西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗スタッフはキャストに誘惑される?キャスト管理についても解説

風俗スタッフはキャストに誘惑される?キャスト管理についても解説

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗店は女性キャストが中心に働いていますが、女性のマネジメントやお店の運営を担うのが男性スタッフです。男性スタッフとして高収入を稼いでいくためには、キャストとの関係性を適切に保つことが大切となります。特に、キャストに手を出したり、キャストと恋仲になることは、業界のルールとして禁じられていることがほとんどなので、注意するようにしましょう。

当記事では、風俗スタッフとキャストの恋愛事情や、キャスト管理の仕事内容などについて解説します。

 

1.風俗スタッフとキャストの恋愛はNG!

風俗の男性スタッフと女性キャストの恋愛は、基本的にどの風俗店でも禁止されています。大きな理由としては、お店の風紀・秩序を守るためです。

スタッフとキャストが色恋沙汰になることで、たとえば他のキャストが嫉妬して、人間関係の問題に発展したり、スタッフが恋仲関係にあるキャストを優遇して問題になったりと、さまざまなトラブルの種が生まれてしまうでしょう。

お店の風紀が乱れれば、働く人も居心地が悪くなり、結果的にお客さんにもその雰囲気は接客を通して伝わります。売上が落ちてしまう要因にもなりかねないため、風俗の男性スタッフとキャストの恋愛は固く禁止されているのです。多くのお店では、恋愛行為に対して罰則を設けており、減給・罰金、重い場合は解雇されるケースもあるようです。

 

1-1.風俗キャストはスタッフを誘惑してくることはある?

風俗の女性キャスト側から男性スタッフに対して色恋を仕掛けてくることも、ケースとしては中にはあるようです。

理由の1つとしては、「キャストがスタッフのことを好きになってしまった・興味を持ってしまった」ということが挙げられます。一緒に働いていれば、ふとしたことで恋愛感情が芽生えることは誰でもありますし、LINEやメールアドレスを交換すればメッセージを通じて仲良くなる場合もあるでしょう。帰宅時の送迎で、ドライバーが足りない際には男性スタッフが運転する場合がありますが、そうした2人きりになったタイミングで、ホテルや家に誘われるケースもあるようです。

また、スタッフからのひいきをあてにして、色恋を仕掛けるキャストも中にはいるかもしれません。しかし、リスクを冒してまでそこまでずる賢いことを行う女性はなかなかいないので、やはり「恋に落ちてしまった」「なんとなく雰囲気で」といったような理由が多くを占めるようです。

 

1-2.誘惑された際の対処法は?

キャストである女性に万が一誘惑された際は、気持ちをぐっとこらえて、断るようにしましょう。断りにくい場合は、お店で禁止されていることを理由に断ることも一案です。一時の感情に身を任せてしまうと、ばれた際にお店にも居づらくなり、罰則も課されてしまうので注意してください。

また、一度断った場合でも、繰り返し女性側から声をかけられる際は、上司の方に相談するのも一つの手です。

 

1-3.誘惑されないためには「距離感」も重要!

そもそもキャストから誘惑を受けないためには、色恋に発展するような関係性を築くことをやめましょう。一定の距離感を保ち、あくまで「スタッフ」と「キャスト」という、仕事上の関係を意識して接することが大切です。

会話もなるべく業務に関係する内容だけとし、プライベートの話題など、必要以上の会話をすることは避けたほうが、リスクヘッジになるでしょう。

 

2.風俗スタッフの仕事の一つ「キャスト管理」とは?

男性スタッフの求人をみると、仕事内容の欄に「キャスト管理」という言葉を見かけることもあるのではないでしょうか。キャスト管理とは、風俗店で働く女性キャストの出勤管理や、モチベーション管理を行うことで、イメージとしては「従業員のマネジメント業務」に近いでしょう。

キャスト管理は、お店を安定的に運営していくために必要不可欠の仕事です。キャストのシフト管理やモチベーション管理ができていることで、キャストの早期離職防止にもつながります。早期離職が防げると、お客さんのサービスも安定しますし、何より女性が多くそろっているお店は、それだけで魅力があるものです。

以下では、男性スタッフが行うキャスト管理について、主な業務内容・役割を2つ紹介します。

 

2-1.キャストのシフト調整

キャスト管理の大事な仕事の一つに、シフト調整が挙げられます。

【シフト関連作業の例・ポイント】

  • 出勤シフトの締め切り管理・催促
  • 事前予約が入った際の連絡
  • 次回勤務日の確認
  • 繁忙期やキャスト不足時には、シフトに入れないかを確認
  • 生理休暇に備えて人員をしっかりと確保しておく

風俗店は、規模の大きいお店では50人程度が在籍している場合もあり、人数が増えれば増えるほど、シフト管理は大変になってきます。女性を全員待機させるわけにはいかないので、キャストのパワーバランスを考えたり、お客さんの来店予測を立てながら、シフトをアレンジすることも重要です。

指名がたくさん入っているキャストに関しては、なるべく多く・長い時間出勤してもらえるよう交渉することも大切な仕事となります。

 

2-2.教育・指導・面談

キャスト管理の大事な仕事の二つ目として、キャストの教育・指導や、面談などが挙げられます。新人の教育は特に重要な仕事で、言葉遣いや接客態度などのサービス面や、プレイテクニックなどをしっかりと教育していきます。

また、風俗で働く女性は、何かしらの悩みを持っていることが多いです。サービス終了後に何か異変はないか、様子を見たり声をかけたりすることを心掛けるようにしましょう。場合によっては面談の時間を設け、女性の悩みを聞きながら、メンタルケアを行うことも大切です。

 

3.スタッフの「色恋管理」は非推奨!

ナイトワークでは「色恋管理」と呼ばれるキャストの管理手法があります。色恋管理とは、女性に恋心を抱かせる(惚れさせる)ことで、女性をうまく扱いやすくする方法です。色恋管理ができるようになると、たとえば出勤回数を増やしてもらったり、売上を伸ばすために営業メールを送ってもらいやすくなったりと、彼氏のような立場でお願いをすることができるようになります。

しかし色恋管理は、女性を傷つける手法ですし、恋仲に発展する恐れのある管理手法です。キャバクラなどでは色恋管理が使われる場合もなきにしもあらずですが、基本的にはやめるようにしてください。

 

4.風俗スタッフがキャストに嫌われないように注意したいこと

風俗の男性スタッフとして、キャストからある程度信頼されることは、職務上非常に大切です。キャストから嫌われないようにするためにも、以下のポイントに注意してみましょう。

  • 横柄で上からの態度を取らない
  • 業務上関係ないような余計な話やつまらない話をしない
  • 清潔感に気を配る
  • 怒鳴りつけたりお説教を長々としない
  • 特定の女性をえこひいきしない
  • 悩み相談をされたら親身になって聞いてあげる
  • 仕事での凡ミスをなくす

女性は、小さなことでも敏感に察知しますので、キャストに対しては常に平等に接しましょう。また、シフトが間違っている、Webサイトのプロフィールが誤っている、連絡ミスがある…など、仕事で迷惑をかけることも嫌われる一つの要因となるので、気をつけるようにしてください。

 

まとめ

この記事では、「風俗の男性スタッフは女性キャストから誘惑されることがあるのか?」「恋愛がご法度である理由」、また大切な仕事の一つである「キャスト管理」についてご紹介いたしました。

風俗の男性スタッフとして高収入を稼ぎ、出世コースを歩んでいくためには、キャストである女性との関係を上手く保っていかなければなりません。適度な距離感をとりつつ、キャストが長く働いていけるように、マネジメントをしっかりと行っていきましょう。

トップへ