西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗スタッフの前職|多い職種・業種と向いている人の傾向

風俗スタッフの前職|多い職種・業種と向いている人の傾向

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗店で働く男性スタッフは、高収入を得られる仕事として人気があります。しかし、「業界未経験でも稼げるだろうか」「自分に向いている仕事だろうか」と不安に思い、応募をためらう人も多いのではないでしょうか。

この記事では、風俗店で働く男性スタッフに多い前職や、異業種から転職する際に有利となる業種やスキルのほか、経歴以外に評価されるポイントなどを解説します。風俗スタッフへの転職を考えている人は、参考にしてください。

 

1.風俗スタッフの前職に多い職種・業種

風俗スタッフは、以前も風俗業界で働いていた人が多い傾向です。別のエリアの風俗店から転職した人のほか、働いていた店が潰れた人、いずれ自分の店を持つためにさまざまなお店で経験を積む人など、経験者はさまざまな背景を持って働いています。

また、風俗スタッフとしての就職活動でも、業界知識のある風俗業界経験者は歓迎されることが多いでしょう。ただし、前職の実績やルールを引きずっている人や、円満退職できなかった人は不利となります。採用担当者が納得する退職理由をきちんと伝えることが大切です。

 

2.業種未経験でも採用されやすい業種・職種は?

風俗スタッフには業界経験者が多いものの、誰もが新卒で風俗スタッフとして働き始めるわけではありません。異業種から転職し、経験を積んだという人も多く存在します。

以下では、風俗スタッフへの転職が成功しやすい業種を5つ紹介します。ただし、あくまでも一例であり、該当しない人であっても意欲があれば採用の可能性があるでしょう。

【風俗スタッフへの転職が成功しやすい業種】

  • 営業職
  • 飲食業
  • サービス業
  • パチンコ業界
  • 深夜営業のある業種

●営業職

高い接客スキルを持ち、目標達成に向けて頑張ることのできる営業マンは、風俗スタッフとして活躍できるでしょう。また、風俗店では意外と事務作業も多いため、PC操作・文書作成・書類整理が得意な人材も重宝されます。特に、不動産営業マンは仕事内容が近いため、転職成功しやすい傾向です。

●飲食業

店舗型風俗店では、次々にお客さんを案内したり、女の子の管理をしたりさまざまな業務を同時並行でこなさなければなりません。お店で次々にお客さんを案内したり、同時並行でさまざまな調理を行ったりする飲食業界での経験も風俗スタッフの仕事に活かせます。

●サービス業

サービス業で培った接客スキルやコミュニケーション能力も、風俗スタッフの仕事に活かせます。たとえば、お客さんに対面で衣類を提案するアパレル店員経験者は、店舗型の風俗店において活躍できるでしょう。また、電話接客に長けたコールセンター経験者は、デリヘルなど電話受付の多い派遣型風俗店がおすすめです。

●パチンコ業界

体力があり、接客マナーやクレーム対応スキルが備わったパチンコ店員経験者は、風俗スタッフとして需要の高い人材といえるでしょう。また、面接では、パチンコ台の状況や来客数などの管理経験も評価されるため、積極的にアピールすることがおすすめです。

●深夜営業のある業種

風俗店は基本的に夜間営業しているため、居酒屋・カラオケ・コンビニ・インターネットカフェなど深夜営業のある店舗勤務経験がある人は働きやすいでしょう。また、泥酔したお客さんの対応に慣れていることなどもアピールポイントとなります。

 

3.風俗スタッフの仕事で活かせる前職のスキル

ここでは、風俗スタッフの仕事内容を踏まえ、活かせる前職のスキルを紹介します。仕事内容と必要なスキルを把握した上で、面接でアピールする内容を考えるとよいでしょう。

風俗スタッフの仕事内容は大きく分けて次の3つです。

  • 対面や電話による接客
  • 女性キャストの管理
  • Webサイト・SNSの管理

●対面や電話による接客

ファッションヘルス(箱ヘル)など店舗型の風俗店では、Web予約・電話予約・または予約なしで訪れるお客さんと、キャストとして働く女の子を引き合わせ、プレイルームに案内します。対面での接客スキルやクレーム対応スキルのほか、お客さんが希望する女の子が不在であった場合の提案力なども求められます。

一方で、デリヘルなど派遣型の風俗店ではお客さんからの予約電話や、来店前の確認の電話など、電話での接客が中心となります。電話対応は、店舗型のお店でも必要であるため、経験者は活躍できるでしょう。

●女性キャストの管理

お店で働く女の子の勤怠管理・モチベーションの維持なども風俗スタッフの仕事です。女の子の出勤状況を把握し、お客さんへの案内をスムーズに行うほか、女の子とコミュニケーションを取り、働きやすい環境づくりにも取り組みます。マネジメント経験や店長経験がある人は強みとなるでしょう。

●Webサイト・SNSの管理

風俗スタッフは店舗のサイト・SNS運営を任されることも多い傾向です。近年の風俗店の多くでは、集客のためのWebサイト・SNSが重視されており、女の子の出勤状況やキャンペーン情報など、最新の情報を頻繁に更新する必要があります。また、風俗スタッフが女の子を募集する求人広告を作成することも少なくありません。

PCスキルはもちろん、Webデザインやライティングが得意な人は能力を活かせるでしょう。

上記のほかにも清掃や事務作業などを行う必要があります。また、ドライバー求人や送迎あり店舗の求人の場合は、運転免許が活かせるでしょう。

 

4.前職の経験以外に風俗スタッフに求められる要素

風俗スタッフの面接では、前職の経験・スキルだけが重視されるわけではありません。実際に働くにあたって必要とされる、心構え・人柄なども面接官はチェックしています。

以下では、風俗スタッフに求められる3つの要素を紹介します。自分に当てはまる部分があるかどうか確認するとよいでしょう。

 

4-1.熱意や目標がある

風俗業界は数字が全てと言ってよいほどの実力主義の世界です。厳しい個人ノルマを課すお店は減ってきたものの、目標などは適宜設定されており、目標達成度や売上への貢献度が収入に直結します。

そのため、「一軒家を買うためにお金を稼ぎたい」「憧れの高級車を買いたい」など、稼ぐことに対する熱意や目標を持っていることが評価されます。また、これまでの人生で目標を達成した経験・達成できなかった時の対処などもアピールポイントとなります。

 

4-2.コミュニケーション能力が高い

風俗スタッフは、お客さんと接する窓口となるポジションであるため、コミュニケーション能力や接客スキルが必須です。また、風俗スタッフが接する相手はお客さんだけではありません。キャストの女の子・ほかの従業員と協力してお店を回す必要があります。その際、周囲への気配りや協調性も求められるでしょう。

実力主義ではあるものの、相手に思いやりを持つことや、周囲と協力して業務に取り組むことも重要視されます。これまでの会社や部活などで、チーム全体で目標を達成した経験などがあればアピールできるでしょう。

 

4-3.PCやWebの知識がある

風俗店の多くではスタッフがPC業務を行います。出勤管理や、プロフィール管理などの事務作業だけでなく、パネル写真の編集やWebページ・SNSの更新まで、内容は多岐にわたります。

入社後すぐは、電源の入れ方・タイピング・Webサイトの閲覧・メール送信など基本的なPC操作ができれば十分です。徐々に難易度の高い操作も覚えていくとよいでしょう。もちろん、PCが使用経験のない人向けの研修を行うお店もありますが、教育にかかる時間と人員を考慮すると、知識を持つ人が優遇されると考えられます。

これまでの仕事でPCを使用した実務経験がない場合も、日常生活でPCを使っている人や、趣味でデザインなどを勉強している人、PC関連の資格保有者は応募先にアピールすることがおすすめです。

 

まとめ

風俗スタッフは、前職も風俗業界であるケースが多いものの、異業種から風俗業界に転職した人も少なくありません。なかでも、営業職や飲食業から転職する場合は前職の経験やスキルを活かすことができるでしょう。

また、風俗スタッフは、コミュニケーション能力・接客スキル・PCスキルなどが求められます。これまでの経験に、アピールできる実績や出来事があれば面接で伝えましょう。

さらに、風俗スタッフの面接では前職の経験やスキルだけでなく、心構えや人柄なども評価されます。特に、目標達成への取り組み方やチームワークについて聞かれた際はしっかり答えるとよいでしょう。

トップへ