西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗でクレカは使える?よくある誤解や注意点から利用の流れまで

風俗でクレカは使える?よくある誤解や注意点から利用の流れまで

西川口ソープ ファーストクラスルビー 出勤情報

風俗でクレカ(クレジットカード)を使って支払いをしたいものの、「不正利用されないか」「個人情報は盗まれないか」など、不安がある方は多いでしょう。風俗でクレカを使用する際は、現金支払いと異なる点があるため、利用の流れや注意事項を事前に把握することが大切です。

この記事では、風俗店におけるクレカ払いの可否や、よくある誤解、クレカ払いをする際の流れについて解説します。クレカ払いに関する疑問を解消し、安心して風俗を楽しみましょう。

 

1.風俗ではクレカが使える?

風俗では、クレカが使える店と使えない店があります。クレカの使用可否は風俗店の公式サイトや口コミサイト、風俗店の案内をまとめた情報誌などで確認することが可能です。

風俗でクレカ払いをするメリットは、手持ちの現金がないときでも遊べることです。風俗の料金をクレカで決済することで、クレカ利用料の引き落とし日まで支払いのタイミングをずらすことができます。

風俗店の運営者がクレカ払いのシステムを導入する際は、カード会社や決済代行会社との契約が必要です。契約時の審査では、クレカ払いのシステム導入を希望する風俗店について、営業に必要な届出や許可の有無が確認されます。そのため、クレカ払いに対応している風俗店は、社会的な信用性が高いと言えます。

ただし、優良な風俗店であっても、現金払いと比較して入金タイミングが遅れるなどの理由でクレカ払いを取り入れていないケースもあることに注意してください。

 

1-1.利用できる国際ブランド

クレカが使える風俗店であっても、利用できる国際ブランドは店によってさまざまです。風俗店で使える主なクレカとして、次のような国際ブランドが挙げられます。

【利用できる国際ブランド】

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club など

カード決済ができる風俗店の多くは、VISAとMastercardに対応している傾向です。JCBやAmerican Express、Diners Clubなどの国際ブランドは、クレカ払いに対応している風俗店であっても使えない場合があります。風俗店でクレカ払いをする際は、自分が利用している国際ブランドを確認しておきましょう。

 

2.風俗のクレカ払いに関するよくある誤解2つ

風俗のクレカ払いについてよく誤解されている事柄には、不正利用のリスクや、利用履歴の表示が挙げられます。しかし、風俗のクレカ払いは一般的な買い物と変わらないため、安心して利用することが可能です。

ここでは、風俗のクレカ払いに関する2つの誤解について解説します。

 

2-1.スタッフや風俗嬢による不正利用がある

風俗店でクレカ払いをする際、店側がクレカを不正利用することはありません。所有者本人ではない人物がクレカを悪用する方法には、クレカの盗難や、クレカの磁気情報を読み込んでコピーする「スキミング」が挙げられます。スキミングにはスキマーと呼ばれる特殊な機器が使用されるため、クレカ払いの際に不審な手続きがあればその場で確認することが可能です。

クレカ払いに使用される一般的な機器やWeb上の決済フォームでは、クレカの情報が決済代行会社に安全な形で送信されます。決済時に使用した個人情報は店側に残らないため、不正利用や個人情報流出の心配は無用です。

 

2-2.店舗名が記載された利用履歴が残る

基本的に、カード利用明細には風俗店の店舗名が記載された利用履歴は残りません。風俗店に限らず、クレカ払いをした場合は、書類やWeb上の管理画面に支払先情報と利用金額が記載されます。風俗店でクレカ払いをしたときの支払先は、風俗の店舗名ではなく、決済代行会社の名称となることが一般的です。そのため、クレカの明細書に記載された利用情報から、風俗店で遊んだことが知られる心配はありません。

利用明細に記載される内容は、決済代行会社によって異なります。数字やアルファベットを組み合わせた文字列や、「ネット決済」など一般的な名称を記載するケースが大半です。

ただし、何かの商品・サービスに対して利用金額を支払った事実自体は、利用明細から読み取れます。そのため、家族などから何を購入したか問われた際に慌てず対応できるよう、あらかじめ回答を用意しておきましょう。また、風俗店によっては、店舗名を記載した履歴がクレカの利用明細に残るケースもあります。履歴が残ると問題がある場合は、現金決済のほうが安全です。

 

3.風俗でクレカを使う際は「利用手数料」に注意!

風俗でクレカを使うと、多くの店で利用手数料が発生します。クレカ払いのシステムを導入している風俗店では、決済会社に対して風俗店がシステム利用料を支払います。システム利用料として事業者が支払う分を、消費者側に負担してもらうための金額が、利用手数料です。

利用手数料は店側によって上乗せされ、通常のプレイ料金に対して7%~10%で設定されていることが一般的です。たとえば、通常のプレイ料金が30,000円で、クレカ払いの決済手数料が10%の場合、支払う総額は33,000円となります。

価格が高額となるほど手数料も増えるため、最終的な決済金額を事前に確認しておくことがポイントです。クレカ払いの利用手数料が発生する風俗店では、店の公式サイトなどに利用手数料の割合を記載しています。クレカを使用する際は、利用手数料について確認してから支払いをしましょう。

 

4.風俗でクレカ払いする際の流れ

風俗でクレカ払いをする際は、利用方法や注意点を知っておくと、スムーズな手続きが可能です。最後に、風俗でクレカ払いをする流れについて解説します。

(1)来店前にクレカを使えるか確認する

風俗店に足を運ぶ前に、クレカ払いの対応状況について確認しましょう。店の公式サイトにカード利用可否が書かれていない場合は、電話やメールなどで決済方法を確認しておくと、支払い時のトラブルを避けられます。また、風俗店の利用予約をする段階でクレカを使いたい旨を伝えておくと、スムーズな決済手続きが可能です。

(2)クレカを使えない場合を想定して現金を用意しておく

磁気情報やICチップの不具合、クレカを持参し忘れるなど、不測の事態で当日クレカが使えない可能性もあります。クレカ払いができない事態に備えて、念のために現金も用意するほうが無難です。

(3)クレカの利用限度額を確認する

クレカを限度額近くまで利用していた場合、風俗店で会計する段階でカード決済ができないことが判明し、風俗のプレイ料金を支払えなくなるリスクがあります。あらかじめ利用限度額を確認し、支払いができることを確かめておきましょう。

(4)会計時にクレカを提示して支払う

会計時には、通常の買い物と同様に、クレカを提示して支払います。クレカ払いの方法は、カードリーダーなどの決済端末でクレカ情報を読み取る方法が一般的です。小規模な風俗店では、スタッフがカード情報を入力するケースも稀にあります。

クレカ払いで暗証番号を入力する際は、のぞき見されないように注意が必要です。暗証番号を知られると不正利用されるリスクがあるため、不審な点がないか確認したうえで決済を行いましょう。

 

まとめ

クレカが使える風俗店では、手持ちの現金がないときであっても、クレカ払いで女の子と遊ぶことが可能です。ただし、店によってはクレカが使えなかったり、使える国際ブランドが限られていたりすることに注意してください。

風俗のクレカ払いでは、店側による不正利用や、店舗名が記載された利用履歴が残る心配はありません。風俗でクレカ払いをする際は念のために現金も用意し、利用限度額を確認したうえで、会計時にクレカを提示しましょう。

トップへ