西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 年末年始に風俗店へ出勤するメリット・デメリットを3つずつ紹介!

年末年始に風俗店へ出勤するメリット・デメリットを3つずつ紹介!

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

一般的な仕事の長期休暇期間中は、風俗業界のかき入れどきです。特に男性客が多い年末年始は、2月に厳しい閑散期を迎える風俗業界にとって、非常に大切な時期となります。しかし、世間の空気がお休みモードに入ることもあり、シフトを入れるかどうか迷う風俗嬢も少なくありません。

そこで今回は、風俗嬢が年末年始に風俗店へ出勤するメリット・デメリットを3つずつ紹介します。年末年始に特別な予定や事情がなく、メリット次第では出勤しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.【年末年始】風俗店の来客数に変化はある?

風俗業界には1年の中で繁忙期と閑散期があり、繁忙期と閑散期では来客数に大きな差が生じます。繁忙期を狙ってたくさんシフトを入れ、多くの男性客を接客することが風俗業界で高収入を稼ぐ秘訣です。

基本的には週末や給料日後など、仕事が休みでお金に余裕があるときは来客数が多く、風俗嬢にとって稼ぎ時となります。その中でも、特に来客数が多いとされる繁忙期は、下記のとおりです。

  • 年末年始
  • ゴールデンウィーク
  • 7~8月
  • お盆休み
  • 12月

風俗業界における繁忙期の中でも、「年末年始」は来客数が特に多く1年を通してもっとも稼げる時期といえます。年末年始は、風俗嬢にとって仕事を最優先に考える時期です。特に決まった用事がない場合は、この後に訪れる閑散期に備えてしっかりと稼ぎましょう。

 

2.年末年始に風俗店へ出勤するメリット

風俗嬢の中にも「年末年始は休みたい」と考える人は多くいます。しかし、年末年始は、1年の中でも多くの来客数が期待できる繁忙期であり、この時期に休んでしまうことは非常にもったいないといわざるを得ません。

以下では、風俗嬢が年末年始を休まずに出勤するメリットを解説します。

 

2-1.指名してもらいやすくなる

風俗業界において年末年始が稼ぎ時とはいえ、「旅行に行きたい」「家族と過ごしたい」などの理由で休みを取る風俗嬢は珍しくありません。

ライバルとなる風俗嬢が少なければ、当然男性客から指名してもらえる確率は上がります。年末年始は、フリーで来店する男性客が多い上にリピート客も時間帯に関係なく訪れるため、ヒマを持て余す心配がありません。出勤すればフル稼働で働けるため、効率よく稼ぐことができます。

また、お店側としても、忙しい時期に出勤してくれる風俗嬢はありがたい存在です。男性客を逃さないためにうまく調整してくれることはもちろん、お店によってはお年玉や特別手当などのボーナスを支給してくれることもあります。

 

2-2.バックの金額が少なくなる可能性が低い

閑散期とは異なり、繁忙期である年末年始は、お店が特に集客する努力をしなくても自然と来客数が増える時期です。そのため、わざわざ値下げや割引キャンペーンを行う必要がありません。ほとんどのお店が通常価格で営業するため、風俗嬢にバックされる金額もその分多くなります。

また、年末年始は男性が風俗を利用するハードルが下がり、お財布の紐が緩みやすい時期です。常連客も普段より気前がよい場合が多く、年末年始の特別なコースを利用してくれるなど、客単価が高くなります。男性客によってはお年玉やチップをはずんでくれることもあり、特別報酬も期待できます。

 

2-3.リピートしてくれる男性客を獲得しやすい

年末年始は、これまで風俗を利用していなかった男性客が多く来店します。何ごとも初めての体験は強く印象に残りやすく、それは風俗の体験でも変わりありません。初めて指名した風俗嬢とのプレイが、「気持ちよかったな」「楽しかったな」と思ってもらえれば、今後のリピートにつながりやすい傾向です。

また、年末年始に風俗店を利用する男性客は、独り身である確率が高くなります。日頃から家族や恋人に時間やお金をかける必要がなく、何度もリピートできる経済的な余裕をもっていることが、独り身の男性客の特徴です。

例えリピートにつながらなかったとしても、来客数の多い年末年始は自分自身の技術や話術を磨く機会となります。今後の接客に活かすことができるため、ぜひ積極的に出勤しましょう。

 

3.年末年始に風俗店へ出勤するデメリット

風俗嬢が年末年始も休まずに働くことは、他の時期よりも稼ぎやすいという大きなメリットがあります。しかし、同時に年末年始の風俗店ならではのデメリットがあることも忘れてはなりません。

ここでは、年末年始に風俗店へ出勤するデメリットについて解説します。

 

3-1.一見さんで終わる男性客が多い

繁忙期はリピートしてくれる男性客を獲得しやすい反面、一見さんで終わってしまう男性客も少なくありません。

年末年始の繁忙期には、金払いがよい男性客や初めて地域を訪れる旅行者が多く来店します。年末年始の雰囲気や旅行に浮かれた勢いで散財したり、帰省先でヒマを持て余して遊んだりする男性客です。いくら男性客に尽くしても、お店へアクセスしやすい範囲に住んでいなければ、リピートにつなげることは難しくなります。

ただし、男性客のお気に入りの子に加えてもらえれば、通常営業日にリピートがなくても大型休暇の度に指名してもらえたり、知人に紹介してもらえたりします。リピートされる確率が低いからといって、接客の手は抜かないようにしましょう。

 

3-2.忙しいため疲れやすい

年末年始に出勤するメリットで解説したとおり、年末年始は休みを取る風俗嬢も多く、指名を取りやすい時期です。つまり、出勤する風俗嬢の数に対して、遊びに来る男性客の数が多い状態といえます。

仕事の休みを利用して風俗に遊びに来る男性客がほとんどであり、お店が開いていれば朝から晩まで来店客が途切れないことも珍しくありません。ひっきりなしに来る男性客を少ない風俗嬢で回すことが多く、休憩するヒマもなく目が回るほど大忙しとなる日もあります。

たくさんの指名がもらえて稼ぎやすいものの、その分1日あたりのプレイ回数が増えるため、疲れやすくなることが年末年始に出勤するデメリットです。

 

3-3.遊び方を知らない男性客もいる

年末年始の男性客の中には、会社などで開かれた忘年会の帰りに、先輩に連れられて初めて風俗店へ訪れる初心者も珍しくありません。風俗店での遊び方を知らない人も多く、また酔っ払っていることも相まって、ルール違反の振る舞いをしたり暗黙の了解が通じなかったりすることがあります。

ただし、「風俗店に慣れていなくてルールがわからない」人の場合は、丁寧に風俗のルールについて教えてあげれば納得してもらえることがほとんどです。風俗の遊び方について説明した後も男性客の言動が目に余る場合は、速やかにお店のスタッフに相談しましょう。

風俗店に慣れていない男性客は、「印象に残しやすい=リピートされやすい」人でもあります。指名客を獲得するチャンスだと思って、丁寧な接客を心がけることが大切です。

 

4.2月の閑散期に備えるためには年末年始が重要!

どのような業界でも、繁忙期が過ぎると必ず閑散期が訪れます。風俗業界においても例外ではなく、特に来店客が減少する時期が2月頃です。2月の閑散期は、年末年始に散財した男性客が一斉にお財布の紐を締めることから、繁忙期と一変して稼げなくなる傾向にあります。

閑散期は人気の高い風俗嬢でも安定して稼ぐことが難しいといわれるため、年末年始の繁忙期をうまく活用することが大切です。閑散期はフリーの男性客が減るものの、本指名の男性客は変わらず遊びに来てくれます。ある程度風俗業界に精通している男性客などは、わざと混雑する繁忙期を避けて閑散期を選ぶことも少なくありません。

年末年始にフリーで遊びに来た男性客のリピートを獲得できれば、直後に来る閑散期でも本指名の予約で埋めることが可能です。

 

まとめ

年末年始は風俗業界の繁忙期にあたり、お金と時間に余裕がある来店客が増えることで、風俗嬢にとって一気に稼げることの多い時期です。一方で、出勤する風俗嬢が少なく1人あたりの負担が増えるため疲れやすく、一見さんや遊び方を知らない男性客も少なくありません。

しかし、繁忙期には「新人でも指名がもらいやすい」「リピートしてくれる男性客を獲得しやすい」といったメリットがあります。直後に訪れる厳しい閑散期を乗り切るためにも、ぜひこの時期に出勤してたくさんの指名客を獲得してください。

トップへ