西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 風俗店勤務を隠して職業欄を埋める書き方とは?家族への説明方法も

風俗店勤務を隠して職業欄を埋める書き方とは?家族への説明方法も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 男子求人サイト

転職を考えている方で、風俗店勤務であることを職業欄に書くのに抵抗のある方は多いです。また、風俗業が性的サービスを提供していることから、「卑猥な仕事」「いやらしい仕事」という偏見を持つ方も中にはいます。そのため、知人や家族に明かしづらい方も少なくありません。

当記事では、風俗店勤務であることを隠したい方に、職業欄の書き方と家族や恋人に職業を聞かれたときの答え方について解説します。転職を考えている方や、風俗店勤務を周りに明かすのに抵抗を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗店勤務に抵抗を感じている男性スタッフは多い?

風俗店で働く多くの男性が「履歴書に職種や仕事内容を書くのに抵抗がある」と感じています。「なんとなく」、性の仕事であることから「よくないイメージを持たれるかもしれない」と不安になる方も多いでしょう。

確かに風俗業に良くないイメージを持つ方も存在しますが、職業によって社会的に優劣がつくことはありません。また、他の仕事と同じように、日々一生懸命働いていることに変わりはありません。

自分の抵抗感とは裏腹に、他人が何か思うことは意外と少ないです。自分を卑下せず、社会的に必要な仕事をしていると自信を持ちましょう。

 

2.風俗店勤務を隠したい場合の職業欄の書き方

職業欄は書き方を工夫することで、風俗店勤務であることを隠せます。例えば、確定申告では「風俗店勤務」など、職業欄に具体的な業務内容を書く必要はありません。職業欄に具体的な業務内容が求められていない場合は、ある程度範囲の広い書き方で問題ありません。しかし、嘘を書くと後々問題になるため、虚偽はないように記載しましょう。

ここでは、風俗店勤務を隠して職業欄を埋める方法を3つ紹介します。

 

2-1.業種は「サービス業」「接客業」で

小売業や製造業といった業種名を記載する際は「サービス業」「接客業」と記載するとよいでしょう。インターネットで入力する場合、業種欄では「風俗業」といった項目はあまり見ないため、「サービス業」「接客業」で問題ありません。また、手書きの場合であっても、同様の記載で支障はないでしょう。

風俗店では女性キャストがお客さんのニーズに合わせたサービスを行い、男性スタッフは女性キャストをサポートし、業務が円滑に回るように環境を整えています。そのため、お客さんの要求に応える仕事をしていることから、「サービス業」と記載できます。

また、男性スタッフはお客さんへの受付対応や、お客さんが指名したい女性のヒアリング、会計といった接客をします。そのため、「接客業」と記載しても問題ありません。アルコールを提供するお店であれば「飲食店」と記載することもできます。担当業務に該当するものを書くとよいでしょう。

 

2-2.勤務先は「店名」ではなく「会社名」で

勤め先を記載する場合は、「社名」を記載しましょう。

風俗店の店名はお客さんの来店を促すために、風俗店を連想させる言葉がよく使われています。そのため、「職業欄に勤め先を書きづらい」という方も多いでしょう。

風俗店では株式会社やグループとして運営したりしていることがほとんどです。風俗店の社名はビジネスシーンを意識した名前になっていることが多いため、社名を書くと風俗店勤務であることは気付かれにくいです。

賃貸アパートの契約やクレジットカードの申し込みでも、社名を書くことで、勤め先を記載する不安から解放されるでしょう。

 

2-3.職業・職種は「会社員」「アルバイト」で

職業や職種を記載する際は、正社員の方は「会社員」、非正社員の方は「アルバイト」「パート」など雇用形態を記載しましょう。

また、風俗店の職種によっては、職業欄に「個人経営」と書くこともできます。例えば、キャストを送迎する「送迎ドライバー」や、キャストのヘアメイクをする「ヘアメイク・スタイリスト」であれば、場合により個人経営と書くことも可能です。

店舗で正社員や店員としてではなく、業務委託という形態で働いている際は、「個人経営」と記載できます。職種は「ドライバー」「ヘアメイクアップアーティスト」と記載できます。

公的な申請の際には、正しい情報を記載する必要がありますが、街頭インタビューやプレゼントの応募、アンケート答案の場面では「無職(家事手伝い)」と記載しても問題ありません。

 

3.家族や恋人に職業を聞かれた場合は?

家族や恋人に「何の仕事をしているの?」と、仕事について聞かれることもあるでしょう。サービス業などの曖昧な返答では、より具体的な説明が求められます。また、「悪い仕事をしているのではないか」「なぜ職業を明確に言いたくないのか」「何かよくない理由があるのか」といった誤解が生まれるため得策とは言えません。

大切な家族や恋人に職業を聞かれた際は、正直に自分の仕事について説明したほうがよいでしょう。知らない人であれば、その場しのぎで風俗店で働いていることをごまかすことはできます。しかし、結婚を考えているパートナーや家族など今後も接していく人には、長期的に隠し続けるのは難しく、いずれ打ち明けなくてはならないときがきます。そのため、タイミングを見て報告したほうがよいでしょう。

ただし、家族でも子どもには、正直に伝えないほうが好ましい場合もあります。幼児の場合、お父さんが風俗店勤務であることを悪気なく幼稚園の先生やお友達に伝えてしまうことがあります。また、中高生であっても、まだ風俗業界に対しての正しい知識がなく、悪く捉えてしまうこともあるでしょう。

風俗店勤務であることを打ち明ける際は、相手に理解してもらえるような説明が必要です。説明をする際に、配慮すべき点について解説します。

風俗店勤務を打ち明けるときの配慮する点
  • 違法な職業ではないことを強調する
    風俗業界は、「風営法」という法律のもとに成り立っており、健全に運営されています。風俗店は、開業時に営業開始届出書を所轄の警察所(公安委員会)へ提出し、受理される必要があります。公的に認められているという点を、詳しく説明するのがおすすめです。
  • 世の中の役に立っている仕事であることを強調する
    警察庁生活安全局保安課の調査では、令和2年において日本では約82,000店以上の風俗店が存在します。世の中の男性から必要とされている業界であることを丁寧に説明することで、相手を説得できる可能性が高まるでしょう。
  • 将来のことを考えて仕事をしていることを強調する
    風俗店勤務は高収入であることが魅力の1つです。「将来マイホームを購入したいから」「将来企業をしたいから」「子どもの養育費のため」など、将来のことを考えて高収入の風俗店で勤務をしていることを強調しましょう。明確な目標があることで、相手の理解を得る可能性も高まります。
  • キャストとの関わりは最小限であることを強調する
    「職場の風俗嬢と浮気しているのではないか」と考えられないために、キャストとの関わりは最小限であることを伝えましょう。風俗店ではキャストと自由に話せないことや、恋愛を禁止しているお店もあること、恋人が一番大切であることを伝えることで、安心を得られるでしょう。

出典:e-Gov法令検索「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」

出典:警察庁生活安全局保安課「令和2年における風俗営業等の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」

 

まとめ

職業欄は書き方を工夫することで、風俗店勤務であることを隠せます。業種には「サービス業」「接客業」と記載しましょう。また、職種は自身の雇用形態、勤め先は「会社名」を書くことで隠せます。家族や恋人に仕事について聞かれた際は正直に答え、風俗店で働く明確な理由を伝えることで、理解してもらえる可能性が高くなるでしょう。

関東地方在住の方で、風俗店スタッフとして働きたい男性は、埼玉県最大級の「ファーストクラス・ルビー」をご検討ください。ホームページの求人情報に記載している電話番号よりご応募お待ちしております。

トップへ