西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > ソープとヘルスの違いとは?プレイ内容や給料・働くメリットの違い

ソープとヘルスの違いとは?プレイ内容や給料・働くメリットの違い

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗で働いた経験がない人からすると、お店の違いは分かりにくいものです。
たとえばソープとヘルスは、どちらも設定された料金内で「プレイ」をお客さんに楽しんでもらう点が共通しています。

一見すると同じように見えますが、給料システムやバック率など細かな部分で違いがあります。

そこで今回は、ソープとヘルスの違いを分かりやすく解説します。また、それぞれのお店で風俗嬢として働くメリットと向いている人について紹介するため、ソープまたはヘルスで働くことを検討している女性は、ぜひ参考にしてください。

 

1.ソープとヘルスの違い

風俗バイトの種類は多く、お客さんの層もさまざまです。業界で働く女の子は、給料や待遇の良いところを求める場合もあれば、客層やサービス内容を重視して選ぶケースもあります。

ここでは、風俗バイトの中でも多くの求人が存在する、ソープとヘルスの違いを6つの視点で紹介します。どの風俗バイトを選べば良いか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

 

1-1.【店舗形態】店舗型と派遣型に分かれる

風俗は、店舗型と派遣型の2種類に分けることができます。ソープとヘルスを店舗形態で分けると、下記のとおりです。

  • ソープ…店舗型
  • ヘルス…派遣型(店舗型もあり)

店舗型は繁華街などにお店を構え、男性に来店してもらうスタイルです。店舗内にはサービスを提供するための個室が複数あり、ホテルなどへ移動することなく仕事ができます。
派遣型は、ホテルやお客さんの自宅など指定された場所にデリヘル嬢が派遣される営業方法です。

ソープは店舗型のみ存在しています。仮に派遣型の求人情報が見つかった場合、違法店である可能性が高いため注意しましょう。

ヘルスには3種類あり、サービスを提供する場所によって下記のように分類されます。

ヘルスの種類 店舗形態 特徴
箱ヘル店舗型店舗を構えており、個室でサービスを行う
デリヘル派遣型自宅やホテルなど、お客さんが指定した場所でサービスを行う
ホテヘル派遣型店側が指定するホテルでサービスを行う

ホテヘルの場合、電話で依頼を受けることもあれば受付所からお客さんと一緒にホテルへ移動することもあります。

 

1-2.【プレイ】ソープ特有のプレイあり

ソープとヘルスで共通するプレイは、基本的に下記のような内容です。

  • キス(ディープキス)
  • 全身リップ(全身舐め)
  • 玉なめ
  • フェラ(口内発射あり)
  • 素股
  • 指入れ
  • パイズリ・手コキ
  • シックスナイン

ソープはヘルスで行われるサービスに加え、特有のプレイも行います。
バスタブから局部のみを出した状態でフェラを行う潜望鏡や、女の子が局部を使ってお客さんの体を洗うたわし洗いなどが含まれます。また、マットプレイもソープ特有のサービスのひとつです。

 

1-3.【コース料金】それぞれ料金設定が異なる

風俗店には、基本的なサービスを受けられるコース料金と、お客さんの好みで追加できるオプション料金の2種類があります。ソープは特有のプレイが含まれるため、ヘルスよりもソープのほうがお客さんの支払う料金は高額です。

また、ソープとヘルスにはそれぞれ、大衆店(激安店)・中級店・高級店の3タイプのお店があり、中でもサービスの質が高い高級店はより高額な料金を設定しています。

 

1-4.【給料・バック】ソープのほうが高い傾向にある

ソープ・ヘルスのどちらも、女の子が得られるバックは売り上げに対する50%~60%前後が一般的です。しかし、前述したようにソープはお客さんがお店に支払う料金が高額であるることから、女の子の給料もソープのほうが高い傾向にあります。

また、ソープはお店のランクによって勤務日数に応じて支給される報酬が大きく異なるため、勤務先次第では高収入を目指すことができます。

ソープの給料は、お店のランクによって下記のような違いがあります。

お店のランク 日給 月給(10日勤務した場合)
大衆店約4万円約40万円
中級店約4万~7万円約40万~70万円
高級店約7万~10万円約70万~100万円

なお、40代以上など年齢が高い場合は、上記の金額よりも若干低くなります。また、大衆店・中級店ではヘルスと同等の日給になるところも少なくありません。
高収入を目指すのであれば、ソープの高級店で働くことがおすすめです。

 

1-5.【営業時間】ソープは深夜帯の営業なし

ソープとヘルスでは、営業時間にも大きな違いがあります。風営法によって営業時間などが厳しく定められているためです。

  • ソープの営業時間…6時~24時
  • ヘルスの営業時間…24時間

店舗型で営業しているヘルスは、ソープと同じく24時までに閉店しなくてはなりません。無店舗型のデリヘルなどに限り、24時間営業が可能です。

営業時間のみ見ると、制限のないヘルスのほうが働きやすく、しっかり稼ぎたい場合は夜中も稼ぐことができます。
とはいえ、ソープの閉店時間はわずか5時間に過ぎず、早朝には夜明けまでお酒を飲んでいた人や夜勤の人が来店するため、デメリットにはならないでしょう。

 

1-6.【客層】どちらも幅広い年齢層が利用する

ソープ・ヘルスのどちらも幅広い年齢層の男性が利用しており、年齢で見れば大差はありません。

あえて違いを挙げるとすれば、ソープのほうが経済的に余裕のある人が多い傾向にあります。
ソープは料金が高い分、プロの技を求めて来店するお客さんも少なくありません。また、恋人気分を味わいたい人や、プレイと会話の両方を求めている人など、多様なお客さんがソープを利用しています。

 

2.ソープで働くメリットと向いている人

ソープで働くメリットは、移動に時間を割く必要がないことです。
また、大衆店や中級店でも高収入を狙える点も魅力といえます。高級店であれば、一ヶ月で100万円や200万円の収入を得ることもは夢ではありません。

ソープでの勤務に向いている女の子の特徴は、下記のとおりです。

  • 思いやりがある
  • 仕事が丁寧で向上心がある
  • 仕事とプライベートを分けられる
  • 少ない出勤で高収入を目指している

ソープは、プレイの技術だけでなく接客自体の丁寧さも求められます。
特に、お客さんに満足してもらいたいとテクニックを磨く努力ができる人は、ソープに向いています。

ただし、高級店は容姿やスタイルに加え、接客スキルなども重視されるため、採用のハードルが高くなっています。
採用されたとしても、接客に関して細かなルールが設定されていることからハードワークとなる可能性が高いため、無理に高級店を目指さず、自分に合ったランクのお店で働くことがおすすめです。

 

3.ヘルスで働くメリットと向いている人

ヘルスで働くメリットは、自分の都合に合わせて働けることです。ソープもシフト自体は自由ですが、営業時間が決まっているため深夜から早朝にかけては働くことができません。

深夜に働きたい人は、デリヘルやホテヘルなど24時間働くことのできる派遣型のヘルスで働くと良いでしょう。ただし、遠方のお客さんに指名された場合、移動に時間を割かれるリスクがあります。

ヘルスでの勤務に向いている女の子の特徴は、下記のとおりです。

  • 素人っぽさがある
  • プロ意識を持って仕事をこなせる
  • お客さんからのお触りに抵抗がない
  • 美意識がある

ソープと比べてカジュアルな印象のあるヘルスでは、素人を好む男性が多い傾向にあります。しかし、頑張り次第では、素人っぽさを隠せない人であっても高収入を目指すことができます。

また、手抜きをせず、接客に気を配ることができる人は、テクニックに自信がなくてもお客さんに好印象を与えることが可能です。

自分の都合に合わせて働きたい人や、プロ意識を持って接客できる人は、ヘルスで働くことがおすすめです。

 

まとめ

ソープとヘルスはバック率に差はありません。しかし、ソープは特有のプレイを提供する他、サービスの質が高い分お客さんがお店に支払う料金も高いため、高収入が期待できます。

ただし、ソープは高収入を目指せる分、採用のハードルが高かったり接客に厳しいルールがあったりと、デメリットも少なからずあります。
ソープとヘルスそれぞれのメリット・デメリットや向いている人の特徴を把握した上で、自分に合った働き方を選択しましょう。

トップへ