西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗業界のWebデザイナーの仕事内容・給料相場は?

風俗業界のWebデザイナーの仕事内容・給料相場は?

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗業界では、大手の会社を中心に「Webデザイナー」の募集が多くかかっています。主に風俗店の店舗サイトの制作と更新や、バナー作成、パネル画像のレタッチ、印刷物やPOPの作成などが業務内容です。シフト制の求人が多いですが、店舗に出勤することが少ない求人もあり、その場合は本社オフィスか、在宅勤務となります。

当記事では、そんな風俗業界で働くWebデザイナーについて、仕事内容や給料相場、求められるスキルなどについて解説します。

 

1.風俗業界のWebデザイナーってどんな仕事?

風俗業界のWebデザイナーの業務内容は、一般の企業の「Webデザイナー」とほぼ変わらず、Webサイト制作、デザイン関連の制作がメインとなります。一方で人手が足りない業界なので、Webサイトの更新作業やメルマガ配信、SNS更新など、Webにまつわる作業を全般的に担う場合もあります。

 

1-1.Webスタッフとの違いは?

風俗業界の求人で「Webスタッフ」と記載されている場合は、主にWebサイトの更新や、Webコンテンツの作成など、簡単な仕事である場合が多いです。「Webスタッフ」の求人は、「Webデザイナー」の求人と比較し実務経験を問わない求人や、アルバイトの求人も少なくないので、未経験の方でもチャレンジしやすいでしょう。

一方で、「Webスタッフ」の求人であっても、Webサイト制作やバナー作成のような「デザイン業務」も求められる場合や、WebスタッフもWebデザイナーも仕事内容としては変わらない、といったケースもあります。そのため、風俗業界でWebデザイナーの仕事を探している場合は、「Webスタッフ」の求人も合わせてチェックしてみるとよいでしょう。

 

1-2.Webエンジニアとの違いは?

風俗業界の「Webエンジニア」は、Webデザイナーの業務と同等の求人もあれば、システム開発などのプログラマー寄りの求人もあります。

Webエンジニアの仕事内容の例(Webデザイナー寄りの求人)
  • HTML・CSSを使用したコーディング
  • PHP・JavaScriptを使用したコーディング、サイト制作
  • Webサイト更新
Webエンジニアの仕事内容の例(Webデザイナー寄りの求人)
  • WEBアプリケーションの設計・開発・テスト
  • CTIやCMSシステム開発・補助
  • Webサイトの保守管理

一般的なWebエンジニア職のイメージが強いのは、やはりバックエンド寄りの業務でしょう。そういった求人の場合、Linux・WindowsでWebプログラムを組める方や、MySQL・Oracle・PostgreSQLなどのデータベースの知識がある方は、より歓迎されます。

 

2.風俗業界のWebデザイナーの給料相場

風俗業界のWebデザイナーの給料相場は、正社員の場合月25~30万円といった求人募集が多い状況です。アルバイトや、業務委託だと、時給1,500円~といった募集が多く見られます。

一方で、Webエンジニアの場合は、月35万円~、月45万円~といった求人もあります。Webスタッフ、Webデザイナー、Webエンジニアの給料相場は、募集条件・仕事内容によってそれぞれ異なるので、求人情報をチェックしながら、自分が納得のいく求人に応募してみましょう。

 

3.風俗業界のWebデザイナーの勤務時間・休日

風俗業界のWebデザイナーの勤務時間・休日面に関しては、職場によってまちまちですが、以下のようにシフト制の求人が多く見られる状況です。

【勤務時間の例】

  • 8:00~深夜2:00までの中でシフト制
  • 7時~翌2時の間で出勤頂ける10時間/日(在宅業務も可能・完全週休2日も可能)
  • 2時間〜8時間/日(アルバイト)
  • 7時間~10時間勤務・シフト制

休日に関しては月4日、週1日休みがやや多い状況です。一方で「隔週で連休・別途有給休暇有」や「全日希望休可」といった求人もあります。

一般の企業と比較すると休日が少ない傾向にありますが、その分給料相場が高いので、ガツガツ働いていきたい方、デザイナーとしてのスキルを高めていきたい方には、風俗業界のWebデザイナー職はおすすめと言えます。

 

4.風俗業界のWebデザイナーに求められやすいスキル

ここでは、実際に掲載されている風俗業界のWebデザイナー求人を基に、風俗業界のWebデザイナーに求められるスキルや、歓迎されるスキルについて紹介します。未経験でも応募できる求人は多くありますが、以下で紹介するスキルを持っていれば、採用される確率がより高まるので、ぜひチェックしてみてください。

 

4-1.Adobe Photoshop/Illustrator

バナー作成やロゴ作成、Webサイトに使用する画像素材を作ることが多いので、Adobe Photoshop/Illustratorの実務経験は、ほぼ必ずと言っていいほど問われます。一方で「Webスタッフ」の求人であれば、必須条件でないケースもあります。

 

4-2.コーディング

HTML・CSSを使用したコーディング、PHP・JavaScriptを使用したコーディング経験も比較的よく求められるスキルです。特にHTML・CSSはWebデザイナーの基礎スキルでもあるので、ある程度習得しておくことをおすすめします。

デザインからコーディングまでWebサイト制作を1人で完結できる方は、特に需要が高い傾向です。また、レスポンシブデザインに知見がある方、SEOに基づいたコーディングができる方なども歓迎されます。

 

4-3.動画制作

風俗業界ではポータルサイトやホームページに、女の子の動画コンテンツを投稿することがよくあります。そのため、動画編集スキルや、Youtube動画投稿の経験などがあると、役に立つことが多いです。

Adobe Premire Pro、Final Cut Pro、Adobe After Effectsなどの使用経験がある方は、積極的にアピールしてみるとよいでしょう。

 

4-4.【Webエンジニア寄り】システム開発・アプリ開発

システム開発エンジニアとして実績のある方は、風俗業界においても高い給料が期待できます。

Webデザイナーというよりも、Webエンジニアよりの業務にはなりますが、Webサイトの構築や、それに付随するシステム構築全般を担う求人も少なくありません。具体的には、以下のようなスキル・経験があると、風俗業界のWebデザイナーやWebエンジニアとして歓迎されるでしょう。

【歓迎されるスキルの例】

  • Java、C#、C、.NET、C++、cobolなどの環境によるシステム開発経験
  • Oracle、SQL Serverなどによるデータベース構築経験
  • Java、C、C++などによる、組込・制御プログラミングの実務経験
  • Android環境におけるユーザーインターフェース設計経験
  • AndroidやiOSでの携帯電話アプリケーション開発経験
  • システムエンジニア(SE)やシステムインテグレータ(SI)などの実務経験

 

まとめ

風俗業界のWebデザイナー職種は、必要スキルとしてAdobe Photoshop/Illustratorや、グラフィックデザインの経験、LPバナーデザインの経験などが挙げられます。

また、Adobe XD/Premiere Pro/After Effectsや、デジタルイラスト制作、動画制作経験、HTML・CSSの知識、Java Script・JQueryの知識、WordPress(Web制作経験)、合成レタッチスキルなども、優遇スキルとして歓迎されるでしょう。他にも、SEO分野の知識やアクセス解析などの経験がある方も、需要が高いです。

風俗業界のWebデザイナーの給料相場は、通常のWebデザイナー職よりも高い傾向にあります。Webデザイナーとしてのスキルを高めながらも、高収入を稼いでいきたい人は、ぜひ求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

トップへ