西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > ソープの面接は何をする?よくある質問や採用までの流れ

ソープの面接は何をする?よくある質問や採用までの流れ

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

ソープで働くことを検討している方のなかには、面接で何をするのか気になる方も多いのではないでしょうか。風俗業界で働く場合、他の仕事における面接とは異なる質問をされたり、講習を受けたりする必要があります。

風俗の仕事をする場合は、不安を解消したうえで働くことが重要です。事前に面接の流れを把握し、面接に関する不安を解消しましょう。

この記事では、ソープの面接内容を解説します。よくある質問や採用までの流れも併せて説明するため、ソープで働きたいと考えている方は参考にしてください。

 

1.ソープの面接の流れ|フローは他風俗と同じ

ソープの採用面接は、他の風俗店で行われる面接と内容に大きな違いはありません。お店ごとでコンセプトや年齢層などの違いはあるものの、面接で重視される点は同じであるためです。

ここでは、他の風俗店と共通する部分の多い、ソープにおける面接の流れを解説します。

 

1-1.STEP①写真付きの身分証を提示する

面接時は、必ず実年齢が確認されます。口頭で答えるだけではなく、実際に写真付きの身分証を提示しなければなりません。

風俗店は18歳未満の未成年を働かせることができないため、身分証で規定以上の年齢であることを確認するお店が大半です。仮に未成年を働かせていたことが発覚すると、故意でなかったとしても摘発の対象となります。

18歳以上であれば法律的に問題はありませんが、10代の方は採用される可能性が低くなります。多くのお店では万が一のリスクを考え、20歳以上を中心に採用しているためです。

身分証は運転免許証やマイナンバーカードを提示しましょう。どちらも所有していない場合は、保険証など写真なしのものを複数持参することで証明書として認められるため、事前に確認することをおすすめします。

 

1-2.STEP②プロフィールシートに記入する

ソープの面接において、一般的な履歴書の提出は不要なところが多く、代わりにお店で手渡されるプロフィールシートへの記入を求められます。プロフィールシートへ書き込む内容は、名前や年齢などの基本情報に加え、お店で働くために必要となる情報です。

性感帯や初体験をした年齢などプライベートな内容を尋ねる項目が多いため、心の準備をしておきましょう。記入内容の一部はお店のホームページにプロフィールとして掲載されます。お客ウケや採用率アップを狙って大げさに書くと採用後に苦労するため、無理のない程度に留めましょう。

他には、体の傷や妊娠線の有無などを尋ねる項目もあります。

 

1-3.STEP③面接で簡単な質問を受ける

面接では、志望動機や出勤希望の曜日・日数など、一般的な採用面接と大差ない質問をされます。お店のシステムに関する説明もあるため、疑問点は必ず確認してください。
また、面接では以下の点が重点的にチェックされます。

  • 丁寧な言葉遣いができているか
  • 丁寧な物腰をしているか
  • きちんと笑顔で回答できているか

「容姿には自信があるから多少態度に問題があっても採用されるだろう」と油断していると、不採用になる可能性が高くなります。特に高級店は女の子の質に強くこだわっているため、容姿の良さ以外も隅々までチェックされることが基本です。

 

1-4.STEP④ボディチェックが行われることがある

ソープは服を脱いで接客するサービス業のため、お店によっては面接の段階でボディチェックが行われることもあります(ボディチェックなしのお店もあります)。
ボディチェックは単純に体型を見るためではなく、以下のように複数の点を確認する目的で行われるものです。

  • タトゥーを入れているか
  • 目立つ傷はないか
  • リストカットの跡はないか
  • 妊娠線や手術跡は残っていないか
  • 目立つシミやアザはないか

タトゥー・リストカット跡・手術跡などがあると不採用になる可能性が高いため、応募前に電話やメールで確認しておきましょう。確認時は「右腕に直径5センチ程度の蝶のタトゥーがあります」とできる限り詳細を伝えると、お店のスタッフも判断しやすくなります。

 

1-5.STEP⑤採用(不採用)を教えてもらう

面接後は、合否についての連絡方法を伝えられて終了です。その場で結果を伝えられる場合が多く、特に採用されるときは間を置かずに結果を教えてもらえます。
採用が決まった女の子は講習へ進み、体験入店が始まります。

不採用の場合、「合否は後日伝えます」と言われるケースが大半です。後日「採用が決まった」と連絡が来ることもありますが、後日採用の場合の採用率は高くありません。後日伝えると言われたときは、他のお店への応募も検討しましょう。

 

2.ソープの面接に関するよくある質問

ソープで働く場合、面接は避けて通れない道です。お店によってはボディチェックがあったり、傷などに対する厳しい基準が設けられていたりするため、採用されるかどうか不安になる女の子も多いでしょう。

この項目では、ソープの面接で採用されるコツや面接時の服装など、応募者の多くが疑問に思う内容への答えを解説します。

 

2-1.面接時に突然講習が始まることはある?

その場で採用が決定した場合は、面接の延長として講習が始まることがあります。
ただし、お店側は女の子の都合に配慮してくれるため、必ずしも即座に講習を受ける必要はありません。

当日は面接のみのつもりで来店したことを伝え、後日あらためて時間を設けてもらうことも可能です。当日中の講習を断ったとしても印象が悪くなることはないため、心の準備ができてから講習に臨みましょう。

 

2-2.面接にはどんな服装・下着で行けばいい?

面接の際、格式の高い服装を選ぶ必要はありません。大半のお店が「いつも通りの服装で」と答えてくれるでしょう。面接で好印象を残せるよう、自分自身の魅力を最大限引き出せるメイクや服装がおすすめです。

注意点は、下着選びも意識することです。ソープの面接ではボディチェックを行うお店もあるため、破れたり汚れたりしていない清潔な下着を着用してください。
セクシー系で小奇麗な印象を与えるデザインは、面接官の心象を良くします。

 

2-3.面接で採用されるコツはある?

面接で採用されるポイントは、容姿や体型のみではありません。多くのお店で採用・不採用の分かれ道となる点が、勤務可能時間です。
最低でも、週1回は6時間以上勤務できる女の子でなければ、印象が良くても採用されない可能性が高くなります。あくまで「最低6時間以上」のため、長い時間働ける女の子ほど喜ばれるでしょう。

開店から閉店まで入ることができるか、もしくは朝番・遅番のどちらか片方のみでも長時間働けることが最低基準です。

また、お店のカラーやランクも重視しましょう。お店は高級店・中級店・大衆店と大まかに分けて3ランクが存在します。ランクが上になるほど採用条件が厳しくなるため、ルックスやコミュニケーション能力に自信のない方は、大衆店や中級店から挑戦してはいかがでしょうか。

 

2-4.ボディチェックは男性が行う?

ボディチェックを行う面接官は、必ずしも男性スタッフや店長とは限りません。お店によっては女性スタッフが担当するよう配慮されているため、風俗業界に初めて挑戦する女の子も安心して面接を受けることができます。

女性スタッフは、元ソープ嬢など業界経験者が大半のため、言葉遣いや身のこなし方などを学ぶことも可能です。

 

2-5.面接を受けたら絶対に入店しないとだめ?

応募してみたものの、後になって他のお店と比較したいと考える女の子は多くいます。面接時にその場で採用すると伝えられたとしても、即座に入店を決める必要はありません。あらためて条件を整理して、ゆっくりと検討しましょう。

なかには当日中に体験入店まで進む方もいますが、全員ではありません。「一度考えさせてください」と伝えれば、女の子を大事にする優良店は配慮してくれます。

 

まとめ

この記事では、ソープの面接内容や、よくある質問と採用までの流れを解説しました。

初めて風俗業界に挑戦する女の子は、採用面接にどのような質問をされるのか不安になることもあるでしょう。ソープの場合はボディチェックを受けたり、採用後にプレイ内容などの講習を受けたりする必要があるため、心の準備が必要です。

しかし、なかにはボディチェックなしで採用・不採用を決定するお店や、女性スタッフや現役キャストがボディチェックを担当するお店もあります。女の子が安心して応募できるよう配慮されているお店も多いため、一度応募して面接を体験してはいかがでしょうか。

トップへ