西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗業界の時短とは?メリット・デメリットと稼ぐためのテクニック

風俗業界の時短とは?メリット・デメリットと稼ぐためのテクニック

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗の仕事に興味がある女性のなかには、「風俗の仕事は簡単に稼げる」と考える人もいるでしょう。しかし、風俗嬢として働くことが珍しくない現在では、稼げない風俗嬢も多くいます。

多くの風俗嬢は、効率良く稼ぐためにさまざまな工夫や努力を行っています。「時短」も効率良く稼ぐためのテクニックと言える一方、デメリットもあるため、実践するときは注意が必要です。

今回は、風俗業界で使われる「時短」のメリットやデメリットとともに、風俗嬢が稼ぐためのテクニックを紹介します。

 

1.風俗で使われる「時短」とは?

風俗業界で使われる「時短」とは、風俗嬢が意図的にプレイ時間を短くすることです。お客様に伝えず、わざとサービスの時間を短縮する場合のみを指します。風俗嬢を気遣ってお客様側から言い出す場合は、時短に当てはまりません。

風俗嬢が時短行為をする理由は、「楽をするため」です。時間一杯にサービスをすると、体力が削られたりストレスがかかったりします。自分の体や心に負担をかけることを嫌う一部の風俗嬢が、時短行為でお客様を早く帰そうとする傾向です。

 

1-1.よくある時短行為2つ

時短行為と一口に言っても、さまざまな方法があります。なかでもよくある時短行為は以下の2つです。

〇プレイ前の雑談を伸ばす

最初のあいさつからシャワーに行くまで、あるいはプレイに入るまでの時間をわざと長く取る方法です。

お風呂の準備や雑談を含めると、シャワーに行くまでの所要時間は一般的に10分前後です。しかし、時短をする風俗嬢の場合では、雑談を15分以上することもあります。プレイ前の雑談を伸ばした分、プレイに割ける時間が短くなります。

たとえ風俗嬢が時短行為を意識していなくても、プレイに入るまでの時間が長ければ時短を疑われるため、雑談はほどほどに留めることが重要です。

〇タイマーの時間を早めに設定する

お客様は「60分コース」など時間単位で風俗を利用しています。時間は風俗嬢がタイマーをセットすることで管理しており、本来の時間より短く設定することも時短行為の1つです。

どのタイミングでタイマーをセットするかは風俗嬢によって異なります。フィニッシュの目安を伝えるために、終了予定時刻の30分前にセットしている人もいれば、シャワーや帰り支度の時間を想定して10分前にセットする人も少なくありません。お客様をある程度ごまかせるため、時短行為が行われやすいポイントです。

 

2.風俗嬢が時短をするメリット・デメリット

風俗嬢による時短行為には、メリットがある一方でデメリットも多く挙げられます。そのため「楽をしたいから」と安易に時短行為を取り入れることは、適切ではありません。

ここでは、風俗嬢が時短行為をした場合に起こるメリットとデメリットについて紹介します。

 

2-1.メリット:短い時間で同じ給料を稼げる

時短で得られる最大のメリットが、短い時間で通常と同じ給料を稼げることです。たとえば、90分コースで指名された場合、シャワーや雑談の時間を差し引くと60分近くプレイしなくてはなりません。お客様にとっては濃厚プレイをじっくりと時間をかけて楽しめる一方で、風俗嬢にとっては体力的にキツイと感じる場合もあるでしょう。

雑談時間を伸ばしたりタイマーのセット時間を早めにしたりすると、実際にプレイする時間は60分よりも短くできます。プレイ時間が短くてもお客様が支払う料金に変化はないため、風俗嬢がもらえる給料も変わりません。

設定されたプレイ時間よりも短い時間で接客が終われば、通常よりも短い時間で同じ金額を稼ぐことができます。

 

2-2.デメリット:お客様からのクレームにつながる可能性がある

風俗嬢にとって、時短は体力消費を抑えつつ給料を稼げるメリットがありますが、お客様目線で考えるとメリットは全くありません。同じ料金を支払うのであれば、時短行為のない風俗嬢とコースどおりの時間でプレイを楽しみたいと考えるでしょう。

「わずか数分の差は気付かないだろう」と安易に時短行為をする風俗嬢もいます。しかし、お客様の多くは時短行為に気付いています。最初のうちはトラブルなく時短に成功したとしても、繰り返せばクレームに発展することは珍しくありません。

また、時短行為を一度でもすると、お客様からのイメージが悪くなることは理解しておきましょう。同じお客様から指名される可能性が低くなるうえ、ほかのお客様の間でも「時短行為をする風俗嬢」として口コミが広まりかねません。

お店自体の評判にも影響するため、多くのお店で時短行為は基本的にNGとされています。

 

3.【時短不要】風俗嬢が稼ぐためのテクニック4選

時短で楽をして稼ごうとすると、リピーターすら離れることにつながります。しっかりとお客様に向き合った接客を心がけると、リピーターが増えて稼げる可能性も高くなるため、安易な時短行為はNGです。

ここは、風俗嬢が時短行為をすることなく稼ぐためのテクニックを4つ紹介します。

 

3-1.飽きさせない工夫をする

お客様が何度も指名したくなるよう、飽きさせない工夫を取り入れましょう。たとえば、下記の方法が挙げられます。

  • お客様の誕生日や記念日を覚えておく
  • 過去の話題や内容を会話に混ぜる
  • 相手が出した話題を次回の接客に活かす

お気に入りの風俗嬢に誕生日や記念日を祝ってもらえると、ほとんどのお客様は嬉しいと感じます。お祝いの言葉を伝えるだけで、お客様は「自分と向き合ってくれている」と感じるため、相手の誕生日や記念日などはメモをしておきましょう。個人個人で異なる話題を出すことは、メールやSNSでの営業活動でも役立つテクニックです。

 

3-2.会話を盛り上げる

風俗を利用するお客様は、会話上手な人もいれば緊張して思いどおりに話せない人もいます。一生懸命に場を盛り上げようと話しかけても、風俗嬢の反応が素っ気なければ、次回も同じ相手を指名しようとは思いません。

風俗の仕事では、プレイの技術だけでなくコミュニケーション能力も必要です。とはいえ、会話が苦手な人も少なくないでしょう。しかし、気の利いた話題を提供できないときでも、相手の話にリアクションを取ることはできるはずです。

男心をくすぐる仕草で「知らなかった」など明るいリアクションを取ると、お客様も会話が盛り上がっていると感じるため、指名獲得につながります。

 

3-3.お客様が指名しやすい日時に出勤する

風俗店の多くは、飲食店などのアルバイトやパートと異なり、働きたいときにシフトを入れられる自由出勤が特徴です。プライベートと両立できるメリットがありますが、リピーターを獲得したいのであれば、自由出勤に甘えすぎる働き方が適切とは言えません。

売れる風俗嬢の多くが、出勤する曜日や時間帯を固定しています。リピーターの数が伸びずに悩んでいる人は、対策として必ず出勤する曜日を設けることがおすすめです。

出勤日と休みの日を明確にすることでお客様は来店・指名しやすくなり、リピーターになる可能性が高まります。

 

3-4.最後まで気持ちを込めたサービスを提供する

お客様は時短のほかにも、風俗嬢の些細な手抜き行為で他店に移ることがあります。笑顔で挨拶やお礼ができなかったり、やる気がないと感じられる行為をしたりすると、次回の指名にはつながりません。

リピーターになってもらうためには、最初から最後まで気持ちを込めたサービスを提供することが重要です。一生懸命な気持ちが伝わると、お客様に好印象を持ってもらえます。

可能な範囲で相手の要望に沿ったプレイを提供して、お客様を喜ばせるように努めましょう。良い噂や口コミが広がれば、リピーターにつながる新規客を増やすことにつながります。

 

まとめ

風俗業界の「時短」は、風俗嬢のみがメリットを得られる行為です。お客様にとっては、支払った料金分のサービスが受けられないなどのデメリットしかないため、時短行為を繰り返す風俗嬢は避けられる傾向にあります。

お客様の印象が悪くなる時短行為を、NGとしている風俗店も少なくありません。効率良く稼ぎたいのであれば、オプション料金や指名料を支払ってくれるリピーターを多く獲得することを目指しましょう。

丁寧な接客やお客様が指名しやすい出勤スケジュールを心がけると、時短行為をしなくても効率的に稼ぐことができます。

トップへ