西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗男性は労働時間が長くなる?労働基準法に関する詳細も

風俗男性は労働時間が長くなる?労働基準法に関する詳細も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗業界で働くことに不安を抱く男性は、決して少なくありません。男性が不安を抱く原因として、労働環境に対する不安が挙げられるでしょう。深夜帯に働くことが多い上、労働時間が長いケースも珍しくありません。

では、実際に風俗業界で働く男性スタッフの労働時間や労働環境はどうなっているのでしょうか。

当記事では、風俗業界が「ブラック」と言われやすい理由と、風俗で働く男性の労働環境を解説します。業務別の労働時間やシフトの傾向も紹介するため、風俗業界の仕事に興味がある男性はぜひ参考にしてください。

 

1.風俗業界が「ブラック」と言われやすい理由

高収入が得やすい職業として知られる風俗業界は、同時に「ブラックな業界」と言われることがあります。風俗業界がブラックと言われやすい理由は、主に以下の2つです。

・人手不足の状態が続いているため

風俗業界は慢性的な人手不足の状態です。中にはスタッフの数が足りないまま無理に営業を続け、残業や休日出勤が常態化しているお店もあります。

人を使い潰すような経営をするお店はスタッフの離職率が高くなるため、お店の質が下がったり、評判が悪くなったりします。悪い評判が増えると客離れが激しくなるため、お店の経営が長く続かないことも考えられるでしょう。

・「裏社会とのつながりがある」と考えられているため

映画などの影響で、「風俗業界は裏社会とのつながりがある」と勘違いする人がいます。しかし、風営法などが整備されている中、法令を遵守しない風俗店は即摘発の対象となる上、広告すらまともに打てません。コンプライアンスに敏感なお店が増えており、現在では裏社会とつながっている風俗店はほとんどないと言えます。

 

2.風俗で働く男性の労働時間は長い?休日の取りやすさも

風俗業界における男性の労働時間の目安は、1日当たり8~11時間程度(休憩時間含む)です。

風俗業は「夜の仕事」と称される通り、一般的な仕事の勤務が終わる夕方以降の営業が基本です。しかし、ファッションヘルスやソープといった店舗型の風俗店の場合、深夜0時~午前6時までの営業は認められません。法律で時間が制限されないデリヘルなどは24時間営業するお店があるものの、どちらも基本的には2交替制もしくは3交替制で勤務を担当します。

以前は、開店から閉店までワンオペ状態で勤務させるなど、労働環境の悪いお店がありました。しかし、働き方改革の推進は風俗業界にも大きな影響を及ぼしており、現在では意識的に働きやすい環境づくりを進めるお店が増えています。

 

2-1.残業時間は減少傾向にある

国は、あらゆる業種に共通の法律として労働基準法を定めています。労働基準法では、使用者が労働者を働かせてよい時間は「1日8時間・1週40時間まで」を限度としており、この決まりは風俗業界も例外ではありません。

出典:厚生労働省「労働時間・休日」

風俗で働く男性の労働時間は8~11時間が目安であり、数字だけを見ると法令に反しているように見えますが、この時間には休憩時間も含まれているケースが大半です。また、1日の労働時間が8時間を超える場合でも、1週間のトータルで見ると40時間以内に収まることがあります。

風俗はサービス業である以上、多少の残業が発生する可能性は否定できません。しかし、労働基準法の改正で時間外労働の上限規制が導入されたことにより、残業時間が⽉45時間・年360時間を超えると罰則が科されるようになりました。スタッフの時間管理を厳しく行うお店が増え、全体的に残業時間が減りつつあると言えるでしょう。

出典:厚⽣労働省「時間外労働の上限規制」

 

2-2.週休2日制を採用するお店が増えている

風俗業界で働く男性の休日パターンは、下記の4つに分けられます。

  • 週休1日制
  • 週休2日制(週休2日が月に1週以上ある)
  • 隔週休2日制(週休1日と週休2日が交互になる)
  • 完全週休2日制

以前の風俗業界では週休1日制が主流だったこともあり、現在も週休1日制を採用しているお店が少なからず存在します。しかし、法律が厳しくなったことや、休日が少ない求人には募集が集まりにくいことを受け、現在では週休2日制や隔週休2日制を採用するお店が増加傾向です。

中には完全週休2日制を取り入れるお店や、週休以外に長期・有休休暇を整備するお店も珍しくありません。

 

2-3.土日祝日に休むことは難しい

風俗の仕事は接客業であり、土日祝日や年末年始といった大型連休の時期は書き入れ時に当たります。そのため、風俗店で働く人は、カレンダー通りの休みを取ることはできないと考えたほうがよいでしょう。

しかし、まったく連休が取れないわけではありません。風俗業界では、大型連休が終了して一般企業の仕事が再開すると、一時的にお客さんが減少する傾向が見られます。お店に余裕ができる時期を見計らえば、連休を取ることや有休を使うことは難しくありません。

 

3.【業務別】風俗で働く男性の労働時間・シフトの傾向

「風俗で働く男性」と一口に言っても、実際に就く業務はさまざまあり、それぞれの業務によって労働時間やシフトの傾向が異なります。風俗業界で働く際には、収入以外にも自分自身がどのような働き方をしたいかによって、業務を選ぶことがポイントです。

ここでは、風俗で働く男性の労働時間やシフトの傾向に関して、4つの業務別に解説します。

 

3-1.店長・幹部候補

店長・幹部候補として働く男性の労働時間は8~10時間程度となっており、早番・中番・遅番の3交替制が主流です。休日は週休2日制・隔週休2日制・完全週休2日制などお店によって異なるものの、連休や有休を取れる傾向にあります。また、長期休暇や夏季・冬季休暇が取得可能なお店も珍しくありません。

しかし、店長・幹部候補は店舗全体の責任者となるため、お店に関する何らかの問題が発生した場合には残業が発生しやすくなります。また、他店舗との打ち合わせや会議に出席するなど、店舗外での業務があることも覚えておきましょう。

 

3-2.店舗スタッフ

店舗スタッフとして働く男性の労働時間は8~12時間程度、早番・遅番の2交替制か早番・中番・遅番の3交替制が基本です。休日のパターンは週休1日~完全週休2日制まで幅広く、お店によっては希望する働き方を優先してもらえることがあります。連休や有給、長期休暇などの待遇も比較的整備されている傾向です。

なお、キャバクラならホール対応、デリヘルなら電話対応がメインというように、店舗スタッフの仕事はお店の業種によって大きく異なることを考慮しましょう。

 

3-3.送迎ドライバー

送迎ドライバーとして働く男性の労働時間は、2~12時間と幅広いことが特徴です。勤務体制は、シフト制の他に短時間勤務や自由出勤を認めるお店があります。休日も希望通り取れる傾向にあり、週何日出勤という縛りはほとんどありません。

店舗型で働く場合の業務は、お店の営業終了後にキャストを送るだけで終わるため、2時間程度の実働となります。デリヘルなどのドライバーは指名が入るたびにキャストの送迎を行うことから、長時間の勤務が喜ばれる傾向です。

 

3-4.事務・経理スタッフ

送迎ドライバーとして働く男性の労働時間は、2~12時間と幅広いことが特徴です。勤務体制は、シフト制の他に短時間勤務や自由出勤を認めるお店があります。休日も希望通り取れる傾向にあり、週何日出勤という縛りはほとんどありません。

店舗型で働く場合の業務は、お店の営業終了後にキャストを送るだけで終わるため、2時間程度の実働となります。デリヘルなどのドライバーは指名が入るたびにキャストの送迎を行うことから、長時間の勤務が喜ばれる傾向です。

 

まとめ

かつては、風俗業界で働く男性の長時間労働は当たり前でした。しかし、働き方改革の推進と労働基準法の改正にともなって、残業時間の減少や取得できる休日の増加など、労働環境が大幅に改善されています。働く店舗の営業時間や業務によって異なるものの、トータルで見れば一般企業と大差のない労働時間で働けるお店は珍しくありません。

裏社会とのつながりも現在はほとんどなく、安心して勤務できます。働く風俗店を探す際は求人情報の募集要項をしっかりと確認し、納得できる労働条件の職場を選びましょう。

トップへ