西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗における色恋営業とは?メリット・デメリットと3つのテクニック

風俗における色恋営業とは?メリット・デメリットと3つのテクニック

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

ソープ嬢やデリヘル嬢など、風俗嬢として働くメリットは高収入を目指せる点です。しかし、「本指名が増えず、思ったよりお金がもらえない」と悩む人も多いのではないでしょうか。

本指名を獲得する方法の一つに、お客さんに恋愛感情を抱かせる「色恋営業」という営業方法があります。色恋営業は、人気嬢のように本指名を増やすための手段として使える営業方法です。

当記事では、風俗における色恋営業のメリット・デメリット、色恋営業のテクニックや注意点について解説します。初心者でも実践しやすいテクニックも紹介するため、色恋営業を行う際の参考にしてください。

 

1.風俗でよく使われる「色恋営業」の意味

風俗でよく使われる「色恋営業」とは、風俗嬢がお客さんに恋愛感情を抱かせ、本指名につなげる営業手法のことです。お客さんに「この子は自分のことが好きなのかも」と思わせて、風俗嬢のことが気になるといった状態に誘導します。誘導後、お客さんに好きになってもらうことができれば、定期的な本指名につなげることが可能です。

駆け引きや接客テクニックを磨き、いかにお客さんを夢中にさせるかが、色恋営業を成功させる鍵となります。

 

1-1.色恋営業のメリット2選

風俗嬢が色恋営業をすることで、次の2つのメリットを得ることができます。

○給料アップにつながる

色恋営業により好意を持ってくれたお客さんは、風俗嬢のお願いを聞いてくれる確率が上がります。お客さんと親しくなれば、お店が忙しくない時間帯に予約を入れてもらったり、長時間のコースを予約してもらったりといった誘導も可能です。本指名の獲得に加え、待機時間の減少や長時間コースの増加も見込めます。

お客さんに「できるだけ長く一緒にいたい」と思ってもらえるように、色恋営業のテクニックを磨きましょう。

○気を遣わずに接客できる

リピーターのお客さんはプレイの好みなどをすでに把握しているため、初対面の男性よりも気を遣わずに接客することが可能です。リピーターの中でも、色恋営業に成功したお客さんは風俗嬢のことが好きであるため、お客さんでありながら風俗嬢を気遣ってくれます。「一緒にいるだけで幸せ」というレベルまでお客さんを虜にすると、会話の割合が増え、プレイに割く時間を減らせる可能性もあります。

風俗嬢は体力を使う仕事であるため、身体の負担を減らせることは大きなメリットです。色恋営業を駆使して、自分を大事にしてくれるお客さんを獲得してください。

 

1-2.色恋営業のデメリット2選

色恋営業をするにあたっては、デメリットについても知っておくことが大切です、色恋営業のデメリットとしては、次の2つが挙げられます。

○ストーカーにつながる危険性がある

好きな人ができたとき、「もっと好きな人のことを知りたい」「あわよくば付き合いたい」と強く思った経験のある人もいるのではないでしょうか。お客さんが風俗嬢に恋愛感情を抱けば、少なからず相手を独占したいという感情が生まれます。相手によっては、風俗嬢を自分のものにしたい気持ちが暴走し、結果としてストーカー被害にあう危険性もゼロではありません。

恋愛感情は良くも悪くも、人を動かす強い力を秘めています。色恋営業を上手に活用するためには、使う相手を見極める目が必要です。

○忙しさが増してしまう

色恋営業を成功させるためには、お客さんとある程度やり取りを重ねる必要があります。慣れるまでは、お客さんに好意を持たせる返信を考えるだけで時間がかかり、加えてお客さんから連絡があれば休みの日も返信しなければなりません。

やり取りをするお客さんが増えるほど、忙しさは増してしまいます。色恋営業は本指名につながりそうな人に絞り、自分が対応できる人数にとどめることが大切です。

 

2.【実践的】色恋営業のテクニック3つ

相手に恋愛感情を抱かせる技術は、簡単に身につくものではありません。色恋営業の成功率を上げるためには、風俗嬢が実際に使う色恋営業のテクニックを知った上で、試行錯誤を重ね精度を高めていくことが重要です。

ここでは、色恋営業の実践的なテクニックを3つ紹介します。

 

2-1.特別感を演出する

色恋営業で大切なポイントは、お客さんが風俗嬢に対して「この子は自分のことが好きである」と錯覚させることです。特別感を演出するテクニックは、お客さんをその気にさせる強い効果があります。具体的な方法は下記のとおりです。

  • 相手のプレイ内容を褒める
  • 相手が風俗嬢にとって特別な存在であると遠回しに伝える

プレイについて褒められることで喜ぶお客さんは数多くいます。お客さんのプレイで褒められる部分を考え、どのように嬉しく感じたのかを具体的に伝えましょう。また、プレイ後の会話の中で、「○○さんと過ごす時間はとても楽しいです」など、他のお客さんとは違って特別に感じていると思わせる言葉を言うとさらに効果的です。

 

2-2.連絡先を交換する

連絡先を交換しておくとよい理由は、出勤する際に連絡を取ることでリピートにつながりやすいためです。営業をかけたいと思ったお客さんに対し、プレイ後などに「お礼の連絡をしたい」「また会いたいので、よかったら連絡先を教えてほしい」などと伝えます。お客さんのことが気になっていると思わせる素振りを見せるよう意識してください。

結婚している人や彼女がいる人との連絡先交換は、お客さんに迷惑がかかる可能性があるため避けたほうが無難です。連絡手段については、個人情報が漏れにくくブロックも簡単であるため、LINEなどのSNSをおすすめします。

 

2-3.仮名の本名を教える

仮名の本名とは、色恋営業用に作成した本名のことです。風俗嬢は、本来個人情報を隠すために源氏名を名乗り働いています。風俗嬢が隠しているはずの本名を教えることで、お客さんに「自分は信頼されている」と特別感や優越感を抱かせることが可能です。実際の本名を教えるとトラブルが起きたときに危険であるため、仮名の本名を利用しましょう。

連絡手段をLINEにする場合、仕事用の携帯を用意し、専用のアカウントを作る方法が安全です。プライベートのLINEを使用する場合は、LINEのアカウント名を本名ではなくあだ名にしておきます。アカウント名のあだ名で呼んでも違和感のない仮名の本名を作ることがポイントです。

 

3.色恋営業をするときの注意点とは?

色恋営業をする際、次の2つの点に注意することで、トラブルを減らし安全に働ける確率が上がります。色恋営業の努力を無駄にしないためにも、以下の注意点をよく確認しておきましょう。

○ルールの範囲内で行う

店側のルールを守らずに色恋営業を行うと、他の風俗嬢やお店に迷惑をかける場合があるため注意が必要です。例えば、仕事以外でお客さんと会う「店外デート」が禁止されているお店で、一人がルール違反をしたと仮定しましょう。お客さんは「○○ちゃんは店外デートしてくれた」と他の風俗嬢にも店外デートを迫る可能性があります。

連絡先の交換を禁止しているお店については、メールや電話番号はダメでもSNSは認めているケースがあります。お店に確認を取り、ルールを守りつつ色恋営業を行ってください。

○相手を選ぶ

色恋営業を行う際は、後々トラブルに発展する可能性が高い人を避け、安全に成果を得られそうなお客さんを選ぶことが重要です。例えば、極端に女性経験の少ない人は色恋営業を本気にしてしまい、風俗嬢と恋愛関係にあると思い込むリスクがあります。また、会話の中で不平・不満ばかり言う人など、接客していて楽しくないと感じる人に対して色恋営業をする必要はありません。

自分が管理できる人数を考えて色恋営業を行い、サービスをしたいと感じる人から確実に本指名へつなげましょう。

 

まとめ

色恋営業とは、風俗嬢がお客さんに恋愛感情を抱かせ、本指名を獲得するテクニックです。色恋営業を上手に活用すれば給料アップが見込めたり、気を遣わずに接客できたりといったメリットがあります。一方で、お客さんがストーカー化するリスクがあったり、連絡を取り合う手間が増えたりといったデメリットもある手法です。

お店のルールを守り、個人情報の漏洩に気をつけつつ、サービスをしたいと感じる人から色恋営業を仕掛けましょう。試行錯誤を繰り返しながら、特別感・優越感を与えるテクニックを身につけてみてください。

トップへ