西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > ソープは名刺が重要!名刺の内容・渡す流れ・メッセージテクニック

ソープは名刺が重要!名刺の内容・渡す流れ・メッセージテクニック

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

ソープランドでは、お客さんに名刺を渡してアピールすることが一般的です。
しかし、ただ名刺を渡すだけでは相手の印象には残りません。名刺で上手にアピールするためには、効果的なテクニックが必要です。

当記事では、ソープランドでお客さんに渡す名刺の書き方や渡す流れを解説しています。売れっ子風俗キャストが実際に使っているメッセージテクニックも紹介しているため、名刺の書き方に悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

 

1.ソープでしっかり稼ぐためには「名刺」が重要!

ソープランドでたくさん稼ぐためには、リピーターを増やし本指名をしてもらうことが大切です。リピーターを増やすためには、名刺交換が欠かせません。名刺の使い方が上手い風俗嬢たちは、本指名もたくさん入っていることがほとんどです。

名刺には、お客さんへの好意の伝達や自分のアピールなど、さまざまなメリットがあります。

ここでは、ソープ嬢が稼ぐための重要な武器である「名刺」について解説します。
名刺の使い方をしっかりマスターして、リピーターを増やして稼げるソープ嬢を目指しましょう。

 

1-1.名刺の役割①お客さんに対して「好意がある」と思わせられる

お客さんに別れ際に名刺を渡すことで「この子は自分に好意がある」と思わせることができます。相手から好意を寄せられることにお客さんは悪い感じはしないため、「またこの子に会いに来よう」という気持ちになるでしょう。

名刺を渡すときは、お客さんの名前をしっかり呼んで「また来てください」と次回につながる言葉をかけることがポイントです。誰にでも名刺を渡しているわけではなく、「あなただから特別に名刺を渡している」という雰囲気を出すと上手く好印象を与えられます。

お客さんの中には、たくさんの風俗店に通い、名刺をもらう経験が多い人もいます。そのようなお客さんにも「この子は他のソープ嬢とは違って好感が持てるな」と思わせることができれば大成功です。

 

1-2.名刺の役割②印象に残させる・また思い出してもらえる

名刺は、お客さんに自分のことを覚えてもらうための大切なツールです。たった一枚の名刺でも、きちんと工夫をして渡せば、お客さんの印象に残ることは間違いありません。お客さんへのアピールが成功すれば、次回来店時のリピートや指名客のゲットにもつながります。

結婚している男性は名刺を受け取らなかったり、すぐに処分したりすることも多いですが、女の子から名刺をもらったという記憶は残ります。お客さんが既婚の男性客でも、自分のことを印象づけるために、名刺を上手に活用しましょう。

 

2.ソープ嬢が持つ名刺に書いている内容とは?

ビジネス用の名刺と違い、ソープ嬢が持つ名刺にはさまざまな内容が書いてあります。
ソープ嬢の名刺に書いてあることは、以下のような内容です。

  • 店舗名
    風俗に通っているお客さんは、いくつものお店で名刺をもらっています。
    どこのお店でもらったものか判別できるように、店舗名をわかりやすく書いておきましょう。
  • 源氏名
    名前を書くことは基本中の基本です。
    次回の指名につなげるためにも、源氏名ははっきりとアピールしてください。
  • 連絡先
    お客さんと連絡が取れるように、LINEやメールアドレス、携帯電話番号などの連絡先を書いておきましょう。連絡先は、プライベート用の個人情報と仕事用を使い分ける方法がおすすめです。スムーズに連絡先が読み込めるよう、QRコードを印刷するソープ嬢もいます。
  • 一言メッセージ
    一言メッセージは、一般の名刺ともっとも違う部分です。
    その日の感想やお客さんへの感謝の気持ちなど、次回の来店や固定客につながるようなアピールメッセージを書きます。

 

3.ソープ嬢がお客さんに名刺を渡すときの流れ

普通の名刺交換では出会ったときに名刺を渡しますが、ソープランドではお客さんへの接客サービスが終わったあとの帰りのタイミングで渡すといいでしょう。

最初に名刺を渡してしまうと、ビジネス感が出てしまうため、せっかくの素敵な時間が台無しになってしまいます。プレイが一通り終わったあとなら、お客さんへのメッセージも書きやすく、心を込めた渡し方ができるはずです。

ここからは、実際に名刺を渡すときの流れを紹介します。

 

3-1.まずは名刺が必要か不要かを確認する

ソープ嬢にとってお客さんに名刺を渡すことは、非常に効果的な営業方法のひとつです。 しかし、既婚者や彼女持ちなど、お客さんによってはさまざまな理由から名刺を渡されたくないという人もいます。

既婚者でも風俗通いをするときは指輪をしていないという男性は多いため、名刺を渡す前には必ず名刺を渡していいか確認しましょう。こうしたさりげない気遣いも、お客さんに好印象を与えるポイントとなります。

 

3-2.一言メッセージをお客さんの目の前で書く

ソープ嬢の名刺のアピールポイントとなる一言メッセージは、必ずお客さんの目の前で書きましょう。お客さんと今日のプレイについて楽しく会話しながら書いたり、女性のキャラによってはメッセージを真剣に集中して書いている姿を見せたりすることも効果的です。

どちらのパターンであっても、お客さんのために心を込めて書いていることが伝わるようにしましょう。自分のためにわざわざ手書きでメッセージを書いてくれる姿を見て、きっとお客さんも好印象を持ってくれるはずです。

 

4.一言メッセージを書くときのテクニック

人気風俗嬢は、名刺のデザインや使い方にもこだわりがあり、相手の印象に残る名刺の渡し方も一味違います。特に一言メッセージを書くときには、お客さんに合わせてさまざまな工夫をしています。一言メッセージの工夫次第で、名刺交換の効果がグッとアップするでしょう。

最後に、ソープ嬢が名刺に一言メッセージを書くときに効果的なテクニックを紹介します。お客さんに自分をアピールして次回の指名につなげるために、売れっ子ソープ嬢から名刺テクニックを学びましょう。

【テクニック①お客さんに密着しながら書く】
名刺を書いている時間も、お客さんにとってはプレイ時間の一部です。そのため、売れっ子ソープ嬢の多くは、お客さんに密着しながら名刺のメッセージを書きます。

お客さんの膝の上で書いたり、ハグをしながら書いたりするなど、密着する方法はさまざまです。中には、お客さんの股間の上で書くソープ嬢もいます。

ポイントは、プレイ中の雰囲気やキャラクターを崩さないよう、自然な流れで密着することです。さりげなくイチャイチャしながら名刺にメッセージを書いて渡せば、お客さんも楽しい時間を過ごせて、さらに印象アップにつながるでしょう。

【テクニック②ある程度の定型文を作成しておく】
ゼロの状態からメッセージを考えると、時間がかかって効率が悪くなります。お客さんを待たせて興醒めさせてしまうと逆効果のため、手書きメッセージはある程度の定型文を作成し、手早く書けるようにしておきましょう。

定型文の基本的な内容は、お客さんの名前・プレイに関してお客さんを褒める言葉・リピートを促す一言です。ある程度の流れさえ完成していれば、スムーズにメッセージを書くことができます。

<定型文のメッセージ例>

「○○さん☆
今日はありがとうございました!すごく触り方が優しくてとっても気持ちよかったです♪ 次はもっと楽しいことができるの期待してますね!」

このように、定型文を利用して手書きメッセージを書くときは、文章がワンパターンに見えないようハートマークの絵文字や顔文字などを入れると効果的です。イラストが得意な女の子なら、お客さんの簡単な似顔絵イラストを描いてみることもおすすめです。

ソープ嬢の名刺は、特別感とオリジナリティを出すと最大の武器になります。 自分らしさをアピールする工夫を凝らし、名刺を使ってお客さんに好印象を与えましょう。

 

まとめ

名刺を渡すことには、お客さんに好意をアピールし、ソープ嬢の印象を残すという役割があります。名刺の渡し方や書き方次第で、お客さんに強力にアピールできる武器になります。

お客さんに名刺を渡す際は、まず名刺が必要か不要か確認しましょう。名刺を渡しても問題なければ、お客さんの目の前で一言メッセージを書き入れます。
一言メッセージの書き方に悩んだ場合は、今回紹介したテクニックを参考にしてください。

ほんの少しの工夫で、お客さんの印象はグッとアップします。名刺を上手に活用して、リピート客と指名を手に入れましょう。

トップへ