西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > ソープの給料をランク別に紹介!稼ぎたいなら知っておくべき知識も

ソープの給料をランク別に紹介!稼ぎたいなら知っておくべき知識も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗業でお金を稼ぎたい女の子の中には、高収入が期待できるソープのお仕事を検討している子もいるのではないでしょうか。ソープは風俗店の中でも稼げる業種ではありますが、お店のランクやお店ごとの仕組みが存在します。

これからソープのお仕事でお金を稼いでいきたいと考えているなら、業界の知識を事前に身に付けておくことが重要です。

今回は、ソープの給料の仕組みから、お店のランク別の給料相場、稼ぐために知っておくべきポイントまでを徹底解説します。ソープに興味のある人や、ソープで働くことを希望している人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.知っておきたいソープの給料に関する基本

ソープは、一般のお仕事とは異なる給料の仕組みとなっています。そのため、これからソープのお仕事でお金を稼ぐなら、ソープの給料の仕組みについて理解したうえで、勤務日数や勤務時間の計画を立てることが重要です。

ここでは、ソープ特有の給料の仕組みについて解説します。ソープの求人を探す際にも重要となるため、ぜひチェックしてください。

 

1-1.お店のランクにより稼ぎは大きく異なる

ソープは、大衆店・中級店・高級店の3種類に分けられます。

ランクが上がるにつれて女性キャストへの容姿やサービスは高い水準が求められますが、お客さんが支払う料金も高くなり、同時に女の子へのバックも高額なものとなります。

お客さん1人あたりの金額に大きな差が出るため、効率よくお金を稼ぎたい場合はなるべくランクの高いお店で働くことが重要です。

 

1-2.給料は歩合制が主なシステムとなる

ソープの給与は完全歩合制で、一般のアルバイトのように出勤すれば時給が発生するわけではなく、接客したお客さんの人数分が女の子の収入となります。

出勤を増やしても指名が取れない場合は、当然お金を稼ぐことはできません。お店側がフリーのお客さんを付けてくれることもありますが、安定して稼ぐためには固定客を付けることが重要となります。

ソープは完全実力主義のシビアなお仕事であるため、安定して稼ぎたい場合は、お客さんから人気を獲得できるように、接客スキルやサービステクニックを磨く努力が必要です。

 

1-3.手取りは入浴料・サービス料とバック率で決まる

ソープでお客さんが支払う料金は、入浴料とサービス料を合わせた総額料金となっており、このうち入浴料がお店の収益で、サービス料がソープ嬢の取り分となります。

お店のランクや営業方針にもよりますが、女の子へのバック率は50%~70%程度に設定されていることが一般的です。

ほとんどのお店では、サービス料に相当する金額をバック率に設定しているため、サービス料はそのまま全額ソープ嬢の取り分となります。ただし、一部のお店ではバック率が別の料率で設定されているため、入店時にはよく確認しておくことが重要です。

お店によっては、指名料やオプション料もソープ嬢のバックに加算します。高級店では指名料が10,000円を超える場合もあるため、指名料による上乗せも女の子の大きな収入源となります。

 

1-4.毎日の手取りから「雑費」が天引きされる

お客さんが支払う総額に対するバック率がソープ嬢の手取りとなりますが、ここから雑費が引かれます。1日の手取りから雑費を引いた残りの金額が、女の子の日当となります。

雑費として計上されるものは、接客に必要となる下記のような項目が挙げられます。

  • スキン代
  • ローション代
  • 備品代
  • ドリンク代
  • タオル代
  • 衣装代

雑費の計算方法は、お店の方針によって異なります。接客人数に対して加算される場合や、1日あたりの定額に設定されている場合、手取りの10%に設定されている場合などがあります。

ソープ嬢として高収入を狙っている場合は、あらかじめ手取りから雑費を引いた金額を計算したうえで、出勤日数や接客人数の目標を設定しましょう。

 

2.【ランク別】ソープの給料相場

これからソープのお仕事でお金を稼ごうと考えている女の子は、どのくらい働けばいくら稼げるかの目安を知っておくべきです。

ここでは、ソープのお店のランク別に、実際に稼げるお給料の相場を解説します。日給及び月10日働いた場合の月給を紹介します。出勤日数や出勤時間の予定を立てる際に、ぜひ役立ててください。

 

2-1.大衆店

大衆店の給料相場は、下記のとおりです。

日給 約4万~5万円
月給 約40万~50万円

大衆店は価格の安さがセールスポイントとなるため、客単価が安く女の子のバックも安くなります。接客時間にもよりますが、お客さん1人あたり8,000円~11,000円が相場です。

平均5人以上の接客人数をこなした場合、日給は4万~5万円程度であるため、稼ぐためには体力勝負で回転率を上げる必要があります。

月10日出勤した場合の平均月収は、40万~50万円程度です。格安店の相場でも、一般のお仕事よりは大幅に稼ぐことができます。

 

2-2.中級店

中級店の給料相場は、下記のとおりです。

日給 約5万~8万円
月給 約50万~80万円

多くの中級店では、お客さん1人あたり15,000円~18,000円が相場です。1日の接客人数は3人~5人程度を目標としている女の子が多く、この場合は日給にして5万円~8万円程度稼ぐことができます。

中級店は、大衆店よりも利益率が高く設定されています。ただし、中級店でも3人~5人程度の人数を1日に対応すると身体への負担が大きくなるため、毎日の出勤は難しいでしょう。

月10日出勤した場合の月給は、50万円~80万円程度となります。体力勝負で出勤日数を増やせば月給100万円以上も射程圏内です。

 

2-3.高級店

高級店の給料相場は、下記のとおりです。

日給 約11万~12万円
月給 約110万~120万円

高級店では、お客さん1人あたりのバックが高額であるため、日給も10万円を超えてきます。多くの高級店で設定されているバックが4万円と仮定すると、1日に3人接客すれば日給10万円以上も可能です。

月10日程度と無理のない出勤シフトでも、月給にして100万円以上もの給料を稼ぐことができます。

 

3.高収入を得るためには「働きやすいお店」を選ぶことが重要!

ソープのお仕事の報酬面だけを考えれば、高級店で働けば最も稼ぐことができると考えがちです。しかし、一概には言えない部分もあります。

ソープの高級店はお客さんが高額の料金を支払うため、料金相応の接客スキルや高度なプレイテクニックが求められます。どのお店もブランド力を守るために厳しい基準を設けているため、そもそも採用されることが難しいという実情があります。

一方、中級店や大衆店はお店のカラーに合っていれば比較的採用されやすく、厳しい基準が設けられていないため、高級店よりも働きやすくなっています。実際に、「高級店での厳しい仕事内容に疲れて一般店へ移ったら働きやすくなった」というソープ嬢も一定数存在します。

ソープで継続的にお金を稼ぐためには、報酬額だけではなく働きやすさも重要です。自分に合った働き方ができるお店を選ぶことで、無理をすることなく安定的に収入を得ることができます。

特に、ソープ初心者の女の子は、ある程度気軽に働くことができる中級店や大衆店からお仕事をはじめて、経験を積んだのち高級店のお仕事にチャレンジしてみることをおすすめします。

 

まとめ

ソープは完全歩合制のお仕事で、店舗ごとのバック率によって得られる対価が決まります。そのため、ソープのお仕事の月給は出勤日数と接客人数で大きく変わります。

ソープ嬢としてお金を稼ぎたい場合は、入店するお店のバック率や給料の仕組みはもちろん、いかにたくさんのお客さんを接客できるかがポイントとなります。

これからソープで働きたいと考えている女の子は、今回の記事で紹介したお店のランク別の給料相場や働きやすさを考慮して、無理なく稼げる自分に合ったお店を探してみてください。

トップへ