西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗の自由出勤の特徴とメリット・デメリット|シフトのNG例も

風俗の自由出勤の特徴とメリット・デメリット|シフトのNG例も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗求人情報でよく見かける「自由出勤」というワードについて、気になっている女性も多いのではないでしょうか。本業がある方にとっては、フルタイムでお仕事ができるわけではないため、風俗店の出勤形態は押さえておきたいポイントと言えます。

今回は、風俗自由出勤の特徴をはじめ、メリットとデメリットについて解説します。また、自由出勤と完全自由出勤の違いやシフトのNG例も取り上げているため、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗の自由出勤とは?

風俗業界における自由出勤とは、基本的に自分の都合に合わせて、好きなときに働ける勤務形態のことを言います。以下のような希望も、自由出勤ではOKになることがほとんどです。

  • お仕事の後に3時間だけ働きたい
  • 週に2日のみ出勤したい
  • 時間が空いたときに出勤したい
  • 旅行に行くため10日間休みがほしい
  • 今週は無理だけど来週はたくさん働きたい

ただし、お店によって自由出勤の形態が異なるケースもあるため注意しましょう。

 

1-1.店舗型と無店舗型の違い

風俗の店舗のタイプは、大きく分けると以下の2つです。

●店舗型

ソープランドやピンサロなど、お店を構えている風俗業の場合は、接客スペースや席数が限られており、シフト制を採用しているケースが多いです。そのため、風俗求人サイトに自由出勤OKと記載されていたとしても、実際には以下のような条件つきのお店もあります。

  • 週に2日以上出勤する
  • 月に1回指名を返す

●無店舗型

デリヘルのような派遣型の風俗の場合は、店舗に出向く必要がなく、お客様の自宅やホテルで接客をします。出勤人数や部屋数などの縛りがないため、出勤形態はほぼ自由出勤です。調整や条件があるとすれば、次のような項目が考えられます。

  • 長距離移動が必要で、ドライバーを確保しなければならない
  • 風俗店の寮で暮らしている

 

1-2.自由出勤と完全自由出勤の違い

風俗業界では、完全自由出勤のお店と、自由出勤には条件のクリアが求められるお店があり、以下のような違いがみられます。

・完全自由出勤

自分の希望がほぼ通ることが特徴で、最低出勤時間やノルマなどがありません。シフトに関しても、ギリギリまでOKなど柔軟なケースが多いと言えます。出勤日数や休みについての規定がなく、寛容なお店がほとんどです。

・自由出勤

自由出勤制は、お仕事や学校など自分の予定を優先できますが、完全自由出勤制に比べると、やや自由度が少ないことが特徴です。たとえば、基本的には週1回のシフトで合意していても、人手に応じてお店に出てほしいと言われたり、アルバイトに入れない日が出てきたりする可能性があります。

 

2.風俗における自由出勤のメリット・デメリット

自由出勤が可能なお店で働く場合、基本的に自分のペースで無理のない働き方ができるため、長期的に渡って続けられます。ただし、不定期出勤の場合や出勤日数が少なすぎると、リピーターのお客さんがつきにくくなったり、お仕事がもらえなかったりすることもあり、注意が必要です。

ここでは、風俗業界における自由出勤のメリットとデメリットを詳しく解説します。

 

2-1.【メリット】当日に出勤を決めることができる

女性の中には、「仕事の残業がない日は出勤したい」「学業を優先したいから、暇な日だけ働きたい」という方も多いでしょう。また、その日の気分や体調によって、出勤を決めたいと思うこともあります。

自由出勤の場合は、当日にシフトに入ることを希望すると、柔軟に対応してくれる店舗が多いことが最大のメリットです。具体的には、友達との約束が急にキャンセルになった場合や思いがけず用事が早く済んだときなどでも、空いた時間を有効に使って稼げます。

 

2-2.【メリット】副業として働きやすい

収入の柱となるお仕事があり、副収入を得るために風俗で働く場合、本業を優先したいと思うのは当然です。自由出勤のよいところは、自分の都合が優先できることです。自己管理さえしっかりすれば、本業に支障が出る心配がありません。

たとえば、OLや主婦、学生でも次のような働き方が可能です。

・OL

お仕事が休みの土日だけ働いたり、疲れていない日だけ本業の後に出勤したりできることも自由出勤ならではです。ダブルワークで効率よく収入を得られます。

・主婦

主婦の方は、旦那さんやお子さんを送り出した後に、家事の隙間時間を使って働けます。一般的なパートで働くよりも高額時給で、アリバイ作りに協力的なお店も少なくありません。

・学生

勉強やサークル活動などの合間や夜の暇な時間帯などに、自分の都合を優先して出勤できます。自由出勤のため、友達付き合いや学業を優先したいときは、無理に出勤する必要はありません。

 

2-3.【デメリット】リピート客を獲得しにくい

風俗店に通うお客さんは、突然来店するよりも、事前にホームページ上でお気に入りの女の子がいるかどうかを確認するケースが多いと言えます。その際に、もし不定期出勤の場合は、いつお店で働いているか分からないことから、リピーター客がつきにくいことも事実です。

「何曜日の何時ごろなら、〇〇ちゃんがいるはず」とお客様に印象づけるためには、ある程度出勤のタイミングに規則性があったほうが、予約は入りやすいでしょう。

 

2-4.【デメリット】お仕事が回ってこない可能性がある

自由出勤とはいえ、お店側の都合もあるため、自分の希望が必ず通るとは限りません。特に、ソープや店舗型ヘルスの場合は個室待機スペースや部屋数の関係により、シフトがすでに埋まっていると、お仕事が回ってこない可能性もあります。また、平日の昼間は忙しい時間帯とは言えず、多くの女の子を必要としないケースも少なくありません。

お仕事を増やしたいときは、できるだけ早くシフトの希望を出したり、忙しい日時に出るようにしたりするとよいでしょう。また、主婦の方は、平日昼間もお客さんが多い人気店を選ぶと、お仕事が回ってきやすくなります。

 

3.自由出勤はどこまで自由?OK例とNG例を紹介!

風俗の自由出勤は、お仕事に入るチャンスが多い働き方ですが、一社会人として守るべきラインはあります。お店側の許容範囲を理解しておかなければ、出勤状況によってはオーナーやスタッフからの評価が下がり兼ねません。

以下に風俗における自由出勤のOK例とNG例を記載しているため、ぜひ参考にしてください。

【OK例】

急な出勤 当日連絡をして出勤を希望することはお店側の都合がない限り基本的にOKです。
前日の欠勤連絡 お店の規定にもよりますが、出勤予定日を変えたい場合は、前日までに連絡を入れると、一般的には問題ありません。
3日前のシフト決定 なるべく早めにシフトを出すことが理想ですが、3日前くらいまでに決定できると、お店側とスムーズにやりとりできます。
レア出勤 自分の予定に合わせて変則的なシフトを希望することは、お店側にとってシフトマナーの許容範囲内です。今月は週5、来月は月1など、自由に決められます。

【NG例】

無断欠勤 無断欠勤が続くと、仕事がもらえなくなる可能性が高まります。急な用事ができたとしても、連絡を入れるのが社会人としてのマナーです。
ドタキャン 体調不良は例外ですが、当日にお仕事をキャンセルすると、お店やお客さんに迷惑がかかり、信用を失います。なるべく前日までには電話やSNSで連絡を入れましょう。
無断遅刻 無断欠勤と同じく、遅刻に関してもお客さんを待たせることもあるため、事前の連絡は必須です。また、連絡をしても遅刻があまりにも多いと、徐々にお客さんを紹介してもらえなくなります。

 

まとめ

風俗の自由出勤は、空いた時間を使ってお小遣い稼ぎをしたいと考える女性にとって、大変便利な働き方です。社会人として最低限のマナーさえ守れば、仕事や学業、育児などを優先しながら、続けやすいお仕事と言えます。

「バッグを買うために副業がしたい」「卒業旅行に行くお金を貯めたい」など、自分の目的を効率的に達成できるでしょう。無理なくマイペースにソープやヘルスで風俗バイトがしたいなら、完全自由勤務のお店がおすすめです。

トップへ