西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗での「地雷」対処法|客と嬢に分けて正しい向き合い方を解説

風俗での「地雷」対処法|客と嬢に分けて正しい向き合い方を解説

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗店では、真面目に働く女の子やマナーを守って楽しめるお客さんが多い一方で、お店の評判を落としかねない「地雷嬢」「地雷客」と呼ばれる風俗嬢・男性客もいます。女の子が働きやすく、またお客さんも過ごしやすいお店にするためには、風俗店従業員が地雷客や地雷嬢に適切に対処することが大切です。

当記事では、風俗業界における「地雷」の意味や、地雷が引き起こす可能性のあるトラブル、地雷客・地雷嬢の特徴と対処法、クレームへの適切な対応を解説します。地雷に関するトラブルに上手に対応できる従業員を目指しましょう。

 

1.風俗業界で使われる地雷とは?

風俗業界で働いていると、「地雷」という言葉を見聞きする機会も少なくないでしょう。地雷とは、本来は「地面の下に埋められた爆弾」を指しており、場合によっては「会話などで安易に触れてはならない話題」を意味する言葉です。風俗業界において「地雷」は「地雷客」「地雷嬢」のように使われており、それぞれ次のような意味があります。

■風俗業界における2つの「地雷」

地雷客 入店を断りたいハズレの男性客
地雷嬢 お客さんに嫌な思いをさせる風俗嬢

地雷客や地雷嬢への対応は一筋縄ではいかないものの、放置するとさまざまなトラブルに発展する可能性があります。

たとえば、地雷客を放置した場合、職場環境が悪化してお店に在籍する風俗嬢たちの働く意欲が低下する恐れがあります。女の子のモチベーションの低下は、「真面目に働いてくれていた女の子が退店する」「ほかのお客さんへのサービスの質が低下する」などの事態につながりかねません。

また、地雷嬢を放置するとSNSや掲示板などで悪い口コミ・レビューや誹謗中傷を書かれてしまい、お店の評判や指名・リピート率が低下する可能性があります。お店の売上減少にも影響を及ぼすため、地雷を発見した際には適切に対処し、問題の発生を未然に防ぎましょう。

 

2.地雷客の特徴と対処法

風俗業界における地雷客の共通点として、「悪質な違法行為を行う」「風俗店を利用する上でのルール・マナーに違反している」といった特徴が挙げられます。では、地雷客にはどのようなタイプがいるのでしょうか。

■地雷客の主なタイプ

  • 本番強要や盗撮などの違法行為・禁止行為を犯す
  • お店を介さずに女の子に会う店外デートやプライベートな連絡を要求する
  • 「プレイ前のシャワーを浴びない」「体臭・口臭がきつい」など不潔な印象が強い
  • 女の子の個人情報を聞き出そうと必死に交渉する
  • 女の子への暴力や乱暴なプレイ・行動が見られる
  • クレームを入れて利用料金を値切ろうとする

違法行為や危険行為、違反行為を繰り返す風俗客を放置すれば、女の子の働く意欲だけでなく、心身の安全も脅かされる事態に発展しかねません。地雷客を見つけた際にはスタッフが速やかに対策を講じ、地雷処理をするようにしましょう。

■地雷客に対処する方法

●キャストには「丁寧な言葉で断る」ように指導する

現段階では悪質性が高いわけではない場合、まずはキャストの女の子とお客さんの間で解決するのが好ましいでしょう。キャストはお客さんに対し、丁寧な言葉遣い・物腰の柔らかな態度を心がけることが大切です。地雷客に適切な対応ができるよう、店舗スタッフはキャストに日ごろから指導しましょう。

●毅然とした態度で注意する

キャストが適切に対応しても、悪質な行為やルール違反がしつこく繰り返される場合、キャストとお客さんでの解決は難しいため、スタッフが間に入る必要があります。プレイをいったん中断させてキャストの安全を確保し、お客さんに対して毅然とした態度で注意するようにしましょう。

●出禁にする

キャストへの暴力やストーカー被害、盗撮などの犯罪行為、悪質なマナー違反が発覚した場合、注意や警告だけではキャストの身の安全が脅かされるリスクがあります。悪質性が高い地雷客には「問答無用で出入り禁止にする」「警察に通報する」「被害届を提出する」など、店側がより強い対応を取ることを検討してください。

 

3.地雷嬢の特徴と対処法

風俗店を利用するお客さんが「この子はハズレだ」と感じる原因は複数存在するため、地雷嬢と呼ばれる女の子の特徴・問題点に合わせて対処することが大切です。地雷嬢となるキャストには、主に次のような特徴があります。

■地雷嬢の特徴

  • 「基本サービスを手抜きする」「愛想が悪い」など、接客態度が好ましくない
  • 仕事内容やテクニックがお店の求める水準に達していない
  • 遅刻や当欠を繰り返している

このような地雷嬢に対しては、地雷と言われる理由・原因を解決できるよう個別に対処することが大切です。地雷嬢への対処法を確認し、女の子からもお店からも信頼されるスタッフを目指しましょう。

■地雷嬢に対処する方法

●丁寧に指導する

接客マナー・接客サービスに問題のあるキャストの中には、単に正しい接客方法を知らないだけの女の子も少なくありません。まずは、お店や風俗の世界における仕事のルール、接客の基本マナー・コツを丁寧に指導しましょう。また、キャストによっては一度に多くの内容を説明しても十分に理解できない場合もあります。相手のペースに合わせて指導を重ねるようにしてください。

キャストの指導にあたる際には、上から目線での指導やパワハラと感じられる言動は絶対に行わず、友好的な関係性を築き、優しい態度や言葉遣いで指導するようにしましょう。ほかのキャストを比較の対象とすることも厳禁です。

●改善が見られない場合は退店を考えてもらう

何度も丁寧に指導したにもかかわらず、接客態度や勤務態度に改善が見られない場合、店長やマネージャー・経営者などのお店の上層部に相談することをおすすめします。「シフトを減らす」「退店を考えてもらう」などの手段も視野に入れながら対応を考えましょう。

 

4.「地雷嬢だった!」クレームへの賢い対処法

風俗業界では、お店を利用したお客さんから「地雷嬢だった」などのクレームが寄せられることもめずらしくありません。クレーム対応は簡単な業務ではありませんが、お店のスタッフが適切に対応することで、双方が納得のいく結論に達するケースも多く見られます。クレームへの基本的な対処法を身につけ、上手にクレーム対応を乗り切りましょう。

■クレームへの基本的な対処法

●誠意を見せる

接客マナーが悪いなど、キャスト側やスタッフ側に非がある場合は、誠心誠意の気持ちを込めた対処が求められます。状況を把握するためにも、まずはお客さんの説明にしっかりと耳を傾けましょう。お客さんが怒っている場合、スタッフにクレームを伝えることで気持ちが少しずつ整理され、怒りが収まることもあります。クレームを入れたお客さんには、丁寧な言葉遣いやお客さんに寄り添った態度を心がけることが大切です。特に「不本意」「理不尽」といった感情が声や発言、表情、反応に出ないよう十分に注意しましょう。

●確認してから対処する

誠意を込めた謝罪が必要である正当なクレームも多い一方で、お客さんがキャストやお店に難癖をつけるためにクレームを入れて嫌がらせをする場合も少なくありません。お客さんに非がある可能性も考えられるため、キャスト本人に確認した上で判断するなど、お客さんからの話を鵜呑みにしないように注意しましょう。

●理不尽なクレーマーには毅然と対処する

「本番交渉などルール違反の行為を強要する」「些細なことで怒って誹謗や中傷を繰り返す」といったお客さんには、毅然と対応することが大切です。理不尽なクレーマーに対応する際は、相手の怒りの勢いに巻き込まれないように注意し、感情を交えず事実を淡々と確認しましょう。理不尽な要求を呑んでしまうと、さらに強い要求をしてくるケースもあるため、場合によっては「無理です」「できません」など強く断る姿勢を示すことも重要です。

 

まとめ

風俗業界ではお客さんと風俗嬢の両方に「地雷」が存在し、それぞれ「地雷客」「地雷嬢」と呼ばれています。地雷客も地雷嬢も、放置すると「在籍キャストの心身の安全が脅かされる」「お店の売上が下がる」といった事態を引き起こしかねません。地雷客と地雷嬢の特徴を把握した上で早期に発見し、適切な対処(地雷の除去)を行うことが大切です。

お客さんからの「地雷嬢だった」というクレームに対しては、誠意のある対応を取りながらも、お客さんからの情報だけを鵜呑みにしない慎重さも重要になります。正当な意見の場合には誠心誠意を込めた謝罪を、理不尽なクレームには毅然とした対応を取るなど、適切にクレーム処理を行いましょう。

トップへ