西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > イク演技は必須?上手に見せるコツと男性が「演技」に気付くポイント

イク演技は必須?上手に見せるコツと男性が「演技」に気付くポイント

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

男性にとって、セックスで女性が感じているかは大きなポイントとなります。自分のテクニックで女性が感じ、かつイクことで、男性は満足感を得て喜ぶものです。相手を満足させるためにも、上手なイク演技を身につけましょう。

今回は、イク演技の必要性や、イク演技を上手に見せるコツを紹介します。演技を自然に見せる方法だけでなく、男性が演技に気付くポイントも解説するため、イク演技のテクニック向上にぜひ役立ててください。

 

1.イク演技をする必要性

彼氏とのセックスはもちろん、風俗嬢の仕事中も、イク演技をすることは非常に大切です。男性にとって、自分のテクニックで女性がイクことは何より嬉しいことであり、重要なポイントとなります。

特に本指名の数で稼ぎが大きく異なる風俗の仕事では、お客様を満足させることが大切です。お客様に「また来たい・次も指名したい」と思わせるためにも、感じているふりやイク演技をして、満足感を与えましょう。

風俗嬢の人気を決める要素は、決して容姿だけではありません。どれだけ容姿が優れていても、メインとなるプレイ中の反応が悪ければ、指名を取ることは難しいでしょう。反対に、容姿がそれほど優れていなくてもプレイのテクニックさえあれば、お客様からのウケがよくなり、指名率もアップします。

とは言え、風俗嬢は1日に何人ものお客様を相手するため、プレイの度にイッていると、身体的な負担も大きくかかってしまいます。1日に何本もの指名が入ってもしっかり対応できるよう、体力を温存しておくことも重要だと言えるでしょう。

仕事ができる風俗嬢は、身体的な負担をかけないようイク演技をしていることが特徴です。お客様を喜ばせつつ、自分も疲れないようにするためにも、上手なイク演技を身につけましょう。

 

2.簡単にできる!イク演技を上手に見せるコツ3選

セックスを盛り上げるためには、イク演技を上手に見せることがコツです。彼氏とセックスするときは実際にイクことが一番ですが、体の相性やその日の体調で上手くイケない女性もいます。

さらに、風俗嬢は同じ日に何回もプレイすることがあるため、実際に毎回イクと疲労が大きくなってしまいます。

ここからは、誰でも簡単にできる「イク演技を上手に見せるコツ」を紹介します。

 

2-1.喘ぎ声や呼吸を徐々に荒げる

女性が喘ぎ声や気持ちよさそうに呼吸を荒げることで、男性のやる気もアップします。セックスが盛り上がるにつれて、次第に声や呼吸を大きくすると自然です。

最初からオーバーに喘いでいると不自然なため、抑え気味のトーンから徐々に大胆にすることがポイントです。イク演技のフィニッシュでは「イキそう・おかしくなりそう」など、言葉に出すと自然に見えます。

実際は、感度が上がってイク寸前になると、逆に声が出なくなる女性も多くいます。しかし、風俗の仕事では積極的にエッチな声を出すと喜ばれます。AV女優の喘ぎ声を参考にして、抑揚をつけて演技してみましょう。最初は声を抑えつつ、イク寸前では思い切ってオーバーリアクションになっても問題ありません。

経験が少なく声を出すことに恥じらいがある女性は、呼吸の仕方で気持ちよさを表現してみましょう。セックス中に感度が上がると、喘ぎ声のトーンが次第に変わります。最初はため息のような落ち着いた吐息をして、イク寸前になると短い呼吸を繰り返すようにすると、よりリアルさを演出できます。

 

2-2.指先やつま先に力を入れる

イク演技では、指先やつま先など、体全体に力を入れることがポイントです。

セックスの際は、リラックスした状態から次第に体に力が入り、オーガズムに達する瞬間には膣が締まって体がびくびくと震えます。イッた後は力が抜けてぐったりしたり、放心状態になってしまったりする女性も多いため、同様の動きができるようコントロールしてみましょう。

ここで注意すべきは、「変に力が入らないようにすること」です。体が強張ってしまうと、お互いに気持ちよくなれないだけでなく、男性に不安感を与えてしまいます。イク演技に慣れていないうちは、片方の手でシーツを強く握りしめるだけでも効果的です。

イク寸前には、向き合うような体位から相手の男性を強く抱きしめてみましょう。風俗の仕事では、相手と恋愛関係のつもりで甘えた雰囲気を出すと、お客様の満足度がアップします。「あまりの気持ちよさに思わずしがみついてしまった」といった雰囲気を演出することで、イク演技がより自然に見えます。

 

2-3.目を閉じて顔を隠す

基本的に、男性は女性の恥じらった顔に弱いものです。正常位で向かい合ったとき、恥ずかしそうに目を閉じて顔を背けたり、手で顔を隠す仕草を取り入れたりすると、男性はさらに燃える傾向にあります。

ただし、無言で顔を隠したり、顔をしかめて目を閉じたりすると「嫌がっている」と思われかねません。嫌がらていると思わせないように、あくまで恥ずかしそうにすることがポイントです。目を閉じたり顔を隠したりするだけでなく、気持ちよさそうな声や表情と合わせて演技すると自然に見えるでしょう。

 

3.男性がイク演技に気付く原因とは?

世の中の女性は大半がセックス中に演技をしていると言われるほど、「人生に一度はイク演技をしたことがある」という女性は珍しくありません。

しかし、相手の男性が経験豊富で、セックスに慣れている場合は、イク演技が気付かれてしまう可能性もあります。

最後に、男性がイク演技に気付いてしまう主な原因を解説します。

 

3-1.イッたあとの切り替えが早すぎる

女性がイク瞬間は全身に力が入り、イッた直後に脱力することが特徴です。イッたあとは体から力が抜けて呼吸が荒くなり、ぐったりした状態となります。そのため、イッた後にすぐ起き上がるなど、イッたあとの切り替えが早すぎることで演技がバレてしまいます。

また、イッたあとの状態では、本来ハキハキと話すことが困難です。そのため、イッた直後にすぐ話し始めることも演技がバレる原因となります。

イク演技を自然に見せるためは、「気持ちよすぎて力が入らず、動けないという状態」を作り上げることがポイントです。イク瞬間に数秒間全身に力を入れたあと、一気に体の力を抜きます。目を閉じて、荒くなった呼吸を整えるように大きく息をしてみましょう。

そのあとは、1分程度はぼんやりと気だるげな演技をすることもポイントです。ぐったりした状態から、徐々に反応を通常に戻すことで、イッたことを違和感なく演出できます。

 

3-2.反応がオーバーすぎる

セックス中の演技で勘違いしやすいポイントが、「とにかく反応を大きくしてしまう」という点です。演技と言っても、ムードに関係なくただ大げさに喘ぐだけのやり方では、不自然さを感じられ、演じていることがバレやすくなります。性感帯を刺激されたタイミングに合わせてさりげなく吐息を漏らすなど、適切なタイミングで反応することが大切です。

女性が本当に感じているときは言葉にならないため、わざと演じようとせずに、喘ぎ声と単語で反応する程度で十分です。オーバーリアクションに演技しながら会話をすると、男性に違和感を与える可能性が高いため、なるべく控えましょう。体の動きも激しくする必要はなく、腰が自然に動いてしまうという感じを演出するなど、さりげなさが大切です。

もちろん、どの程度の反応を好むかは男性によって異なります。相手の様子をよく見て、好みの反応を見つけ出す努力もテクニックのひとつと言えるでしょう。

 

3-3.表情や顔色がまったく変わっていない

表情や顔色がまったく変わっていない状態で喘ぎ声を出しても、すぐに演技とバレてしまいます。演技のパターンが一緒にならないように、表情や声のバリエーションを広げましょう。

特に、同じ台詞をわざとらしく繰り返すことは、明らかに演技とわかり、男性の気分が下ります。女性が本当に感じているときの反応は、言葉が上手く出せず、うっとりしているか泣きそうな表情となるかのどちらかとなる傾向です。挿入される前後で喘ぎ声を変えるなど、状況を見計らって変化を持たせましょう。

イク演技や感じているふりをするときには、目元と口元の動きがポイントです。眉間にしわを寄せて目を細める、口を開く、唇を尖らせるなどの表情をすると自然に見えます。感じているときの表情を研究するために、AVを見ることもおすすめです。AV嬢は基本的に反応がオーバー気味のため、表情の変化もわかりやすいでしょう。

 

まとめ

プライベートはもちろん風俗でも、相手とのプレイを盛り上げるためには、上手にイク演技をする必要性があります。人気の風俗嬢はそれぞれ自分なりのイク演技を身につけて、上手に男性客を喜ばせています。声や表情、体の動きなどに気を配り、イク演技を自然に見せましょう。

上手にイク演技ができるようになれば、いつも以上にプレイが盛り上がり、本指名の獲得にもつながります。イク演技が上手にできないという人は、ぜひここまで紹介したテクニックを参考にしてください。

トップへ