西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗には待機保証がある?メリット・デメリットや条件を解説

風俗には待機保証がある?メリット・デメリットや条件を解説

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗業界には、「待機保証」という制度があります。お店の求人広告で「最低◯◯円保証」などと書かれているケースも多く、風俗の仕事に興味がある人は目にしたことがあるのではないでしょうか。待機保証制度は風俗で働く女の子にとって心強い待遇である一方で、保証の仕組みや利用できる条件・相場などを知っておかなければ損してしまう恐れもあります。

この記事では、風俗の待機保証制度の仕組みから、待機保証制度のメリット・デメリット、保証のある風俗で働く方法までを紹介します。

 

1.風俗の待機保証とは何?

風俗の待機保証とは、お客様が取れなかった場合にも、お店が一定の給料を支払ってくれる制度です。

風俗店の多くは、固定給ではなく完全歩合制・出来高制を取っています。そのため、何時間お店で待機しても、接客ができなければその日は給料をもらえません。一方で、待機保証制度を利用すれば、お客様が付きにくい初心者でも最低限の給料が保証されます。

待機保証にはいくつか種類があり、一般的な風俗店で導入されている制度は、主に下記の3つです。

  • 日給保証
    日給保証では、1日に支給される最低限の給料が保証されています。日割り保証とも呼ばれ、ソープランドやファッションヘルスに多く導入されている制度です。
  • 期間保証
    期間保証は、10日や1か月など期間限定で支給金額を保証します。トータル保証とも呼ばれ、採用直後の新人期間や出稼ぎ中など、キャリアが浅い・リピーターが少ない女の子に適用される制度です。
  • 時給保証
    時給保証は、1時間ごとに支給される最低限の給料を保証します。セクキャバ・性感エステなどで導入されており、待機中に指名が取れた場合は給料が上乗せされます。

 

1-1.保証を利用できる条件

風俗の待機保証制度は、女の子にとって魅力的な待遇です。しかし、風俗店に勤める女の子全員が制度を利用できるわけではありません。待機保証を利用するためには、一定のノルマをクリアしなければならないお店も多いため、注意が必要です。

以下では、多くの風俗店で設けられている条件の例を紹介します。

【待機保証制度を利用できる条件の例】

出勤日数・勤務時間
  • 1か月に◯日以上出勤する
  • 1日◯時間以上勤務する
遅刻・欠勤数
  • 遅刻・早退・欠勤を一度もしない
指名数
  • 月に◯本以上の指名を取る
勤務態度
  • 勤務中にさぼっていない
  • 稼ぐために勉強している
情報の発信
  • HPや受付パネルへの顔出しがOKである
  • 1日◯回以上写メ日記を更新する
  • 風俗関係のマスコミに顔出しOK・取材可である

お店によって条件は異なり、上記の条件よりも少ない・多いこともあります。いずれのケースでも、待機保証は「座っているだけで給料が出る」「出勤するだけで給料が出る」制度ではないことを理解しておきましょう。

 

1-2.風俗にある待機保証金額の相場

お店の種類によって、待機保証の金額は大きく異なるものの、種類ごとにある程度の相場が決まっているため、お店を選ぶ際の判断材料の1つとして覚えておくとよいでしょう。

下記は、いくつかの求人サイトから算出した、一般的なデリヘル・ソープランドの保証金額の相場です。

デリヘル 日給1~2万円
ソープランド 日給2~3万円

ただし、お店のランク・人気度合い・女の子のスペックによっても保証金額が異なる場合があります。自分に適用される待機保証金額を知りたい場合は、お店の求人情報をチェックした上で面接時に確認するとよいでしょう。

 

2.保証のある風俗で働くメリット・デメリット

待機保証制度のある風俗店は、風俗初心者やまだ稼ぐ自信のない女の子にとって、とても魅力的です。しかし、待機保証制度にはメリットだけでなくデメリットもあるため、お店を選ぶ際は、両方をしっかりと把握しておきましょう。

ここでは、保証のある風俗で働くメリット・デメリットを解説します。

 

2-1.【メリット1】確実に保証分は稼げる

待機保証制度による1番のメリットは、お客様が付かなくても保証分の給料が確実に稼げることです。特に、初めて風俗で働く初心者や、経験があっても新しいお店に移ったばかりの女の子は、移店してからしばらくの間は指名が取りづらい状況が続く可能性があります。

待機保証が適用されれば、「出勤したのに1円も支払われない」という事態を回避できます。風俗店の待機保証は、一般的なアルバイトの日給と大差がないため、生活に困る心配も少ないでしょう。勤務態度がよければ保証金額を上げてくれたり、保証期間を伸ばしてくれたりするお店もあります。

 

2-2.【メリット2】収入について安心して働ける

最低限の収入が確保されていることで、精神的な余裕を持って働けることもメリットの1つです。お店側は新人を積極的に売り込んでくれますが、女の子自身がお客様に気に入ってもらわなければ指名を得られません。

お客様の多くは「不安そうで切羽詰まった感のある女の子」より「リラックスして余裕がある女の子」を歓迎する傾向にあります。収入に対する安心感はお店に対する信頼感につながり、心に余裕を持ってのびのびと接客できるでしょう。その結果、お客様から指名してもらえる可能性も高まると考えられます。

 

2-3.【デメリット1】バック率が低いことがある

デメリットとして、待機保証制度の対象となると、バック率が下がることがあります。

待機保証制度とは、お客様が1人も付かない、つまり売り上げが0円の日にも給料が支払われる制度です。お店側からすると、儲けのない日の給料を負担することで赤字が発生します。赤字が出た分は、黒字となった日の売り上げから補填することになるため、お店は保証期間中のバック率を低めに設定する傾向です。

そのため、自分自身の人気と実力で保証額以上に稼げる場合は、保証制度のないお店で働いたほうが高収入が期待できます。

 

2-4.【デメリット2】条件をクリアする必要がある

多くのお店では、待機保証制度の適用に条件を設けており、条件を満たしていないと判断された女の子は、保証期間中でも対象から外される可能性があります。

保証制度は基本的に、稼ぐための努力をした上で「運悪く稼げない」「技術や集客力が追い付いていない」女の子をサポートする制度です。しかし、女の子の中には努力をせずに「行くだけでお金がもらえる」と考える人もいます。風俗店も商売である以上、大幅な赤字リスクは防ぐ必要があり、待機保証に関する条件を設けています。

 

3.保証のある風俗で働くには?

待機保証はすべての風俗店に導入されているわけではないため、待機保証を利用しながら働きたい場合は、制度を導入しているお店を選ぶ必要があります。

ここでは、待機保証が導入されていることが多いお店の種類を紹介します。

  • 大手グループ
    大手グループが展開する風俗店は、経営が安定しているため、待機保証を導入している傾向です。他店と比べて保証金額が高く設定されているお店も少なくありません。また、大手グループは、待機保証以外にも女の子へのサポート体制が充実している傾向です。
  • 店舗型風俗
    ソープ・ファッションヘルスなどの店舗型風俗店の経営には、ある程度の資金力が必要です。比較的経営状態が安定しているお店が多いため、待機保証を導入しているケースが多く見られます。ただし、無店舗型風俗店も、人気店であれば待機保証を導入している傾向です。
  • 出稼ぎ受け入れ店
    待機保証は、出稼ぎを希望する人に安心して働いてもらうために考えられ、風俗業界全体に広まった制度です。そのため、出稼ぎの女の子を受け入れているお店の多くは、待機保証を導入しています。

上記のようなお店では、待機保証を導入していることが多いものの、「よりよい条件のお店を選びたい」と考える人も多いでしょう。西川口のソープランド「ファーストクラス・ルビー」では、高水準の月間保証制度を導入しています。稼ぎやすいソープランドを探している人は、ぜひお問い合わせください。

 

まとめ

風俗店には、女の子がお客様を取れなかった場合にもお店が給料を支払ってくれる、待機保証制度があります。制度の適用には条件があったり、バック率が低いケースがあったりするものの、最低限の収入が確保できるため、待機保証制度のあるお店では業界未経験者も安心して働けます。

しかし、すべての風俗店に保証制度が導入されているわけではなく、保証額もお店ごとに異なります。お店の種類や働く地域の相場を把握した上で、よりよい条件のお店を探すことが大切です。

トップへ