西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗で働く男性スタッフの採用基準は?重視されるポイントや面接対策も

風俗で働く男性スタッフの採用基準は?重視されるポイントや面接対策も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

男性向け高収入ワークとして風俗店の男性スタッフは人気があります。求人も数多く出されており、学歴・職歴・年齢を一切問わない求人がほとんどを占める状態です。しかし、希望すれば誰でも採用されるというわけではなく、採用される人・採用されない人には特徴があります。

この記事では、風俗店で働く男性スタッフの採用基準について、重視される資質・必要な資格などを紹介します。面接対策方法や注意点にも触れるため、ぜひ参考にしてください。

 

1.【風俗男性スタッフの採用基準】お店が重視する男性スタッフの資質とは?

風俗業界の男性スタッフは人手不足の傾向にあり、数多くの求人が出されています。そのため、応募すれば採用されることはたやすいと考える人も多いでしょう。しかし、実際は採用される男性とされない男性が存在します。

ここでは、お店側が採用時に重視する風俗男性スタッフの資質を3つ紹介します。

 

1-1.コミュニケーション能力

風俗はサービス業であり、お客さんへの接客はもちろん、キャストの女の子・他の店舗スタッフなどとやり取りしながら仕事を進めることが求められます。

挨拶や報・連・相など基本的なビジネスコミュニケーションだけでなく、いつもキャストや他のスタッフに注意を配り、必要な対応を臨機応変に行うことも重要です。

特に、キャストとのやり取りを円滑に進められるかどうかは重視されています。どのキャストに対しても分け隔てなく接し、下心を持たずに適切なフォローを行える人材は重宝されるでしょう。

 

1-2.熱意

風俗業界で働きたいという「熱意」も評価されます。熱意のベクトルは、必ずしも業界や仕事内容に向いていなくて構いません。

「10年以内に戸建住宅を買うためにお金を貯めたい」「家族を養うために安定的で収入の高い仕事をしたい」など、高収入ワークならではの目標を持っている人も印象がよいと言われています。

これまでどのようなことに取り組んできたか、転職を機に自分自身はどのように変わりたいかなど、熱意のありかたを明確に説明できるとよいでしょう。

 

1-3.責任感

風俗業界は人の入れ替わりが激しいというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし「合わなければ辞めればいい」「自分がしっかり仕事しなくてもいつか誰かがやるだろう」などと楽観的な気持ちで求人に応募・勤務することは望ましくありません。

お店側は採用にコストをかけている分、新しく採用したスタッフにも長く働いてもらいたいと考えています。「与えられた仕事に責任感を持って向き合えるかどうか」「失敗を周囲のせいにせず反省して次に生かせるかどうか」なども風俗スタッフに求められる資質です。

 

2.【風俗男性スタッフの採用基準】年齢・学歴・職歴・資格は本当に不問?

風像業界は実力社会であり、一般企業で重視されるような年齢や職歴などは重視されません。さらに、一般的には高ステータスと認識されている項目が、風俗業界ではマイナスに働くこともあります。

たとえば、学歴や職歴が立派であっても、風俗の仕事を甘く見ている人は採用しても仕事が続かないと考えられます。また、一般的な転職市場では若い人スタッフが求められる傾向ですが、風俗業界では責任感のない若者より、社会経験や家庭がある40代以上の男性が活躍できる場面も多いと言われています。

風俗の仕事を軽く見る人は採用担当者に敬遠される傾向にあるため、風俗業界を選んだ理由や、どのように働きたいかなどを真摯に伝える努力が必要です。

 

2-1.業界未経験の男性も採用される?

業界未経験から風俗業界に転職し活躍する人も多く存在します。しかし業界未経験の場合、どのようなことをアピールするとよいか悩むのではないでしょうか。

最も重要なポイントは熱意を伝えることです。また、次のような経験・スキル・免許がある場合は、積極的に伝えるとよいでしょう。

  • 飲食店・パチンコ店・ホテルにおける接客経験
  • 管理職・店長経験
  • PC・WEB関連のスキル
  • 普通自動車運転免許

上記の経験・スキル・免許は、風俗スタッフとして働く中で生かせるため、未経験でも採用される可能性が高まります。なお、普通自動車運転免許を持つ人は、送迎ドライバースタッフとしても活躍できるでしょう。

 

3.風俗店で採用されたい男性は必見!3つの面接対策方法

風俗男性スタッフの求人に応募すると、一般企業と同じように面接が行われます。「普段どおりでOK」「特に準備は必要ない」と言われても、全く準備をせずに行くと仕事を軽く見ていると捉えられかねません。しっかり対策をした上で、面接に臨みましょう。

ここでは、風俗男性スタッフの面接対策方法を解説します。

 

3-1.身だしなみはきちんと整える

風俗店の面接には、指示がない限りスーツを着用して行きましょう。「少し派手なほうが風俗スタッフらしくていいのではないか」と考える人もいるかもしれませんが、きちんとした服装のほうが第一印象がよくなります。

なお、ただスーツを着ればよいというわけではなく、清潔感にも気を配る必要があります。シワやシミがないかしっかりチェックし、靴は磨いておきましょう。また、髪型・髭なども不潔な印象を与えないよう整えてください。

風俗の男性スタッフはキャストの女の子と接する機会も多いため、女の子ウケのよい清潔感のある男性のほうが採用されやすいでしょう。

 

3-2.話し方・マナーをわきまえる

挨拶や敬語など一般的な会話のマナーは心得ておきましょう。上から目線の発言・態度はNGですが、過度にへりくだる必要はありません。面接官と対等な立場であることを意識して、丁寧な態度で受け答えすることが大切です。

なお、業界の雰囲気やスタッフの外見などにより「風俗男性スタッフはチャラそう」「言葉遣いはきちんとしてなくても大丈夫そう」というイメージを持たれる傾向です。しかし風俗業界では一般常識を備えた「普通の人」が求められています。

面接では、お客さんに失礼な態度を取らないかという点を含め、真面目さ・コミュニケーション能力を見られていることを意識しましょう。

 

3-3.質疑応答の質問は事前に準備しておく

面接の最後に、面接官から「なにか質問はありませんか」と尋ねられ、質疑応答が始まります。質疑応答では、「採用後の流れ」「給与・福利厚生などの待遇」「用意しておくもの」などについて質問することがおすすめです。

多くのお店では、求人情報どおりの条件で働くことができますが、中には変更があったにもかかわらず求人情報に反映されていないというケースもあります。念のため、「給与・待遇などは求人サイトに掲載されていた情報から変わっていませんか」などと確認するとよいでしょう。

 

4.面接以外も注意!風俗店で採用されない男性の特徴

面接対策をしっかり行ったにもかかわらず、不採用となるケースもあります。もちろん、「募集定員に達した」「応募者が希望するポジションに空きがない」など、努力では解決できない原因もあるでしょう。

しかし、手応えを感じたにもかかわらず不採用となった場合や、何度も不採用となる場合は、自身に次のような点がないか確認してください。

  • 時間にルーズである
  • 応募時のマナーが悪い
  • 風俗業界を甘く見ている

一般的なマナーとして遅刻がNGであるだけでなく、時間にシビアな風俗業界では時間にルーズな人は敬遠されます。また、応募時における電話の受け答えや、電話をかける時間帯なども重要です。お店が忙しくない開店直後などの時間帯を狙い、簡潔で丁寧な電話を心がけましょう。

また、心の中で風俗業界を甘く見ている人も要注意です。上から目線の思考やネガティブな思考は、いくら気をつけていても些細な言動に現れます。前向きな気持ちで応募できるように、業界調査を行う他、過去の仕事や経歴へのこだわりを捨てる努力をしましょう。

 

まとめ

風俗店の男性スタッフ求人は多く、業界では人手不足が起きています。しかし、応募したすべての人が採用されるわけではなく、採用される人と不採用となる人には差があります。

風俗男性スタッフは「コミュニケーション能力」「熱意」「責任感」などの資質が求められ、風俗業界を甘く見ている人はすぐに面接官から見抜かれ、不採用となります。

面接では、身だしなみ・話し方・マナーに気を配り、質疑応答により希望条件のすり合わせを行いましょう。場当たり的に面接に臨まず、事前にきちんと準備をしておくことが大切です。

トップへ