西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > やってはいけない風俗嬢の責め方7選!注意点と喜ばれるコツも

やってはいけない風俗嬢の責め方7選!注意点と喜ばれるコツも

西川口ソープ ファーストクラスルビー 出勤情報

風俗を利用する際、「風俗嬢を気持ちよくさせたい」「持ち前のテクニックで風俗嬢をイかせたい」と思う男性もいるでしょう。プレイの好みは風俗嬢によって個人差がありますが、多くの風俗嬢が嫌う責め方を知ることで、風俗嬢に嫌がられる可能性を低くすることができます。

今回は、風俗嬢に嫌われる責め方や風俗嬢を責める際の注意点、責め方以外で風俗嬢を喜ばせるコツについて解説します。「自分も風俗嬢も満足できるプレイがしたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.やってはいけない!風俗嬢に嫌われる責め方7選

風俗嬢に嫌われる責め方を知らないと、良かれと思って風俗嬢を責めたのにもかかわらず、お店側や風俗嬢からNG客に認定されたり、場合によっては損害金を請求されたりする恐れがあります。

気に入ったお店を利用できなくなる事態に陥らないために、以下の7つの責め方はしないように心がけましょう。

 

1-1.顔舐め・耳舐め

風俗嬢は、手間をかけてメイクや髪型をセットし、接客に臨んでいます。顔舐め・耳舐めによって顔や髪の毛に唾液がついて臭いが残れば、風俗嬢は接客後に顔や髪の毛を洗い流し、メイクや髪型のセットをやり直さなければなりません。特に指名が多い人気の風俗嬢は、プレイごとにメイク直しの時間が取れないこともあり、顔舐め・耳舐めをされると次の接客に支障が出てしまいます。

また、強い口臭を嫌う風俗嬢も多いことも、顔舐め・耳舐めを避けるべき理由の1つです。顔舐め・耳舐めをしない場合でも、風俗を利用するときは口臭対策も行うことをおすすめします。

 

1-2.ガシマン

ガシマンとは、「ガシガシと女性器を手マンして愛撫する行為」のことです。AV女優がガシマンされて気持ちよさそうに喘いでいるAV作品はフィクションであり、現実で風俗嬢がガシマンされると気持ちよくないばかりか痛みを伴います。

場合によっては、女性器が炎症を起こしたり、激しい指入れが原因で膣が傷ついて出血したりすることもあります。風俗嬢は身体が資本となるため、身体にダメージを与える行為は控えるようにしてください。

 

1-3.ハードな乳首責め

乳首は女性にとって敏感な性感帯の1つであり、舐めたり触ったりすることで快感を与えることができます。しかし、女性器と同じく乳首もデリケートな部分です。乳首を激しく愛撫するとすぐに荒れて、風俗嬢は痛みを感じてしまいます。強い力で乳首をつまんだり噛んだりすることで、赤く腫れるだけでなく、乳首から出血する場合もあります。

風俗嬢に感じてほしいときは、乳首を優しく愛撫するようにしましょう。

 

1-4.イラマチオ

イラマチオとは、「女性に男性器(ペニス)を咥えさせ、男性主導で喉奥まで突き刺さるように男性器を出し入れする行為」のことです。亀頭で喉奥を刺激されることによる吐き気や酸欠など、イラマチオは女性に身体的苦痛をもたらします。

オプションサービスで対応している場合や、イラマチオを売りにしている場合であれば、イラマチオは可能です。しかし、オプションなどで対応していないお店の風俗嬢にイラマチオを行えばNG客となる可能性が高いため、注意してください。

 

1-5.言葉責め

プレイが盛り上がって気分が高揚すると、つい羞恥心を煽るような言葉責めをしたくなるS気質な男性もいるでしょう。恋人同士であれば、恥ずかしい言葉を言われてドキドキする女性は一定数います。しかし、仕事と割り切ってプレイに臨んでいる風俗嬢が、客の男性に言葉責めをされてドキドキする可能性は低いです。

「もっと俺の目を見て」「〇〇はエッチな子だね」といった恋人に向けるような言葉責めをすると、風俗嬢は心の中で引いてしまいます。「恋人プレイ」といったシチュエーションでない限り、言葉責めは控えるほうがよいでしょう。

 

1-6.服・下着のまま愛撫

プレイ中にある程度汚れることは想定していても、「私物をお客さんに汚されたくない」と思う風俗嬢は多いです。特に、下着の上から愛撫されることで唾液や愛液で下着が汚れるため、嫌がる風俗嬢は少なくありません。乱雑に扱われると、服や下着の生地も傷みます。

「服や下着を着けたままのほうが興奮する」という人は、オプションサービスで服や下着を汚してもOKとするお店や、衣装を持ち込めるお店を利用しましょう。着衣のままプレイしたい場合は、事前にお店へ問い合わせて対応の可否を確認することをおすすめします。

 

1-7.押さえつけて拘束

風俗嬢にとってお客さんは見ず知らずの男性です。よく知らない相手にのしかかられ、手足を押さえられて身動きが取れない状態になれば、風俗嬢は恐怖を覚えます。風俗嬢に恐怖心を与える行動をすれば、NG客と認定されてしまう場合があります。

そのため、SMプレイといった特殊な状況でない限り、風俗嬢の身動きを封じる行為は控えましょう。お金を払っているからといって、風俗嬢に暴力を振るったり本番行為を強要したりすることは言語道断です。

 

2.風俗嬢を責める際に押さえておきたい3つの注意点

「お金を払っていれば好きに遊んでも問題ない」と思う男性もいるでしょう。しかし、風俗嬢はひとりの女性です。思いやりのない言動をすれば、高確率で風俗嬢に嫌われてしまいます。プレイで風俗嬢を責めたいときは、次の3点に注意してください。

・顔・髪・衣類に体液をつけない

前述したとおり、顔・髪の毛・衣類に唾液などをつける行為は風俗嬢にとって迷惑となります。

・優しく丁寧に扱う

風俗嬢の大事な身体を傷つけないよう、責めるときは優しく丁寧に触れることが基本です。

・AVを参考にしない

AVを見てセックスの知識や方法を学んでいる男性がいますが、AVには男性が興奮するよう過激な演出と演技が盛り込まれています。そのため、現実のプレイでAVを参考にすることは避けてください。

また、風俗嬢によっても責め方の好みは分かれます。風俗嬢を責めて気持ちよくさせたいときは、どのような責め方が好きなのか風俗嬢に聞く方法が確実です。自分の考えに固執せず、風俗嬢の意見を聞きながら一緒に気持ちよくなろうとする姿勢でプレイに臨みましょう。

 

3.責め方以外にも!風俗嬢を喜ばせる3つのコツ

仕事とはいえ、好きな人と嫌いな人で接し方に差が出る人もいるのではないでしょうか。それは風俗嬢も例外ではなく、好感の持てる良客には質の高いサービスをしてくれます。風俗嬢を喜ばせたい人は、以下の3つのコツを押さえてみてください。

・身だしなみを清潔に整えてから来店する

風俗を利用するときは、シワや汚れのない服を着て、口臭や体臭ケアを行いましょう。意外と見落としがちなポイントが爪のケアです。風俗嬢のデリケートな部分に触れるため、爪は短く切って清潔な状態にしてください。また、風俗嬢に香りが移って次の接客に影響する可能性もあるため、香水は使わないことをおすすめします。

・リードするならがっつかない

風俗嬢に会った瞬間から身体をしつこく触ったり、プレイ時間に見合わない多くの要望に応えてもらおうとしたりすると、風俗嬢からの好感度は下がります。プレイでリードしたい場合は、風俗嬢の嫌がることをしていないか確認し、思いやりをもって風俗嬢に接しましょう。

・思いやりをもってコミュニケーションを取る

風俗嬢に良い印象を与える男性は「風俗嬢を見下さず一緒にプレイを楽しむパートナーとして接する人」です。ひとりの女性として風俗嬢と接する気持ちがあれば、思いやりのあるコミュニケーションは自然と生まれます。マナーを守り、余裕をもって楽しむ心構えが男性には必要です。

風俗嬢が痛みを感じないよう責めることだけが、風俗嬢に好かれるコツではありません。風俗の利用当日は身だしなみを整えて清潔感のある服装で来店し、節度とマナーのある対応をもってプレイを楽しみましょう。

 

まとめ

風俗嬢に嫌われる責め方は、風俗嬢が「痛い」「怖い」「不快」と感じる言動です。自分では良かれと思っていても、風俗嬢が不快に感じる責め方は避けましょう。特に、AVによくある激しい愛撫は、風俗嬢が嫌がる責め方の1つです。「お金を払っているから何をしてもよい」わけではないため、風俗嬢の営業を妨げる責め方は控えてください。

風俗嬢を喜ばせるためには、清潔感のある身だしなみに整えた上で、余裕と思いやりをもって対応することが大切です。一緒にプレイを楽しむパートナーとして接し、風俗嬢と濃密な時間を過ごしましょう。

トップへ