西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 働く前に知っておきたい風俗用語|スタッフになる方法も紹介

働く前に知っておきたい風俗用語|スタッフになる方法も紹介

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

風俗店の男性スタッフとして働くことを考えている人の中には、「店舗で働く上で必要な風俗用語についてしっかりと知っておきたい」という人も多いのではないでしょうか。

当記事では、店で働く前に風俗用語を知っておくメリットや、押さえたい風俗用語、および風俗店のスタッフとして働く場合に必要なスキルや方法について解説します。風俗店ならではの用語について知りたい人や、風俗店の店舗スタッフになりたいと考えている男性は、ぜひ参考にしてください。

 

1.働く前に風俗用語を知っておくメリット

店で働き始める前に風俗用語を知っておくことには、さまざまなメリットがあります。

・スムーズに働き始めることができる

風俗用語を知らないうちは、他のスタッフからの指示が理解できず内容を確認するための時間ロスが生じます。用語について事前に理解しておくと、スタッフ同士の会話について行くことができ、仕事へスムーズに取り掛かりやすくなるでしょう。

・業務上のミスを軽減できる

風俗用語についてしっかりと理解していないと、勘違いなどが理由でお客様や風俗嬢とのトラブルに発展する恐れもあります。用語をしっかりと理解しておけば、業務上のミスやトラブルを防ぐことにもつながります。

また、風俗店舗の種類によっても使われる言葉は異なるため、自分が働こうと思っている店に応じて用語を学ぶのがよいでしょう。

 

2.働く前に押さえたい風俗用語

風俗店でスタッフとして働く場合、業務連絡などで使用される基本的な用語はもちろん、プレイに関する用語、経営に関する用語なども把握しておくとよいでしょう。ここでは、風俗店の店舗スタッフとして働く上で知っておきたい風俗用語と、それぞれの用語の意味を紹介します。

 

2-1.業界や業務連絡でよく使われる風俗用語

業界や業務連絡について話す際に使用される用語は、以下の通りです。

・風営法

「風営法」とは「風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律」の略称で、風俗や風俗関連の営業を規制する法律のことです。風営法では、風俗店の営業に関する許可や届出、営業時間に関するルールを取り決めています。

・店舗型

「店舗型」とは、店舗でサービスを提供する風俗店のことです。具体的には、ソープ(ソープランド)のようなお店が該当します。無店舗型に比べて数が少ないため、男性客からの高い需要があります。店舗型はキャストが実際に出勤するため、比較的キャスト管理がしやすい営業形態だと言えるでしょう。

・無店舗型

「無店舗型」とは、実店舗がなく、ホテルや男性客の自宅でサービスを行う風俗店のことです。「派遣型風俗店」とも呼ばれ、主なお店としてデリヘル(デリバリーヘルス)やホテヘル(ホテルヘルス)が挙げられます。電話やネット上で男性客からの予約を受け、男性が指定した自宅やホテルへキャストを派遣します。店の家賃などが発生しないため、現在では店舗型よりも多い業務形態です。

・体入荒らし

「体入荒らし」とは、入店をするつもりがないにもかかわらずさまざまな風俗店に体験入店を繰り返す迷惑行為のことを指します。主に女の子に対して使用される用語です。

 

2-2.プレイ・用具に関する風俗用語

プレイや用具に関する風俗用語には、以下のようなものがあります。

・基盤

「基盤」とは、本番行為が禁止されているお店で追加料金を受け取らずに本番行為を行うことです。女性が基盤を行ったと警察に発覚した場合、お店が営業停止となるリスクもあります。

・円盤

「円盤」も、基盤と同じで本番行為が禁止のお店で本番行為を行うことです。基盤と円盤の違いは、追加料金の有無にあります。キャストが追加料金を受け取らずに本番行為を行った場合は基盤と呼ばれ、追加料金を受け取って行った場合は円盤と呼ばれます。円盤も、基盤同様に違法行為です。

・裏オプ

「裏オプ」は「裏オプション」の略称であり、風俗店が提供するサービスとは別に、キャストが内密に提供するサービスのことです。裏オプを行う際、キャストは男性客から追加料金をもらっているケースがほとんどです。裏オプで本番行為をしていた場合、営業停止になる場合もあるため、スタッフはキャストに対して厳重に注意を呼びかける必要があります。

・ゴム尺

「ゴム尺」とは、コンドームを陰茎にかぶせた状態でフェラチオを行うことです。ゴムなしでのフェラチオに比べると、衛生的で性病の感染リスクも押さえられるため、キャストにとって安心感のあるプレイです。

・ウェットトラスト

「ウェットトラスト」とは、キャストが使用する注射器型のローション挿入器具のことです。挿入すると中からゼリー型のローションが出てくるようになっており、膣の濡れがよくないときに用いられます。

・エネマグラ

「エネマグラ」とは、お尻を開発するラブグッズのことです。主に男性客に対して使用され、M性感のお店でよく利用されます。エネマグラを使用すると、射精をしないオーガズム(ドライオーガズム)を体験しやすくなります。

 

2-3.経営に関する風俗用語

経営に関する用語としては、以下のようなものが挙げられます。

・細客

「細客」とは、あまり風俗にお金を払わない男性客のことです。

・太客

「太客」は細客の対義語で、何度も風俗へ足を運んだり、1度の来店で多くのお金を払ってくれたりする男性客のことを指します。風俗店の経営では、いかに太客を確保しリピートしてもらうかが重要です。

・割チケ

「割チケ」とは、「割引チケット」の略称です。割チケは風俗雑誌やインターネットなどで手に入れることができ、持ってきた男性客はお得な価格でサービスを受けられます。初めてのお客さんを呼び込みたいときや、1度お店に来た人にリピーターになってもらいたいときなど、店によってさまざまな配布基準があります。

・前金

「前金」とは、プレイを行う前にすべての料金を男性客が支払う制度のことです。オプションを利用したり、時間を延長したりして追加料金が発生した場合は、プレイ後に追加分のお金を受け取ります。

・ノルマ

「ノルマ」とは、サービスを行う上で、キャストが達成しなければならない目標のことです。具体的には「週○回働く」「1日○時間働く」「写メ日記を1日○回書く」といったノルマが課される場合があります。

・飛ぶ

「飛ぶ」とは、キャストやスタッフが風俗店に連絡を入れず、無断でお店を辞めることです。「バックレ」と呼ぶケースもあります。昼職に比べ、風俗店は働いている人が飛ぶ傾向が高くなっています。しかし社会人のマナーを考えると、事前に相談してから辞めるのがベストだと言えるでしょう。お店によっては、飛んだキャストは系列店での再雇用をしていないところもあります。

 

3.風俗店のスタッフとして働く場合に必要なスキルと方法

風俗でスタッフとして働く際には、用語を知っていること以外にも下記のスキルを持っていると有利になるでしょう。

・運転免許

キャストの送り迎えをする送迎ドライバーとして働くなら、運転免許は必須です。なお送迎ドライバー以外の仕事であっても、運転免許の所持が応募資格になっているケースもあります。雑用や買い出しで車を使用するシーンがあるという理由のほか、運転免許を所持しているかで一般常識の有無を確認しているというお店もあります。

・パソコンスキル

風俗スタッフは清掃などの雑務や接客など、身体を動かすことが多い仕事である一方、パソコンスキルが必要な業務もあります。体力勝負のスタッフが多い中、表計算ソフトなどのパソコンソフトが扱える人材は重宝されやすいでしょう。パソコンのスキルがあれば、顧客やキャストの管理、売上の管理といった経営にかかわる仕事を任せてもらえる可能性もあります。

風俗店スタッフとして働くために特別な資格は必要ないため、興味がある場合は、求人サイトで実際に仕事を探してみましょう。さまざまな風俗店の中から、給料・必要な資格・待遇などを必ずチェックし、自分の希望に合ったお店に応募することが大切です。

 

まとめ

風俗業界では、他の業界では聞き慣れない言葉が当たり前に飛び交っています。あらかじめ風俗用語の知識を蓄えておくことで、スムーズにミスやトラブルなく働けます。用語を覚える際には、基本的な業界用語だけでなく、プレイや用具、経営に関するものについてもしっかりと押さえておくようにしましょう。

風俗店のスタッフとして働く場合、運転免許やパソコンのスキルがあると採用確率がアップする可能性があります。待遇や給料などはきちんと確認した上で、自分に合った店を選びましょう。

トップへ