西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗嬢は外見でバレる?風俗嬢とわかる見た目の特徴3選

風俗嬢は外見でバレる?風俗嬢とわかる見た目の特徴3選

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

服装や持ち物、髪の毛の状態といった人の容姿・外見には、「生活」「職業」「性格」といった人となりが表れます。特に風俗嬢として働いている女性は、外見に風俗嬢らしい雰囲気が出ることがあります。そのため、ソープやデリヘルなどで働いていることを周囲に知られたくない方は、外見に注意が必要です。

この記事では、風俗嬢だとバレる外見の特徴や、風俗嬢っぽさを抑えた外見にするためのポイントについて紹介します。風俗嬢とバレる可能性が高い行動もチェックし、周囲への職業バレ・副業バレを防ぎましょう。

 

1.風俗嬢とバレる!風俗嬢っぽい外見の特徴3選

風俗嬢として働いている女性の中には、「周囲の人に身バレしたくない」という方もいるでしょう。しかし、風俗嬢は見た目に職業の雰囲気が表れやすいため、風俗バレを防ぎたい方は注意が必要です。

ここでは、風俗嬢っぽい外見の代表的な特徴を3つ紹介します。風俗で働いていることがバレやすい特徴を確認し、自分に当てはまるポイントがないかチェックしましょう。

 

1-1.大きなブランドバッグに荷物を詰め込んでいる

デリバリーヘルスなどの風俗の仕事では、相手ごとにシャワーを浴びたり服を着替えたりします。店舗への出退勤時やお客さんが待つ場所への移動時には、化粧品やスキンケア用品、ヘアセットに使うアイテム、着替えなど、多数の商売道具を持ち運ぶ必要があります。そのため、物を入れるカバンは、ボストンバッグやキャリーケースといった大きなものになりがちです。

また、風俗嬢は収入が高いため、自分へのご褒美やステータスとしてブランドバッグを買う方は少なくありません。旅行など遠出する雰囲気ではないにもかかわらず、荷物を詰め込んだ大きなブランドバッグを街で持ち歩いている女性は、風俗嬢っぽく見えてしまいます。

 

1-2.すっぴんで大きなサングラスをかけている

風俗の仕事では、仕事中に何度もシャワーを浴びたりお風呂に入ったりします。お客さんと会うときは男性に好まれるメイクをしますが、出勤時や帰宅時はすっぴん、もしくは薄化粧となるため、すっぴんを隠そうと大きなサングラスをかけている方もいるでしょう。

しかし、夜や明け方といった時間や、太陽が出ていない雨やくもりの日の「すっぴん顔+大きなサングラス」は、一般的な仕事をしている方から見ると不自然です。芸能人・有名人でもないのに大きなサングラスを昼夜・天候を問わずかけていると、風俗嬢らしく見えてしまいます。

 

1-3.髪の毛がプリン髪で傷んでいる

風俗嬢は、お客さんとのプレイのたびにシャワーを浴びるため、髪の毛が傷みやすい職業です。特に髪の毛を染めている方は、髪の毛の色が抜けてパサパサになることもあります。

また、風俗嬢の中にはホストに通い、稼いだお金を自分のヘアケア・ボディケア・スキンケアに投資しない女の子もいます。このような対応をしていると、髪の毛のダメージが深刻化し、染髪している場合はプリン髪になりがちです。適切なヘアケアをしていない女性は風俗嬢っぽく見えてしまうため、十分に注意しましょう。

 

2.風俗嬢と思われない外見にするためには?

「大きなブランドバッグ」「天候や時間帯に無関係な大きなサングラス」「傷んだ髪・プリン髪」など、風俗嬢っぽいと思われる外見にはさまざまな特徴があります。では、風俗嬢と思われないためには、どのような外見にするとよいのでしょうか。

ここでは、「風俗嬢っぽい」と判断されない外見にするコツを紹介します。「周囲に風俗で働いていることがバレないか不安」という悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

2-1.服に合わせた価格帯・大きさのバッグを持ち歩く

風俗業界で働いている女性は、大きめのブランドバッグや複数のブランドバッグを持ち歩く傾向があります。一方で、「脱ぎ着しやすい服の方が仕事がしやすい」「仕事で服が汚れてしまう」といった理由で、リーズナブルな服や靴を着用している方は多いでしょう。バッグは高級ブランド品なのに、服や靴がリーズナブルでくたびれているとアンバランスなファッションとなり、風俗嬢と思われやすくなります。

風俗嬢っぽく見られないようにするためには、服や靴に合った価格帯・大きさのバッグを持つことが基本です。バッグが高級品である場合は、服や靴のグレードをバッグのレベルまで上げましょう。安価な服や靴を着用したい場合は、バッグを同程度のグレードのブランド品に揃えることをおすすめします。

 

2-2.おしゃれなサングラスにする

大きめのサングラスが似合うファッションもありますが、すべてのファッションで大きめのサングラスがマッチするわけではありません。「すっぴん顔を隠す」「店外で男性客に気付かれないようにする」といった目的でサングラスをかけている方は、ファッション性の高いデザインのサングラスも持っておきましょう。

特に夜や雨の日では、サングラスをかけること自体がやや不自然な状況です。おしゃれなサングラスをかけた上で、歓楽街でサングラスをかけていても不思議ではないくらい垢抜けたコーディネートを心がけましょう。

 

2-3.定期的に美容室へ行ってヘアケアをする

ダメージヘアやプリン状態の髪をそのまま放置している女性は、風俗嬢っぽく見られてしまう可能性があるため、適切なケアが大切です。トリートメントでのお手入れや、ヘアカラー剤を使用したプリン髪対策は手軽に取り組めますが、自宅でのセルフケアには限界があります。定期的に美容室へ行き、プロのケアで身だしなみを整えましょう。

美容室では、個人では購入することが難しい良質なトリートメントやカラー剤を使用します。自宅でトリートメントやカラーリングをするよりも、美容室を利用する方が髪色や髪質がきれいに仕上がり、効果も長持ちするでしょう。また、トリートメントと同時に頭皮マッサージを受けられる美容室もあります。頭皮マッサージやヘッドスパなどの施術を受け、疲れた気持ちを癒して気分転換を図り、体の調子も一緒に整えるとよいでしょう。

 

3.【番外編】外見以外で風俗嬢とわかる行動

風俗嬢がどれだけ外見に気を付けていても、行動や習慣によっては風俗嬢であることが周囲に知られてしまう可能性があります。そのため、風俗の仕事を知り合いにバレたくない方は、日々の行動や習慣にも注意しましょう。
風俗嬢とわかる行動・習慣には、以下の3つが挙げられます。

〇早朝の電車に疲れた様子で乗っている

早朝の電車内はこれから職場や学校に向かう方がほとんどです。仕事帰りのような疲れた顔をしている方は少ないため、疲れた様子で乗っている女性を「ナイトワークしている方かな」と推察する方もいることに注意しましょう。

〇昼夜逆転の生活を送っている

風俗嬢は「夜間は仕事、昼間は睡眠」と、昼夜逆転の生活となりやすい職業です。プライベートで友だちと遊びの予定が合わないこともめずらしくありません。昼間の誘いも夕方・夜の誘いも反応が悪いと、家族や友人などが「夜勤のある仕事をしているのかな」と違和感や疑問を抱く恐れがあります。職業名を明確に言わず濁していた場合は、夜の仕事であると特定されてしまうかもしれません。

〇石鹸やうがい薬のにおいがする

ヘルスやソープといった風俗店で働く風俗嬢は、お客さんの体を洗う石鹸・ボディソープやイソジン・グリンスといった消毒薬を接客で使用します。石鹸やうがい薬・洗口液のにおいは、本人が思っているよりも強く香る場合があります。そのにおいで周囲に風俗嬢だとバレる可能性はゼロではありません。

「風俗嬢っぽい」と思われる外見や行動、習慣にはさまざまな特徴があります。周りの人に風俗で働いていることを知られたくない方は、風俗嬢のように見られないよう、きちんと対策しておくことが大切です。

 

まとめ

職業や生活の様子は、その人の外見に表れる場合があります。風俗嬢の外見は「大きなブランドバッグに荷物を詰め込んでいる」「大きなサングラスをかけて繁華街を歩いている」「髪の毛が傷んでいる」などが特徴です。バランスの良いファッションや美容室の定期的なヘア管理を心がけ、風俗嬢っぽく見られないよう気を配りましょう。

外見以外にも「朝早くから疲れた顔で電車に乗っている」「石鹸やうがい薬のにおいがする」といった点で、身バレする恐れがあります。行動や習慣などから風俗嬢であると周囲に判別されないよう気を付けましょう。

トップへ