西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗店の社員はホワイトな環境?業界の実情も徹底解説

風俗店の社員はホワイトな環境?業界の実情も徹底解説

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗店の社員はホワイトであると言われており、今や一般企業並みの福利厚生や待遇が用意されているお店も少なくありません。風俗店の中には全国展開をしている企業も多く、安定した環境で働くことが可能です。

しかし、風俗業界で働くことを考えているものの、業界についての知識がなく応募を悩む人は多いのではないでしょうか。

今回は、風俗業界の実情について解説します。また、風俗店で働く社員がホワイトと言われる理由も解説するため、風俗店で働くことに興味のある男性はぜひ参考にしてください。

 

1.風俗業界の実情とは?

風俗業界は一般的にブラックと言われることがあるものの、実際の事情まで把握している人は多くありません。風俗業界は高収入を稼げるため、「厳しい労働が課せられるのではないか」と不安を感じている人もいるでしょう。しかし、現在の風俗業界では運営体制が整えられており、男性社員にとって働きやすい環境が整えられています。

ここでは、風俗業界の実情を解説します。

 

1-1.常に人手不足の状態である

風俗業界は市場規模が大きいことから、常に人手不足の状態が続いています。人材が足りないたないために長時間労働を強いる風俗店もありますが、労働環境が悪ければキャストや社員が定着せず、サービスの質が低下します。このような背景もあり、社員が働きやすい環境を整える風俗店が増えてきました。

近頃では、多くの風俗店がICT化を進めるなど、社員の業務負担の軽減に努めています。また、優秀な人材はいち早く評価するため、風俗業界は一般企業よりも昇給・昇進がしやすい環境です。

風俗業界は人手不足の状態であるからこそ、社員一人ひとりを大切にする動きが広まっており、クリーンな職場に魅力を感じて風俗店に就職する人も増えています。

 

1-2.将来性が高い

市場規模が大きい風俗業界は、今後も安定した需要が見込まれることもあり、将来性が高い業界です。風俗業界は人間の三大欲求である「性欲」を取り扱う仕事であるため、風俗業界の需要がなくなる可能性は低いでしょう。不景気の時代であっても風俗業界では新規出店が続いており、全国展開を行っているお店が多く存在します。

また、あらゆる業界でIT化が進む中、風俗業界は人と人のコミュニケーションであるため、すべてを機械化することは難しい点も将来性が高い理由の1つです。事務作業や清掃などは機械化が進むと予想できますが、接客やキャストのマネジメントなどは今後も人が担うことになるでしょう。風俗は、現在の職業に不安がある人や、何十年先も安定して働きたい人におすすめの業界です。

 

1-3.裏社会との付き合いはほとんどない

法律が厳しくなっている現状もあり、裏社会との付き合いがある風俗店はほとんどありません。ドラマや映画の影響から、風俗業界は裏社会とつながりがあるイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、暴力団対策法が制定されたことにより、風俗を含めたすべての業界で裏社会とつながりのある企業は少なくなっています。

裏社会と付き合いがある場合は法律違反となり、風俗店の経営を続けることができません。また、「裏社会と関係がある」と警察に思われた場合、風俗店に対する監視が強化され、営業停止に追い込まれることもあります。風俗店を営業するために許可申請や納税を行っているお店にとって、裏社会との付き合いはデメリットしかないため、関係を持っているとは考えにくいでしょう。

 

2.風俗店で働く社員がホワイトと言われる理由4選

風俗業界はマイナスなイメージを持たれることもありますが、イメージを払拭するために働きやすい環境を整えている風俗店も数多く存在します。ライフワークバランスを重視し、社員の希望や要望に応えるお店も増えているため、他業種から風俗業界に転職する人は少なくありません。

ここでは、風俗店で働く社員がホワイトと言われる理由を解説します。

 

2-1.給料が高いため

風俗店の給料は高めに設定されていることが多く、一般的な仕事よりも稼ぎやすい状態のため、ホワイトと言われています。

風俗店は利益が多く、必然的に社員の給料も高くなります。業界未経験であっても、初任給30万円前後の求人は少なくありません。年収にすると、店舗スタッフで約400万円前後、副店長・マネージャーなどで約500万~700万円、店長や幹部候補では1,000万円を超えるケースもあります。

手当や賞与が支給される風俗店も多く、実力に応じて昇給・昇進も可能なことから、風俗の仕事は高収入が期待できます。また、多くの風俗店では日払い制度を取り入れており、急な出費にも対応可能です。

 

2-2.複雑な仕事が少ないため

風俗業界は一般的な接客業の仕事と比較すると接客の人数が少ないうえ、簡単な仕事も多いため、ホワイトと言われています。

風俗店における店舗スタッフの仕事内容は、受付・電話応対・接客対応・事務作業・サイト管理・キャストのシフト管理などです。風俗店の仕事は慣れてしまえば楽な業務も多く、ストレスを感じずに働くことができるでしょう。

また、風俗店では基本的にクーラーがきいた室内での勤務となり、肉体労働もないため、年間を通して働きやすい環境にあります。飲食店などと比較すると接客の人数が少なく、暇な時間が多いことも事実です。

 

2-3.福利厚生が充実しているため

お店によって程度の差はあるものの、福利厚生が充実しているお店も多いため、風俗業界はホワイトと言われています。福利厚生を充実させることは、社員のモチベーションを高めるとともに離職率の低下につながるため、福利厚生の強化に力を入れている風俗店は少なくありません。

多くの風俗店では社会保険が完備されており、夜間手当や住宅手当、家族手当などが支給されています。また、風俗業界の大手グループ店では社員旅行やレクリエーションなども実施されており、一般企業よりも手厚い福利厚生が用意されていることもあります。

福利厚生の内容は各風俗店により異なるため、求人募集を見る際や面接の際に確認しておきましょう。

 

2-4.休日を確保しやすいため

風俗店の中には「完全週休2日制」を採用しているお店も多く、給料が高いうえ休日も確保しやすいため、ホワイトと言われています。以前の風俗業界では社員に休みがないこともありましたが、現在は人材確保のために労働環境の改善が進んでおり、しっかりと休日を確保することが可能です。

運営体制が整っている風俗店では、土日や祝日でも休日を取得することが可能です。有給休暇はもちろん、夏季休暇や冬期休暇を用意している風俗店も少なくありません。中には、誕生日休暇やリフレッシュ休暇を支給している風俗店もあり、社員が休みを取りやすいようにさまざまな工夫が行われています。

 

3.風俗業界は誰でも活躍できるチャンスがある

風俗業界は応募のハードルが低く、働きたいと思った場合はすぐに応募することが可能です。風俗業界における男性求人の応募条件では、18歳以上であれば学歴や職歴は不問とされているケースが多く、誰でも活躍できるチャンスがあります。

風俗業界では、電話応対やキャストの相談相手など、コミュニケーション能力が必要となる場面が多々あります。しかし、最初からすべての業務を任されるわけではないため、徐々に知識やスキルを習得すれば、コミュニケーションが苦手な人でも風俗業界で働くことは難しくありません。

風俗業界でも一般企業と同じく、真面目で誠実な人が求められています。未経験者でも歓迎されるため、意欲のある人はぜひ魅力的な風俗業界で働いてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

風俗業界では常に人手不足が続いており、社員の離職を防ぐために労働環境の改善が進んでいます。風俗業界は一定の需要があり、将来性が高い仕事です。裏社会との付き合いもほとんどなく、風俗業界はクリーンなイメージへ変わりつつあります。

風俗業界は給料が高いうえ、複雑な仕事は多くありません。また、福利厚生が充実していることからも、風俗業界はホワイトと言われています。

風俗業界は経歴に関係なく、誰でも活躍できるチャンスがあります。やる気次第でキャリアアップも実現できるため、意欲のある男性は風俗業界での就職を検討してみてはいかがでしょうか。

トップへ