのポジションに素早く反映される点が風俗業界の特徴です。
また、社内での評価を得るためには、上司や同僚など他のスタッフとの信頼関係が求められます。スタッフやキャストとコミュニケーションを取り、社内での評価を高めましょう。

 

2-5.住居費を節約できる「社宅・寮」

風俗店の中には、福利厚生のために社宅や社員寮を用意しているところが多くあります。多くの社宅や社員寮では家賃が必要ですが、相場の家賃よりも割安な傾向があるため、生活費を節約することが可能です。
風俗店によっては、家具・家電付きの物件を用意してくれる場合もあります。生活費の節約を重視する方は、社宅や社員寮を利用できる求人を探してみましょう。

 

2-6.自分で用意する手間を省ける「備品貸与」

風俗店で働く男性スタッフは、基本的にスーツを着用します。風俗店によっては制服があり、貸し出しを行っているところもあります。スーツ・制服を備品として貸し出してもらえる風俗店であれば、自分で勤務中の服装を用意する必要がありません。

さらに、クリーニング代を支給してくれる風俗店もあります。毎日着用する服装にかかるコストや手間を軽くしたい方は、スーツ・制服を貸し出してもらえる風俗店を選びましょう。

 

2-7.個人経費が使えることもある「役職制度」

店長やマネージャーなどの役職に就くことで、様々な個人経費が使えるようになる風俗店が存在します。勤務する風俗店によって異なるものの、以下のような費用を経費として使うことが可能です。

  • 家賃補助
  • 携帯電話の料金
  • 接待時の食事代やタクシー代

風俗店では役職に就くことで、業務範囲が大幅に広がります。業務範囲の広がりによって、役職に就いている方は、様々な出費が必要となることが少なくありません。個人経費の活用によって、業務範囲の広がりに伴う出費増加をカバーすることが可能です。

 

3.男性風俗求人で注意したい福利厚生用語

福利厚生に関する用語には、間違った意味で捉えられやすい言葉が存在します。意味を正しく理解していなければ、働き始めてからトラブルの原因となるため、しっかりと理解しておきましょう。

●週休二日制

週休二日制という言葉を聞くと、「毎週2日休みがある」と思う方が多いのではないでしょうか。しかし、週休二日制とは、「1ヶ月に2日休める週が1回以上存在する」という制度です。
そのため、実際は1ヶ月に1週間は2日休んで、残りの3週間は1日しか休むことができないということもあります。
毎週2日休むことができる制度は「完全週休二日制」です。求人情報を見ていると見落としてしまうことがあるため、注意深く確認しましょう。

●みなし残業制

みなし残業制とは、一定時間は残業しているとみなして、事前に給料に加算しておく制度です。30時間のみなし残業制である場合、1ヶ月の残業時間が30時間を超えるまでは残業代が出ません。みなし残業制ではない風俗店を探す際は、「残業代あり」と記載されている求人を探しましょう。
また、面接の際に給料形態がどのようになっているのか、担当者に直接質問してみることがおすすめです。

風俗業界は福利厚生が整っていないというイメージを持たれることが多いものの、実際は働き方改革が進み、福利厚生が整っている風俗店が多くなっています。男性向けの風俗求人を選ぶ際は給料だけではなく、福利厚生にも着目してみましょう。

 

まとめ

風俗業界の福利厚生には様々な種類があります。法定福利である社会保険以外に、各種手当や社宅、個人経費などの法定外福利も、風俗業界では用意されています。仕事とともにプライベートも重視する場合は、休日・休暇が充実した風俗店を選びましょう。

給料の他に様々な福利厚生があることで、より働きやすくなります。そのため、風俗業界への転職・就職を考えている場合は、給料だけではなく、福利厚生の面にも注目して求人を選びましょう。

トップへ