西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗嬢必見!客に本名を聞かれたときの対処法・偽名を使う時の注意点

風俗嬢必見!客に本名を聞かれたときの対処法・偽名を使う時の注意点

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

サービスのために源氏名を使って働いているにもかかわらず、しつこく本名を聞いてくる男性客に困っている風俗嬢は数多くいます。本名を教えると身バレなどトラブルの原因になる可能性もあるため、できれば本名は教えずに働きたいものです。

そこで今回は、男性客に本名を聞かれたときの対処法を紹介します。また、本名として偽名を名乗るときの注意点についても解説しているため、男性客に本名を教えたくない風俗嬢は、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗嬢の本名を知りたがる男性客の心理

男性客が風俗嬢の本名を知りたがる理由は、主に「風俗嬢との距離を縮めたい」ためです。

男性客は、風俗嬢に本名を教えてもらえると、他の男性客と比較して「本当に風俗嬢と仲良くなった」という特別感をもちます。風俗でのプレイを「疑似恋愛」と割り切れず、風俗嬢とプライベートでも仲良くなったり、恋愛関係になったりできると信じている人も少なくありません。

なかには、風俗嬢の本名を知ることで、より本物の恋人のようなプレイが楽しめると思っている人もいます。禁止されている本番行為や店外デート、交際が目的の男性客もいるため、しつこく本名を知りたがる男性客には注意が必要です。

 

2.風俗嬢が男性客に本名を教えるメリット・デメリット

風俗嬢が安易に本名を教えることは、とても危険なことです。本名を教えた風俗嬢自身にデメリットがあるだけではなく、男性客から「〇〇ちゃんは本名を教えてくれたのに」と言われるなど、他の風俗嬢にも迷惑がかかります。

男性客に本名を教える前に、まずは本名を教えるメリット・デメリットについてよく検討しましょう。

風俗嬢が男性客に本名を教えるメリットとデメリットは、以下の通りです。

 

2-1.本名を教えるメリット

風俗嬢が男性客に本名を教えるメリットは「指名をもらいやすくなる」ことです。

男性客は本名を知った風俗嬢に対し、よりいっそう特別な感情を抱くため、指名をもらいやすくなります。指名が増えることで売上アップにつながり、お店からの評価もよくなるでしょう。

 

2-2.本名を教えるデメリット

風俗嬢が男性客に本名を教えるデメリットは複数あります。風俗嬢が男性客に本名を教えることで、以下のリスクが発生する可能性があることを理解しておきましょう。

〇個人情報が特定される可能性がある

本名を教えることによって、SNSのアカウントや卒業校、住所など、個人情報が特定される可能性があります。一つのSNSのアカウントからでも、ユーザーデータや投稿写真、文章などから数多くの個人情報が芋づる式にわかってしまうため、注意が必要です。

〇ストーカー行為に発展するケースがある

個人情報が特定された結果、自宅の最寄り駅やお気に入りのカフェで待ち伏せされるなど、ストーカー行為に発展するケースがあります。自身のプライベートや安全を守りたい風俗嬢は、男性客に本名を教えないことが大切です。

 

3.男性客に本名を聞かれたときの対処法3選

なかには何度も本名を聞いてくる男性客もおり、しつこく感じることもあるでしょう。とはいえ、無下に断ってしまっては男性客の機嫌を損ね、今後の売上に繋がらなくなってしまいます。いざというときのために、うまく断るテクニックを覚えておきましょう。

男性客に本名を聞かれたときの対処法としては、以下の3つが挙げられます。

 

3-1.お店のルールを理由に断る

男性客に本名を聞かれたときは、「風俗嬢の判断ではなく、お店のルールで誰にも教えてはいけないと決まっている」と断る方法がおすすめです。お店のルールが理由であれば、男性客も納得しやすく、角が立ちません。

なかには「お店には内緒にするから」としつこく本名を知りたがる男性客もいますが、「お店のルールに違反すると、働けなくなってしまう」などと伝え断りましょう。

 

3-2.常連客のみに教える

何度も指名や予約をしていて信用できる、「常連客」にのみ本名を教えることも一つの方法です。常連客との間に信頼関係が築けていれば、ストーカーに発展するリスクも最小限となるでしょう。

ただし、今まで優良な常連客だった男性客が、本名を知ったことによって「風俗嬢と男性客」以上に親交が深まったと誤解するケースもあります。本名に加えてメールアドレスや電話番号を聞かれることもあり、さらなる面倒事に発展する可能性も少なくありません。

「本名を教えても問題のない常連客」なのか「本名を教えたら危険な常連客」なのか、しっかりと見極める必要があります。

 

3-3.偽名を教える

男性客の「風俗嬢の本名を知りたい」という欲求を満たしつつ、風俗嬢が本名を教えずに済む方法が「偽名」です。お店で使う源氏名とは別に、あらかじめ本名として偽名を用意しておくことで、男性客の「本名教えて」という質問にスムーズに対応できます。

なお、偽名はすぐに答えられるように、あらかじめ漢字までイメージしておきましょう。本名を知った男性客はプレイ中に偽名を呼んでくることがあります。男性客に偽名を教えた場合は、偽名を呼ばれたときに自然に返事ができるように意識しておくことが大切です。

 

4.風俗嬢が偽名を使うときの注意点3つ

最後は、風俗嬢が男性客に偽名を教えるときに注意するべき点を紹介します。

偽名は、使い方を誤ると男性客に偽名であることがバレてしまいます。教えた本名が偽名であることがわかってしまうと、男性客からの信用を失ったり、「本当の本名を教えて」と、身分証の提示を要求されたりすることもあります。

 

4-1.偽名は一つだけにする

その場しのぎで偽名を作ると、どの男性客にどの偽名を名乗ったのかわからなくなってしまうため、偽名は複数作らず一つだけに絞りましょう。自分が名乗った偽名を忘れてしまうと、男性客に偽名で呼ばれたときに反応できず、偽名であることがわかってしまいます。そのため、作った偽名は顧客ノートなどに記録し、いつでもチェックできるようにしておくことがポイントです。

なお、偽名はいわゆる源氏名やキラキラネームのような可愛い名前ではなく、日本人によくある名前がおすすめです。SNSやインターネットで検索しても、何人もの他人が出てくる状態であれば、男性客が「本当に本名か」と疑っても調べようがありません。

 

4-2.SNSの表示名はニックネームにする

SNSにプライベートな内容や写真を投稿している場合、投稿内容や写真から個人情報を特定される可能性があります。たとえば、写真に近所のカフェや公園などが写り込んでいれば、大まかな住所が特定可能です。

そのため、SNSを利用する場合は、偽名とは異なるニックネームを設定し、男性客が検索してもアカウントが引っ掛からないようにしましょう。

なお、写メ日記に飼育している犬や風景などの写真をアップしている場合、SNSに投稿する写真自体にも注意が必要です。写メ日記に投稿した写真と、SNSの写真の共通点などから、SNSアカウントを特定される可能性があります。

 

4-3.連絡先の同期設定をオフにする

偽名を教えた男性客と連絡先を交換する場合は、あらかじめ連絡先の同期設定をオフにしておきましょう。連絡先の同期設定をオンにしている場合、自身の連絡先に設定した名前によっては、男性客に本名がバレてしまいます。

男性客と連絡先を交換する機会が多い風俗嬢は、営業用のスマホを用意することを検討しましょう。

 

まとめ

男性客が本名を知りたがる理由は「仲良くなって風俗嬢と男性客以上の関係になりたい」「風俗嬢にとって特別な存在になりたい」ためです。

男性客に本名を教えると、指名をもらえる可能性が上がりますが、個人情報が特定されたりストーカー被害にあったりするなど、リスクも発生します。

男性客に本名を教えたくない場合は、「お店のルールで教えられない」と断ったり、本名として偽名を教えたりしましょう。偽名はあらかじめ一つ考えておくと自然にふるまいやすく、偽名だとわかってしまう可能性が低くなります。

トップへ