西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > ソープで働く男性スタッフの仕事内容|平均給料・一日の流れを解説!

ソープで働く男性スタッフの仕事内容|平均給料・一日の流れを解説!

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

ソープの男性スタッフは、高収入が期待できる人気の仕事です。そのため、収入を増やすためにソープの男性スタッフとして就職・転職したいと考える人も少なくありません。

男性スタッフの仕事は想像以上に広範囲となります。そのため、ソープで働く場合、あらかじめ仕事の流れを把握しておくことが大切です。

当記事では、ソープで働く男性スタッフの仕事内容と、一日の流れについて紹介します。また、平均給料やおすすめのソープ店についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

 

1.ソープで働く男性スタッフの主な仕事内容とは?

ソープで働く男性スタッフは、下記の4つの職種に分かれることが一般的です。

  • 店長
  • マネージャー
  • ボーイ
  • 送迎ドライバー

それぞれの職種で細かな仕事内容は異なるものの、基本的に下記の業務を行います。

  • 開店準備
  • お客さんの送迎
  • 受付・電話対応
  • 店内の清掃
  • 備品・消耗品の管理
  • パネル撮影の補助
  • ホームページの運営管理

上記の他、お客さんとのトラブルなど、突発的な対応も業務の一つです。さらに、店長やマネージャーなどの役職では、下記の業務も行います。

  • 売り上げの管理
  • 従業員の給与精算
  • 広告代理店との打ち合わせ(求人広告・宣伝広告)
  • キャスト(風俗嬢)の勤務シフト管理

男性スタッフの業務範囲は広いものの、個人の能力や勤続年数に応じた内容となる点は他の仕事と変わりません。新人のうちは受付業務をメインに行い、徐々に業務範囲を広げる流れが一般的です。店長やマネージャークラスになると、広告代理店との打ち合わせなど、お店の運営に関する業務も行います。

また、女の子から仕事の相談を受けることも少なくありません。女の子と良好な関係を保つためには、業務知識だけでなく女性の心理を理解しておくことが大切となります。

ソープの売り上げは女の子の活躍にかかっており、男性スタッフはサポート業務がメインです。「どうすれば、女の子にとって働きやすい職場を作ることができるか」を考えることが、男性スタッフにとって最も重要な業務だといえます。

 

2.ソープで働く男性スタッフの一日の流れ

では、実際にソープで男性スタッフとして働く場合、どのような流れで一日を過ごすのでしょうか。

ここではソープで働く男性スタッフの一日の流れを、開店前・営業中・閉店後の3つに分けて紹介します。重要ポイントもあわせて紹介するため、ぜひ自身が働くところをイメージしてみてください。

 

2-1.開店前

ソープの多くは早朝や午前中から開店しています。男性スタッフは開店業務を行うため、サラリーマンより早く出勤することも珍しくありません。

出勤したらユニフォームに着替えて、店内の清掃やレジの準備などを行います。店内を清掃する際は、お客さんに清潔感を感じてもらえるよう、とくに待合室や個室は念入りに清掃する必要があります。バスタオル・ボディーソープ・ローションなどの補充も、開店前に済ませておきます。

また、女の子の出勤シフトにも目を通しておきます。時間を過ぎても出勤しない女の子には連絡を入れます。女の子が出勤したら、明るい笑顔で迎えてあげましょう。

一通り準備を終えたら、電話予約を待ちます。電話口の対応でお客さんのお店に持つ印象が決まるため、基本的にはベテランスタッフが中心となり丁寧に対応します。予約を受ける際は、事前予約などを確認しながら、お客さんを振り分けることがポイントです。

 

2-2.営業中

営業中はフロント接客業務がメインとなります。料金プランなど利用の流れを説明するとともに、指名がない場合は好みのタイプなど、お客さんにニーズを尋ねましょう。お客さんのニーズと在籍する女の子のマッチングは、非常に重要となります。お客さんに喜んでもらえれば次回の指名につながり、また女の子の自信にもなるためです。

受付が終わったら、お客さんを待合室に誘導します。待機している女の子がおらずお客さんを長く待たせる場合は、ドリンクやおしぼりを早めに提供するなどの配慮が必要です。

女の子の準備ができたら、お客さんを個室へ誘導します。お客さんの対応をしている最中に、女の子から急な呼び出しがあることも少なくないため、インターホンが鳴らないかも気にしておきましょう。

一定時間が経過したらインターホンにてお客さんにコース終了の旨を伝え、個室から出てきたお客さんを出口まで案内します。

手待ち時間があれば店内の清掃や、消耗品の確認・補充などを行います。また、この時間に女の子とのコミュニケーションを図ることもおすすめです。

 

2-3.閉店後

女の子が退勤したら、閉店作業を行います。男性スタッフによる閉店作業は、個室の清掃や使用済みタオルの洗濯、各消耗品のチェック・発注です。

店長は事務所でお店の売り上げを計算し、閉店作業が一通り落ち着いたタイミングでミーティングとなります。ミーティングでは、それぞれが一日を振り返り、反省点や改善点などを話し合います。

ミーティングが終われば、一日の業務が終了となります。

 

3.ソープで働く男性スタッフの平均給料

ソープで働く男性スタッフは、アルバイトと正社員に分れます。アルバイトの場合は時給1,500円程度の店舗も多く、日給で12,000円以上を稼ぐことも難しくありません。

一方で、正社員の場合は月給約30万円が相場です。ただし、店舗や働き方によって給料額が異なります。

ここでは、ソープで働く男性スタッフの平均給料について詳しく解説します。

 

3-1.お店のランクにより大きな差がある

ソープのお店は、大衆店・中級店・高級店の3つにランクが分けられています。ランクが上がるほど利用料金は高くなり、高級店ではお客さんが一回の利用で6円以上を支払うことも少なくありません。

お店で働く男性スタッフの給料や賞与も、お店のランクに比例して高くなる傾向にあります。しかし、必ずしも高級店でなければ稼げないわけではありません。

高級店よりも、多くのお客さんが利用する大衆店や中級店のほうが稼げるケースは多々あります。あくまで給料はお客さんの単価と客足によるものと捉えて、先入観なく求人情報を探すことが大切です。

 

3-2.店長・幹部候補の場合はさらに高くなる

ソープにおける男性スタッフの給料は一般職と比べて高水準のため、店長や幹部候補の場合はさらに給料が高くなります。ソープの店長候補や幹部候補は、月給50万円が相場です。大手の場合は、月給70万円以上を得られる可能性もあります。

キャリアアップの最短ルートは、求人情報に「店長候補(幹部候補)募集」と掲載されている求人に応募することです。もちろん、現場で経験を重ねてキャリアアップする方法もあります。

ソープに限らず風俗業界は短期集中で働く人材が多いため、定着率は低い傾向です。したがって、風俗業界はキャリアアップのチャンスが多く、異業種から店長クラスに昇格することもできます。

ただし、いずれのポストもお客さんと女の子の両方が満足できるよう、日々考えながら行動することが大切となります。

お店により差があるものの、幹部候補になるには入店して半年~1年が一般的です。一方で、店長までの期間は入店後2~3年が目安となります。

 

4.働くならどんなソープ店がおすすめ?

ソープは風営法により新規店舗の出店が難しく、新しいコンセプトのソープが誕生する可能性は低いことから、業界自体が安定している傾向にあります。しかし、お店により給料や職場環境は変わるため、入念にお店選びをすることが大切です。

ソープの求人情報をチェックする際には、待遇面が充実している老舗店を選びましょう

ソープは老舗であるほど客入りが良く、経営が安定していることが特徴です。お店の体制も整っており、給料や賞与はもちろん、家族手当や食事手当などといった各種手当も充実しています。経営が安定しているお店では、仕事で使用するスーツを支給してもらうことも可能です。

 

まとめ

今回は、ソープで働く男性スタッフの仕事内容や一日の流れについて解説しました。

ソープのお店は、「店長」「マネージャー」「ボーイ」「ドライバー」の4つの職種で構成されます。業務ごとに役割分担はあるものの、主役となる女の子を最優先に考える点は、どの職種も同じです。

ソープで働く男性スタッフの給料は、お店のランクによって異なります。風俗求人を探す際は、求人情報に記載されている給料をチェックするだけではなく、より良い待遇が期待できる老舗店や人気店を選びましょう。

トップへ