西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗の昼間の環境は?出勤するメリットから稼ぐ方法まで徹底解説!

風俗の昼間の環境は?出勤するメリットから稼ぐ方法まで徹底解説!

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗は夜間だけでなく、昼間から営業しているお店が多くあります。風俗が多く点在する繁華街は、昼間と夜間で人通りが大きく異なるため、「昼間に風俗で働く環境が気になる」と感じる人もいるでしょう。

昼間のみ風俗に出勤することを考えている場合は、昼間の環境に合わせた働き方を理解しなければ、効率良く稼げません。

この記事では、昼間の風俗に遊びに来る客層、昼間に出勤するメリット・デメリットを解説します。また、昼間出勤のみで効率的に稼ぐコツも解説するため、生活リズムを崩さず風俗で働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗の昼間と夜間の違い

風俗の昼間は夜間に比べ、お客さんの数は少ないことから、ゆったりと営業しているお店が多くあります。そのため、昼間に出勤するとお客さん一人ひとりに丁寧なプレイを提供しやすいです。

風俗の昼間と夜間とではお客さんの数だけでなく、遊びに来る客層・稼ぎやすさが異なります。以下では、風俗の昼間と夜間の違いについて詳しく解説します。

 

1-1.遊びに来る客層

風俗の昼間・夜間におけるそれぞれのお客さんの特徴は、下記の通りです。

【昼間に多いお客さんの特徴】

  • 年齢層が高い
  • 金銭的に余裕がある
  • 風俗好き
  • 夜勤明け・平日休み

【夜間に多いお客さんの特徴】

  • 仕事帰り
  • 飲み会帰り
  • ガツガツとしたプレイを楽しみたい

昼間は定年を迎えた人や経営者など、時間やお金にゆとりがあるお客さんの割合が高くなります。風俗好きな人は、お客さんが少ない昼間を狙って遊びに来ることが多くあります。また、仕事を終えた開放感から昼間に風俗へ訪れる夜勤明けのお客さんも少なくありません。

夜間は仕事帰りや飲み会などで出歩く人が多いため、幅広い年齢層のお客さんが風俗に訪れます。飲み会からの流れで来店するお客さんの中には、禁止プレイを要求するなど度が過ぎるお客さんも一部見受けられます。極度のマナー違反が見られる場合は、男性スタッフに報告し、しかるべき対処をとりましょう。

なお、風俗の客層は街の雰囲気や風俗店の価格帯にも左右されます。高級店と大衆店とでは客層が異なるため、上記の内容がすべてのお店にあてはまるとは限りません。

 

1-2.稼ぎやすさ

風俗の昼間と夜間は、稼ぎやすさも異なります。風俗の昼間は夜間と比較し、稼ぎにくい時間帯です。一部のお店では早い時間の集客を図るため、昼間の料金を夜間の料金よりも1,000円程度安く設定したり、昼間限定イベントを実施したりすることがあります。割引やイベントでお客さんの支払う料金が安いときは、風俗嬢のバック料金を下げることが一般的です。

一方、昼間はまったりと過ごしたいお客さんがロングタイムで遊ぶことも多い時間帯です。そのため、お客さんの遊び方次第では昼間であっても十分に稼げるでしょう。

 

2.昼間に風俗に出勤するメリット・デメリット

昼間に風俗に出勤する大きな魅力は、仕事終わりに食事に行ったり買い物を楽しんだりするなど、一般的な職業で働く人と同じように生活できる点にあります。家族や彼氏のライフスタイルに合わせて風俗で働きたい人には、昼間に出勤する方法がおすすめです。

以下では、昼間に出勤する方法のメリット・デメリットを紹介します。

 

2-1.メリット

昼間に出勤する方法の代表的なメリットは、生活リズムが崩れないこと・リピーターを獲得しやすいことの2点です。

〇生活リズムが崩れない

昼間に出勤する場合、夜は身体を休ませて朝に起きる理想的な生活リズムを維持できます。生活リズムが崩れることは、神経伝達物質「セロトニン」の分泌に支障を生じさせ、心身の健康を損なう原因です。昼間に出勤して理想的な生活リズムを維持することは、心身を健康に保つための秘訣といえます。

〇リピーターを獲得しやすい

平日に風俗に来店するお客さんの多くは、一人の風俗嬢を指名する遊び方を好む傾向です。昼間のお客さんは年齢層が高いため、風俗嬢をわが子のように可愛がるお客さんが一定数存在します。お客さんから気に入ってもらうことができれば、そこからリピーターにつながる可能性が高いといえます。

昼間に風俗に出勤すると、昼夜逆転した生活を送る必要がありません。体調を崩すことなく、長く風俗で働き続けることができるでしょう。また、昼間は出勤する風俗嬢が少ないこともあり、指名を受けやすくなるというメリットもあります。

 

2-2.デメリット

昼間しか風俗に出勤しない場合は、メリットだけでなくデメリットもいくつかあります。

〇訪れるお客さんが少ない

昼間は多くの会社員が働いている時間帯にあたるため、風俗に訪れるお客さんの絶対数は少ない傾向です。リピーターを獲得するまでは収入水準が安定しにくく、稼ぎにくいことは否めません。

お客さんの満足度を高めてリピーターを獲得することが、昼間の風俗で長く活躍するためには重要となります。

〇身内にバレやすい

風俗が点在する繁華街を歩いているシーンを家族・友人に目撃されると、風俗で働いていることがバレる可能性が高くなります。

風俗で働いていることを周囲に内緒にしている場合は、マスクやサングラスをし、身バレ防止に努める必要があるでしょう。

昼間出勤に絞る場合は、デメリットを克服しなければ長く働くことが困難となります。身バレ防止はもちろん、お客さんを虜にする接客スキルを身につけることが大切です。

 

3.昼間出勤のみで風俗で稼ぐ方法2つ

昼間に風俗に来るお客さんは、夜間に比べると多くありません。昼間出勤のみで効率良く稼ぐためには、出勤するタイミング・勤めるお店を絞り込むことが重要です。どちらも意識することで、夜間に出勤するよりも稼げる可能性があります。

以下では、昼間出勤のみで風俗で稼ぐ方法を2つ紹介します。

 

3-1.月曜から水曜を狙って出勤する

昼間出勤のみで稼ぐためには、サービス業界や不動産業界が定休日となる月曜から水曜を狙って出勤することが重要です。一般的に月・火曜は美容院や飲食店など、水曜は不動産業界が休みとなります。

平日休みの人は周囲と休日が合わないことから、風俗など一人で楽しめる娯楽にのめりこみやすい傾向です。また、平日休みの職業で働く人は土日出勤手当によって通常よりも高い収入を得ているケースがあるため、風俗嬢にとって狙い目のお客さんとなります。やみくもに出勤するのではなく、お客さんが多く訪れる曜日を見越して出勤することが大切です。

 

3-2.バック率が高いお店で働く

バック率とは、プレイ料金に対して風俗嬢の給料となる割合のことを指します。一般的なお店のバック率は、50%程度が相場です。相場以上のバック率を約束するお店で働くと1本あたりの単価が上がり、効率良く稼ぐことができます。

バック率の高いお店を探したいときは、お店のホームページから給料相場を確認しましょう。たとえば、ホームページに下記のような記載がある場合はバック率50%のお店です。

お客さんが支払う料金:2万4,000円
風俗嬢の給料:1万2,000円(フリーの場合)

お店によってプレイ料金は異なるため、上記の給料はあくまで目安です。1プレイあたりの給料を上げたい場合は、バック率が50%以上のお店を選ぶことをおすすめします。

西川口のソープランド「ファーストクラスルビー」では、60分コースで遊ぶお客さんの料金は2万4,000円であり、1万5,000円が風俗嬢の給料となります。つまり、ファーストクラスルビーのバック率は、60%以上となる計算です。

ファーストクラスルビーは素人系・ロリ系・ギャル系・女子大生系など、さまざまなタイプの女性が活躍できる埼玉エリアの人気店です。西川口のソープランドに関心があり効率的に稼ぎたい人は、ぜひファーストクラスルビーにお問い合わせください。

 

まとめ

風俗の昼間には、夜勤明けや平日休みのお客さんが来店します。昼間はお客さんの絶対数が少ない時間帯ではあるものの、ロングコースを選択するお客さんが多くリピーターを獲得しやすい傾向です。

ただし、平日の昼間で働く場合は身バレしやすいデメリットがあるため、マスクで変装するなどの対策が必要になります。

風俗の昼間で効率的に稼ぐためには、出勤する曜日を絞るだけでなく、バック率の高いお店で働くことが大切です。西川口のソープランドで働きたい人は、バック率の高さが魅力のファーストクラスルビーにぜひご連絡ください。

トップへ