西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗業界における女性管理|快適に働いてもらうポイント・注意点も

風俗業界における女性管理|快適に働いてもらうポイント・注意点も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗業界で働いていると、女性管理の業務に携わる機会があります。しかし、風俗業界で働いている歴が短い場合、どのように女性管理を行うべきか分からないことも多いでしょう。風俗業界における女性管理は、他の仕事と比べても少し特殊な業務です。

そこで今回は、風俗業界における女性管理のポイントや注意点を解説します。これから女性管理に携わる予定のある人や、よりよい女性管理を実施したい人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗業界における女性管理とは?

風俗業界における女性管理とは、キャストが快適に働けるようサポートすることです。
具体的には、キャストの教育や心のケアなどを行います。適切な女性管理ができていないと、キャストは本来の力を発揮できず、お店の売上も伸びません。

風俗で女性管理を行う目的は、以下の通りです。

◯売れるキャストを増やすこと
風俗で働くキャストには、プレイや接客のスキルが求められます。キャストが稼げるよう、教育を実施することも女性管理の一環です。

また、キャストがより稼げるようになるためには、どのように売り込んでいくかを考える必要もあります。キャストとコミュニケーションをとり、売り込み方を決めることも大切です。

◯お店の環境や給料などを理由に辞めるキャストを減らすこと
風俗業界では、突然仕事を辞めてしまうキャストも少なくありません。風俗業界は女性不足に悩まされることが多いため、キャストが一人辞めるだけでも大きな痛手です。
徹底した女性管理で、仕事を辞めてしまうキャストを減らす必要があります。

キャストがお店を辞める理由の多くが、職場の環境や給料です。風俗店は多数存在するため、不満があればすぐに辞めてしまいます。
普段の会話や面談を通じ、キャストの不満を減らすことが重要です。

 

2.風俗業界では女性管理ができなければ昇格できない

風俗業界では、どの時代も「女性管理ができる=昇格」という共通ルールがあります。
風俗店はキャストが中心のお店です。キャストがいなければ、売上を上げることはできません。

キャストをサポートし売上につなげることができれば、お店から重宝されます。反対に、女性管理ができなければ、いつまで経っても昇格できません。

風俗業界で昇格し、収入アップを目指しているのであれば、女性管理のノウハウを身に付けておきましょう。

 

3.キャストに気持ちよく働いてもらうためのポイント5つ

風俗店で女性管理に携わる場合は、キャストが気持ちよく働ける環境を作ることが大切です。キャストに気持ちよく働いてもらうことは、お店の売上にもつながります。

ここでは、キャストに気持ちよく働いてもらうためのポイントを5つ紹介します。風俗店で女性管理に携わる際は、ぜひ参考にしてください。

 

3-1.適度な距離で接する

距離が遠すぎると、キャストから「冷たい」「女性を大事にしていない」などの感情を抱かれやすくなります。キャストが心を開いてくれない場合、お互いにとってよい関係を築けません。

反対に、距離を縮めすぎると、トラブルの原因になりかねません。
また、キャストと親密になりすぎると、どちらか一方が恋愛感情を抱いてしまうケースも少なくありません。キャストとの恋愛は、退店処分にもつながります。

トラブルを防ぐためにも、キャストとは近すぎず遠すぎずの適度な距離感で接することを心がけましょう。

 

3-2.どのキャストも平等に扱う

女性は贔屓を好みません。「自分よりも他の子のほうが優遇されている」と感じてしまった場合、キャストは働くモチベーションを失くしてしまいます。

最も気を付けるべき点は、好みのキャストにだけ優しくすることです。周りからすると明らかな贔屓であるため、不満が集まります。

また、売上が多い人気キャストを優遇することも避けましょう。人気キャストは嫉妬されやすい立場です。店舗スタッフからの露骨な優遇があると、周りのキャストは大きな不満を抱きます。

キャストに気持ちよく働いてもらうためにも、どのキャストも平等に扱いましょう。

 

3-3.常に気にかけコミュニケーションをとる

常にキャストを気にかけ、コミュニケーションをとることで、パフォーマンスの向上につなげることができます。
具体的には「連勤だけど疲れてない?」「お店にはもう慣れた?」などのコミュニケーションです。気にかけてもらって嫌な気分になる女性はいません。

キャストの気遣う言葉をかけるためには、キャストのことをよく観察することが大切です。少しの変化にもいち早く気付き、ケアしてあげましょう。

コミュニケーションをとるだけでも、キャストのモチベーションは上がります。

 

3-4.キャストの相談に乗る

キャストの相談に乗ることも、女性管理の大事な仕事です。

風俗で働くキャストは、収入や人間関係などさまざまな悩みを抱えています。
風俗の仕事を友達や家族に隠しているキャストは多く、周りに悩みを聞いてくれる人がいないという人も少なくありません。

悩みを人に聞いてもらうだけでも気持ちは落ち着きます。積極的にキャストの相談に乗りましょう。

 

3-5.快適に働ける職場環境を提供する

お店の売上を伸ばすためには、キャストが快適に働ける職場環境を提供する必要があります。
例えば、シフトの調整も女性管理の一環です。キャストの希望を聞きつつ、常に最適な人数が出勤しているよう調整する必要があります。

女性が多い職場で揉めごとは付き物です。キャスト同士の揉めごとが生じた場合は、自分が仲介に入る必要があります。

このように、常に職場環境に気を配り、キャストが快適に働けるようサポートすることが重要です。

 

4.女性管理を行う上での注意点2つ

女性管理を行う場合、いくつかの注意点があります。キャストに気持ちよく働ける環境を提供するためにも、業務のポイントだけでなく注意点を把握しておくことも大切です。

最後は、女性管理を行う上で特に注意すべき点を2つ紹介します。
女性ならではの注意点についても紹介するため、風俗店で女性管理の業務に携わる際は、必ず頭に入れておきましょう。

 

4-1.相談を受けたときは否定の言葉を使わない

店舗スタッフに相談を持ちかけるキャストは、「話を聞いて欲しい」と思っていることがほとんどです。特に店舗スタッフは風俗の仕事内容を理解している数少ない存在であるため、頼りにされています。そのため、否定の言葉は相手を傷つけやすいです。

相談を受けたときは、否定ではなく肯定し、キャストのメンタルをケアしましょう。具体的には「大変だけど、頑張ったね!」「その調子で頑張れば、きっとお客さんも増えるよ!」などです。

キャストから相談を受けたときは、聞き役に徹することでキャストが精神的に病むことを防げます。

 

4-2.普段から女性特有の周期を把握し出勤人数を調整する

風俗店には、常に一定数以上のキャストの出勤が求められます。しかし、キャストは女性特有の事情で、どうしても休まざるを得ない日も少なくありません。
女性管理を行う際は、以下のような事情を把握した上で、出勤人数を調整しましょう。

◯生理
生理期間中、女性は基本的に出勤できません。
しかし、生理の周期はある程度予測ができます。事前に生理による休み期間をヒアリングしておくと、出勤予定を把握しやすいでしょう。

◯子どもの事情
特にシングルマザーのキャストは、子どもの病気や学校行事の対応が多々あります。
子どもの事情による欠勤は、やむを得ないことです。快く休みを許可してあげましょう。

◯昼職
昼はOL、夜は風俗嬢として働いている女性は多くいます。昼職がある場合は入れるシフトに限りがあるため、事前に昼職の勤務日時をヒアリングした上で、出勤人数を調整しましょう。

 

まとめ

風俗業界における女性管理は、キャストが快適に働けるようサポートすることがメインです。女性管理は昇格や収入アップだけでなく、お店の売上アップにもつながるため欠かせません。

女性管理のポイントは、適度なコミュニケーションや快適な職場環境の提供です。キャストを優先的に考え、行動する必要があります。

女性管理のノウハウをしっかりと学んだ上で、お店の売上に貢献できる存在を目指しましょう。

トップへ