西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗のアリバイ対策を解説!アリバイ対策に積極的なお店の探し方も

風俗のアリバイ対策を解説!アリバイ対策に積極的なお店の探し方も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

ソープなどの風俗業界で働いている人、これから働くことを考えている人の多くは、できるだけ周囲の人に職種や仕事内容を知られたくないと思う傾向にあります。しかし、他人ならともかく、日常的に顔を合わせる機会が多く経済状態が知られやすい家族・恋人・友人に対して、収入源を隠し通すことは大変です。

この記事では、風俗勤務を隠したい人のために、風俗店が行ってくれるアリバイ対策と、風俗嬢が個人で気を配るべきアリバイ対策について解説します。

 

1.風俗店が行うアリバイ対策4つ

風俗店側が女の子に行ってくれるアリバイ対策は、大きく分けて2種類です。1つは、風俗嬢の顔や本名が簡単に拡散しないように加工したり隠したり、といった対策を行います。もう1つは、風俗店で働いていることを周囲に気づかれにくくするため、一般企業に勤めているかのように見せかける対策です。

女の子の身バレが原因で辞められてしまうと、お店の売り上げにも大きく影響が出ます。そのため、風俗嬢バレを避けたい旨をお店に伝えて相談すれば、積極的にアリバイ対策へ協力してくれることがほとんどです。

ここでは、風俗店が行う主なアリバイ対策を4つ解説します。

 

1-1.【全風俗店共通】パネル写真・プロフィール写真を加工する

風俗店では、店頭やお店のサイトに、在籍する風俗嬢の写真、いわゆるパネル写真を掲載していることが一般的です。パネル写真が原因で身バレする恐れがあるため、写真に加工を施し、一見しただけでは身元が分からないようにしてもらえます。近年では、ホームページ上の写真が拡散されたり、個人を特定されたりするリスクに備え、ほとんどのお店で対応してもらえるでしょう。

例えば、特徴的なほくろやタトゥーを消したり、目元や口元にぼかしやモザイクを入れたりするなどの加工が挙げられます。お店によっては完全な顔出しNGも可能です。また、髪の毛や肌の色を調整する、顔立ちや身体つきを修正するといった加工もできます。ただし、実物とかけ離れた容姿となる場合は、パネルマジックとみなされ、クレームにつながる恐れがあるため、注意しなければなりません。

 

1-2.【デリバリー型風俗店】送迎エリアを指定できる

デリヘルのように風俗嬢を派遣するタイプの場合、送迎エリアの指定ができるお店を選ぶことは、身バレ防止対策として有効です。自宅や地元、昼の勤務先周辺など、プライベートにおける自分の行動エリアをNG指定にしておけば、派遣先で家族や知人にばったり出くわすリスクを減らせます。

お店によっては氏名や住所で個別にNG指定もできるため、面接の段階でどこまで対応可能か確認しておきましょう。

 

1-3.【店舗型風俗店】店内のカメラで男性客を確認できる

受付や待合室にカメラやマジックミラーを設置している店舗型の風俗では、モニター画面や鏡越しにお客さんの顔を確認させてもらえます。知り合いが、自分が働いているお店を偶然利用することで、風俗勤めがバレるケースは珍しくありません。

風俗嬢が身バレを防ぎたいのと同様に、風俗店の利用を周囲に隠したがる男性客も多くいます。警戒心の強い男性は普段の行動範囲から離れた位置のお店を選ぶ傾向にあるため、お店の場所が地元から離れている場合でも油断は禁物です。

接客を担当する前にお客さんの姿を確認することで、「部屋へ行ったら知人だった」といった事態を防げます。

 

1-4.【一部の風俗店】アリバイ会社を用意する

大手風俗店に限られるものの、アリバイ対策用の会社を用意してくれるところもあります。アリバイ用の会社は、風俗店を経営するグループ企業の傘下の一般企業がほとんどです。よくある企業名が多く、電話番号や住所も実在するため、バレる心配はありません。アリバイ会社によって詳細は異なりますが、主に以下の対策を行ってもらえます。

アリバイ会社を使った対策の例

  • 社員証発行
  • 名刺作成
  • 電話対応
  • 給与明細書発行
  • 源泉徴収票発行
  • 就労証明書発行
  • 雇用契約書発行
  • 内定通知書発行

ただし、アリバイ会社が発行する書類のほとんどは、あくまでも周囲をごまかすための偽造書類です。そのため、クレジットカード発行や保育園の申し込み、役所での手続きなどに使用することはできない点に注意しておきましょう。

 

2.風俗嬢が個人でできるアリバイ対策4つ

アリバイ対策に積極的なお店を選ぶことは大切ですが、風俗嬢が自分自身で行うアリバイ作りも重要です。お店側が万全のアリバイ対策を講じても、個人のガードが甘ければ身バレのリスクは高まります。風俗嬢が身バレする理由の多くは、出退勤や接客時よりも、日常生活における些細なミスであるケースが少なくありません。

ここでは、風俗嬢自身が実践できる、効果的なアリバイ対策を4つ解説します。

 

2-1.生活リズムを整える

周りから不審に思われないように、日々の生活リズムを保つことがポイントです。風俗関係の出勤時間は不規則なシフト制や夜間が多く、一般的な職業の勤務時間とは異なります。比較的短時間で高収入を得られることでプライベートな時間を満喫できるとはいえ、明らかに他人と違う時間帯に行動する人は怪しまれやすい傾向です。

「いつ働いているの?」「どんな仕事をしているの?」と聞かれても答えられるよう、時間に自由の利く仕事の設定を決めておきましょう。その上で、毎日の生活時間帯をある程度一定に保っておけば、「夜勤が多い職場なんだ」と納得してもらいやすくなります。

 

2-2.生活水準を極端に上げない

収入増加に伴う金銭感覚の急激な変化は、風俗嬢が身バレするきっかけの1つです。一般的な職業において、ごく短期間で収入が倍増することはほとんどありません。しかし、風俗嬢は高時給であることから、短期間で高収入を得られます。そのため、周りからは「あの人はそんなに働いている様子もないのに、ずいぶん羽振りがいい」と思われやすくなります。

お店で着飾っていたり、金遣いの荒い同僚と交流したりしていると、ついプライベートでも金銭感覚が狂いがちです。身バレを防ぎたい場合は、公言している職業の収入から大きく外れない程度の生活水準を保ちましょう。

 

2-3.仕事に関する情報を自宅に持ち帰らない

身バレを防ぐためには、仕事とプライベートを完全に切り分けることが大切です。特に、日常で業界用語を使ったりお店で身につけたテクニックを披露したりしないよう、言動には気を配らなければなりません。仕事で使用する道具を自宅へ持ち帰ることは避け、お店のロッカーなどに保管しましょう。お店でシャワーを使用する場合は、入浴剤や石鹸、シャンプーなどの匂いにも要注意です。

また、仕事で派手なメイクや露出が多い服を見慣れていると、プライベートでのメイクや服選びにも影響を及ぼす可能性があります。仕事を始める前の姿を写真に残しておき、急激に変化しないように調整しましょう。スマホにはロックをかけ、お店との連絡履歴や、仕事に関する情報の検索履歴を消去することも重要です。

 

2-4.地元から離れたエリアに出稼ぎへ行く

自分のことを知っている人が多い地域で働けば、その分身バレのリスクは高まります。接客を担当したお客さんが友達だったり、お店に出入りしているところを近所の人に見られたりする、といった可能性も否定できません。

勤め先を探す際は、地元や友人・知人が生活しているエリアは避け、できるだけ行動範囲と重ならない場所を選びましょう。「週末だけ」や「休みの間だけ」など、まとまった時間に遠方へ出稼ぎに行くこともおすすめです。

 

3.アリバイ対策に力を入れている風俗店の探し方

基本的なアリバイ対策は、ほとんどの風俗店で行われています。しかし、より身バレのリスクを抑えたいなら、アリバイ会社を利用できるお店を選んだほうがよいでしょう。アリバイ対策に力を入れている風俗店や、アリバイ会社がある風俗店を探す際は、下記の手順を追うと効率的です。

(1) 勤めたい風俗店をいくつかピックアップする
(2) 風俗店の公式サイトの「求人情報」を開く
(3) 「待遇面」の項目からアリバイ会社の有無・アリバイ対策の内容を確認する

アリバイ会社の有無以外に、送迎エリアの指定といった項目も、同じく「待遇面」から確認できます。身バレ防止対策に関する内容が多く記載されていれば、アリバイ対策に力を入れている風俗店だと言えるでしょう。

西川口エリアでアリバイ対策に力を入れている風俗店で働きたい方には、「ファーストクラスルビー」がおすすめです。充実した講習が受けられて体験入店も可能、即入居できるマンション寮も完備しているため、ぜひ一度チェックしてください。

 

まとめ

風俗店で働いていることを周囲から隠したい場合には、入念なアリバイ対策が必要です。お店ができるアリバイ対策と、風俗嬢自身ができるアリバイ対策、どちらが欠けても身バレの可能性は高まります。

少しでも身バレのリスクを下げ、安心して働くためには、個人でできるアリバイ対策を十分に行った上で、アリバイ対策に積極的な風俗店選びが大切です。希望条件に合う求人を見つけた際は、必ず待遇面をチェックし、身バレ対策に力を入れているかどうかを確認してから応募しましょう。

トップへ