西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗スタッフはキャストにどう接すればいい?嫌われないためのコツも

風俗スタッフはキャストにどう接すればいい?嫌われないためのコツも

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗スタッフは、風俗店を運営する上で欠かせない存在であり、キャストと良好な関係を築くことが求められます。風俗店のスタッフとして働いていて、仕事内容や立場の違うキャストとの接し方が分からない人も多いのではないでしょうか。

当記事では、風俗スタッフ必見のキャストとの接し方や、嫌われないためのポイントを詳しく解説します。キャストと良好な関係を築きながら、お店の売り上げに貢献したい人はぜひ最後までご覧ください。

 

1.風俗店ではキャストの存在が大きい

風俗業界は、キャストがいてこそ成り立つ商売です。キャストがいないとお店の売り上げが立たず、スタッフの給料も見込めません。また、キャストの質が著しく悪ければお客さんが離れてしまい、お店の売り上げにも影響するでしょう。

一方で、お客さんを楽しませてリピーター獲得につなげられるキャストがいると、お店の売り上げや評判が上がります。稼ぎやすいお店という評判が立つと、よりよいキャストが集まるでしょう。

また、スタッフとキャストとの関係がよければ、キャストもお店に定着しやすいです。キャストを定着させるには、キャストに「もっとこのお店で働きたい」と思わせることが必要です。お店の売り上げを上げる意味でも、キャストを徹底的にサポートし、キャストのモチベーションを高めましょう。

 

2.風俗スタッフ必見!キャストへの接し方

風俗で働くキャストは、体力面だけではなく精神面でも不調をきたしやすい傾向にあります。そのため、スタッフがキャストの相談に乗ったり、雑談相手になったりして精神面をサポートすることも必要です。

その他、シフトの管理や催促、仕事上のアドバイスだけではなく、コミュニケーションを取ることもキャスト管理の一環です。積極的にキャストと話して信頼関係を築き、キャストの定着率を上げてお店の売り上げに貢献しましょう。

以下では、キャストへの接し方を紹介します。

 

2-1.どのキャストも公平に接する

特定のキャストだけにフリー客を多く回すなど、公平性に欠ける接し方はほかのキャストの不満を募らせる原因になります。また、「ひいきされているキャストがいるせいで稼ぎづらい・お店にいづらい」と思われると、退店が相次いで売り上げが下がる可能性もあります。

キャストの扱いに不公平があると、いじめや派閥などのトラブルが起こってお店の雰囲気が悪くなり、お店にキャストが寄りつかなくなる恐れもあるでしょう。お店を円滑に運営するためにも、すべてのキャストに対して公平に接することをおすすめします。

 

2-2.常に気にかけコミュニケーションをとる

キャストとは事務的な会話だけではなく、雑談も交えて密にコミュニケーションをとるのがおすすめです。キャストが抱えている不安や不満、悩みなども把握して、キャストの精神面も支えましょう。

また、風俗店では学校や本業と並行して働いていたり、育児や親の介護をしていたりするキャストが在籍していることも珍しくありません。キャストの事情を把握しておくとシフトを組みやすくなるので、スタッフの仕事をスムーズに進めるためにも日頃のコミュニケーションは必須です。

キャストの中には、悩み事を自分から言い出せない人もいます。常にキャスト一人ひとりを気にかけ、適宜声をかければ定着率のアップにもつながります。

 

2-3.愚痴や相談事は基本的に聞く

女性の愚痴や相談事は、ただ話を聞いてもらいたいだけの場合が多い傾向にあります。キャストのモチベーションを下げないために、些細なことでも真摯に話を聞きましょう。

また、キャストの愚痴や相談事には、アドバイスなどの一歩踏み込んだ発言はしないほうが好印象を与えられる可能性が高いです。特に、上から目線のアドバイスは信頼関係を失う原因になります。アドバイスを求められた際は、キャストの気持ちになって話すことを心がけましょう。

 

2-4.プライベートは詮索しない

スタッフからは、キャストのプライベートを詮索しないほうが無難です。本人はもちろん、家庭の事情などにも触れないようにしましょう。

ただし、キャストの中にはシングルマザーや介護など、課題や問題を抱えながら働いている人もいます。家庭の都合で急に欠勤になるケースもあるので、キャストについて全く知らないとシフトの調整が難しい場合もあります。そのため、キャストにはあくまでも「ちょうどいい距離」で接することが大切です。

 

2-5.相手の仕事や立場を尊重する

スタッフとして働く際の基本マナーとして、キャストの仕事や立場を理解・尊重した上で接することが望ましいです。

特にスタッフの仕事をはじめたてのころは、キャストとの接し方に迷うことも多いでしょう。キャストと接する際のポイントとして、「キャストを管理している」という意識ではなく、「お世話になっている」という気持ちを持つことが大切です。

また、キャストを見下すような接し方は絶対にやめましょう。人によっては、風俗嬢という仕事によい印象をもっていない人もいます。キャストがスタッフに見下されていると感じれば、モチベーションの低下はもちろん、退店につながることもあります。

 

3.キャストに嫌われないためには?

スタッフがキャストと関わる上で気を付けるべき点は、下記の通りです。

  • 恋愛感情を持ち込まない
  • 一定の距離感を保つ
  • 仕事でミスを起こさない

関わり方を間違えるとキャストに嫌われ、仕事に影響が出る可能性もあります。以下では、キャストと関わる際に気を付けるべき3つの点について紹介します。

 

3-1.恋愛感情を持ち込まない

基本的に、風俗店ではスタッフとキャストの恋愛を禁止しているケースがほとんどです。風俗店の中には、「恋愛関係に発展すれば罰金やクビ」などのルールを設けているお店も珍しくありません。

万が一キャストを口説いたことがバレると、「あのお店はスタッフに口説かれる」などの噂が広まり、お店の評判も著しく下がってしまいます。まれにキャストから口説かれるケースもありますが、絶対に断るようにしましょう。

また、仕事に恋愛感情が入ると特定のキャストをひいきすることにつながりかねません。あくまでもビジネス上のパートナーだと割り切って接しましょう。

 

3-2.一定の距離感を保つ

キャストと接する際は、必要以上に近づきすぎないように注意しましょう。距離が近すぎるとひいきの元になるのはもちろん、恋愛感情が生まれるケースも考えられます。

一方で、距離感が遠すぎるとキャストとの信頼関係が築きにくい傾向です。プライベートの詮索はよくないものの、事務的な会話のみだとキャストのモチベーションを上げられないでしょう。

適切な距離感でないとキャストからの不満が募ることも考えられます。キャストの様子を見ながらほどよい距離感で接することが大切です。

 

3-3.自分の仕事でミスを起こさない

キャストは、スタッフの仕事ぶりも見ています。仕事ができるとキャストからの信頼を得られますが、ホームページに掲載する出勤情報やお客さんの来店時間の共有など、キャストに関わる部分にミスがあると信頼度も下がるでしょう。また、スタッフの小さなミスが原因で、キャストが退店してしまう可能性もあります。

とはいえ、仕事に慣れていない最初のころは、誰しもミスをすることがあります。仕事でミスをしたときにはフォローや謝罪を徹底し、迷惑をかけたときには誠心誠意対応することを心がけましょう。ミスをした際には、次に同じミスをしない方法を考えるとなおよいです。

 

まとめ

風俗スタッフがキャストと接する際は、プライベートなどの踏み込んだ話はせず、適度な距離感を意識することが大切です。1人だけをひいきせず、日頃からコミュニケーションをとるように心がけましょう。

キャストとの接し方を意識すれば、キャストと良好な関係が保てるのはもちろん、お店の売り上げにも貢献できます。また、キャストは生活がかかっていることから、スタッフの仕事もシビアに見る傾向があります。仕事上のミスを減らすことも、キャストとよい関係を築くポイントです。

トップへ