西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗のパネル写真とは?重要性・魅力を引き出すコツも!

風俗のパネル写真とは?重要性・魅力を引き出すコツも!

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

パネル写真は、風俗嬢の魅力を伝えるために、風俗店の公式サイト・受付に掲載される写真です。働き始めたばかりの風俗嬢のなかには、「パネル写真の基礎知識を理解しておきたい」という人もいるでしょう。パネル写真は多くのお客さんが目する写真であるため、綺麗に撮影することが大切です。

この記事では、パネル写真の基礎知識や重要な理由・パネル写真を撮影するコツを紹介します。また、風俗店によっては自費でパネル写真を用意する場合もあるため、フォトスタジオに撮影を依頼した際の料金相場も解説します。

 

1.風俗におけるパネル写真とは?

パネル写真とは、風俗店の公式サイト・受付に掲載するプロフィール写真のことです。人気の風俗嬢になると、風俗専門の雑誌にパネル写真が掲載されるケースもあります。

風俗店の公式サイトには、風俗嬢ごとにプロフィールページが開設され、1人あたり3~5枚程度のパネル写真を掲載します。なお、海外では風俗嬢を実際に見てから指名できるため、パネル写真を掲載している風俗店はほとんどありません。

 

1-1.パネル写真が重要な理由

風俗店に訪れるお客さんは、風俗店の公式サイト・受付に掲載されているパネル写真をもとに、指名する風俗嬢を選びます。風俗嬢の指名数が伸び悩んでいる場合、スタッフがお客さんにセールストークで勧めることもありますが、微妙なパネル写真では指名されません。

そのため、「写りが悪いパネル写真」「魅力をアピールできていないパネル写真」をプロフィールページ・受付に掲載すると、指名を獲得しにくくなります。

また、パネル写真は定期的に撮影し直すことが大切です。たとえば、ヘアスタイルをロングヘアからショートヘアに、茶髪から金髪に変えたなど、大幅にイメージチェンジをした際はパネル写真を取り直しましょう。

パネル写真と実際の見た目がかけ離れている場合は、お客さんから「チェンジ」をお願いされる恐れがあります。チェンジをお願いされると、仕事に対するモチベーションが下がってしまうため、定期的にパネル写真は撮影し直しましょう。

 

1-2.パネル写真を加工する目的

パネル写真には口元にボカシを入れたり、タトゥーやほくろを消したりするなど、何らかの加工をします。パネル写真を加工する理由は、「身バレ防止」と「風俗嬢を可愛く見せる」ためです。

風俗店の公式サイトのパネル写真は、18歳以上の人であれば誰でも閲覧できます。そのため、顔全体が写っていたり特徴的なほくろなどが無修正のままだったりすると、パネル写真を見た知人に顔バレする恐れがあります。

また、風俗嬢として働く女性は、芸能人・モデルのような美人ばかりではありません。風俗嬢の魅力を強調するために、風俗店ではパネル写真を加工します。基本的に、加工をしていないパネル写真を掲載している風俗店はありません。

 

2.魅力を引き出すパネル写真を撮影するコツ

ウエストを細く見せたり、目元を大きくしたりするなど、パネル写真は加工することが可能です。しかし、お客さんはパネル写真が加工されていることを踏まえて、指名する風俗嬢を決めます。

そのため、加工では引き出せない魅力をアピールできる、パネル写真を撮影することが大切です。以下では、魅力を引き出すパネル写真を撮影するコツを4つ紹介します。

 

2-1.清潔感のあるヘアセットにする

男性は黒髪・茶髪などの髪色を好みます。ヘアスタイルは男性によって異なるものの、ロングヘアであればストレートもしくは緩い巻き髪、ショートヘアであればショートボブが好まれます。なお、ロングヘアの場合は、風俗店のコンセプトに合わせてツインテールやポニーテールにすると男性ウケがよくなる傾向です。

髪は紫外線の影響により、気づかない間に傷みます。そのため、撮影前日までにトリートメントをすることがおすすめです。また、染めている髪の根元がプリンになっている女性、男性にだらしない印象を与えるため、リタッチカラーをしましょう。

 

2-2.普段より濃いメイクにする

パネル写真を撮影する際は、普段より濃いメイクをしましょう。撮影時はライトを強く当てるため、薄いメイクだと顔色が悪く写る可能性があります。特に、眉毛・目元・鼻筋・唇は濃いメイクにすることが大切です。

【パーツ別】メイクのコツ

  • 眉毛:ペンシルで輪郭を描き、アイブロウパウダー・眉マスカラを濃く塗る
  • 目元:アイラインを引いたり、カラーコンタクトを入れたりする
  • 鼻筋:ノーズシャドウを濃く入れる
  • 唇:口紅とグロスを併せて使う

眉毛のメイクが薄いと、白飛びの影響で眉毛がなくなる恐れがあります。グロスは発色が弱いため、口紅をベースに塗ることが大切です。

風俗店のコンセプトによりますが、キャバ嬢のようなメイクは男性から好まれません。清楚なメイクを濃くする意識を持ちましょう。

 

2-3.自分がアピールできるパーツを強調する

パネル写真は、胸・お尻・脚など、自分がアピールできるパーツを強調することも重要です。お客さんは風俗嬢の顔を見た次に、スタイルに目を向けるため、パーツが際立ったパネル写真があると、より指名を得やすくなります。

「自信があるパーツがない」という風俗嬢は、撮影の仕方を工夫しましょう。たとえば、脚であれば角度や加工によって、太く見える脚を美脚に見せることができます。胸を大きく見せたい場合は、背筋を伸ばしたり、パット入りのブラジャーを選んだりすることが有効です。

ただし、過度にスタイルなどを加工すると、お客さんに「パネマジ」といわれる恐れがあるため注意してください。

 

2-4.お店のコンセプトに合った服装・下着を選ぶ

パネル写真を撮影するうえで、お店のコンセプトに合った服装・下着を選ぶことは欠かせません。たとえば、学生系・OL系の風俗であれば、制服・スーツなどの服装がおすすめです。素人系・人妻系であれば、ワンピースが男性から好まれます。スキニーやTシャツはラフ感が出るため、極力控えましょう。

下着は、清楚系やロリ系の風俗店であれば白やパステルカラーの下着、綺麗系・熟女系の風俗店では黒や赤などの下着がよいでしょう。

下着のサイズ感が合っていない場合は、だらしない印象に見えるため、ぴったりの下着に買い替えましょう。自分に合った下着のサイズがわからない人は、ランジェリーショップでサイズを測定してもらうことをおすすめします。

 

3.自分でパネル写真を準備する場合の料金相場

風俗店によっては、パネル写真を自分で準備するケースがあります。自分でパネル写真を準備する場合は、基本的に自費です。パネル写真の撮影は、素人のカメラマンもしくはフォトスタジオに依頼することになります。綺麗なパネル写真を準備したい人は、お金はかかりますがフォトスタジオに依頼しましょう。

フォトスタジオでは、〇時間〇円といった料金体系が採用されています。料金相場は1万~2.5万円程度であり、フォトスタジオによっては「ヘアチェンジ」「追加カット」「背景チェンジ」をオプションで用意している場合があります。いずれも、1,000~2,000円程度で利用可能です。

撮影時間・カット数が同じでもフォトスタジオごとに料金は異なるため、パネル写真を撮影する際は各エリアにあるフォトスタジオの料金体系を比較しましょう。

 

まとめ

パネル写真は、風俗店の公式サイト・受付に掲載する写真のことです。指名数に大きく関わるため、自分の魅力が詰まったパネル写真を準備することが大切です。パネル写真には加工が施されることが一般的であり、「身バレ防止」「風俗嬢を可愛く見せる」などの目的があります。

魅力を引き出すパネル写真を撮影するためには、男性ウケしやすい「髪型」「メイク」を意識することが大切です。また、濃いメイクをしたり、風俗店のコンセプトに合った服装・下着を着用したりすることも、パネル写真を撮影する際のコツとして挙げられます。紹介したコツを活かし、綺麗なパネル写真を撮影しましょう。

トップへ