西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > たばこを吸う風俗嬢は稼げない?お客様に選ばれにくい理由6つ

たばこを吸う風俗嬢は稼げない?お客様に選ばれにくい理由6つ

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗の仕事は、一般的な仕事と比べて内容がハードなため、精神的にも肉体的にも疲れが生じる人という人もいます。ハードな仕事内容からたばこを始めた風俗嬢もいるでしょう。しかし、たばこを吸う風俗嬢はお客様に選ばれにくいと言われています。風俗嬢として高収入を目指している場合、たばこと収入の関係性は気になるものです。

そこで今回は、たばこを吸う風俗嬢がお客様に選ばれにくい理由と収入アップの方法、たばこをやめられない場合の対処法について解説します。

 

1.たばこを吸う風俗嬢がお客様に選ばれにくい理由6つ

厚生労働省の調査によると、2019年時点で女性全体の喫煙率は7.6%です。

出典:最新タバコ情報「成人喫煙率(厚生労働省国民健康・栄養調査)」

ある調査によると風俗嬢の喫煙率は高く、女性全体の約3割がたばこを吸っているとしてます。風俗嬢の喫煙率が高い理由として、以下の3つが挙げられます。

・ストレス緩和のため

風俗嬢は、苦手なタイプのお客様にも1対1で接客しなければならず、ストレスが溜まりやすい仕事です。たばこを吸って体内にニコチンが取り込まれると、ストレスや不安を和らげるホルモンが生成されると言われています。そのため、ストレス解消方法としてたばこが選ばれるケースも珍しくありません。

・精液の味を消すため

精液を風俗嬢の口に出すサービスがある風俗店もあります。口に残った精液の味を消すためにたばこを吸い始める風俗嬢は多いです。

・たばこをすすめられる機会が多いため

たばこを吸っている風俗嬢は多く、待機スペースで他の風俗嬢からたばこをすすめられることもあります。接客中、お客様にすすめられることもあり、試しに一本吸って常習的な喫煙者になるパターンも少なくありません。禁煙をしても、周りの風俗嬢がたばこを吸っているところを目にして、再度吸い始める風俗嬢もいます。

高収入の人ほど喫煙率が低いと言われています。風俗嬢が稼ぐには、高収入のお客様から指名をもらうことが大切です。しかし、たばこを吸わない高収入のお客様は、たばこを吸っている風俗嬢に苦手意識を持っている傾向にあります。そのようなお客様からは、指名をもらえなくなる可能性もないとは言えません。

 

1-1.ヤニで歯が汚い

たばこを吸うとヤニで歯が黄ばみ、汚く見えます。風俗嬢としても、歯が汚いお客様にキスをしたり、お客様から舐められたりするのは不快に感じるでしょう。それと同じで、歯が汚いとお客様にマイナスイメージを与え、再度利用してもらえなくなる可能性があります。

ルックスや接客・サービスの質が高くても、歯が汚ければお客様は冷めてしまいます。たばこは風俗嬢にとってデメリットが大きい嗜好品です。

 

1-2.独特な臭いがきつい

たばこを吸うと口の中が乾きやすくなり、口臭の原因になります。たばこ自体も独特な臭いを発しているので、たばこを吸う女性を苦手とするお客様も少なくありません。

たばこの臭いは髪の毛や服にもつきます。お客様が、風俗嬢から発するたばこの臭いが気になり、プレイに集中できなくなるケースもあるでしょう。

初対面でのあいさつのときやプレイ中にきつい臭いを発していれば、一生懸命接客しても、お客様にもう一度遊びたいとは思ってもらえません。

 

1-3.不健康に見える

たばこを吸いすぎると、日常的に咳をしたり痰がからんだりしやすくなります。プレイ中に疲れたり、息切れをしたりすることもないとは言えません。

たばこの影響で不健康に見えると、お客様からの人気を獲得しにくくなります。

 

1-4.外見が老けて見える

日常的にたばこを吸っている女性は、外見が老けて見えます。たばこに含まれるニコチンには肌の乾燥を招く働きがあり、頻繁にたばこを吸っているとシワやシミなどが発生しやすくなります。ほうれい線やクマが目立つようになると実年齢よりも老けて見え、指名が入りにくくなるでしょう。

風俗嬢として売れるには、ルックスのよさや美意識の高さが大切です。たばこが理由で外見が老けて見えるとお客様からの人気が落ち、思うように収入を得られなくなる可能性もあります。

 

1-5.ニコチン中毒で接客が雑に感じる

たばこの吸いすぎによりニコチン中毒になるとイライラしやすくなり、接客が雑になる恐れがあります。接客中にイライラすると、お客様は離れてしまいます。

たばこをはやく吸いたいがために、プレイをすぐに終わらせようとする風俗嬢もいるでしょう。イライラした態度や雑な接客など、やる気のなさはお客様にすぐに伝わります。やる気のなさはお客様の満足度を下げます。

お客様の満足度は風俗嬢としての人気や売り上げに直結することから、風俗業界では接客前や接客中はたばこを吸わないようにと言われることがほとんどです。

 

1-6.イメージがダウンする

お客様の風俗嬢に対するイメージにたばこが含まれていなかった場合、ギャップを感じる人がほとんどです。そのギャップが悪い意味で受け取られた場合、イメージダウンにつながり、結果として収入が減ってしまうケースがあります。たばこは女性らしさに欠けると考えるお客様もいます。

風俗嬢は喫煙率が高いという事実を知っているお客様もいます。しかし、たばこと縁のなさそうな素人系や清楚系、ロリ系を売りにしている風俗嬢がたばこを吸っていると、「プレイや風俗の仕事に慣れていそう」と思われ、イメージダウンにつながります。

 

2.収入アップを狙うならたばこをやめるべき

たばこを吸っている風俗嬢に悪いイメージを抱いているお客様は多いです。たばこを吸わないほうがお客様からの受けがよく、リピートしてもらいやすくなります。たばこをやめることで受けがよくなると、収入アップを目指しやすくなります。風俗嬢として稼ぎたいのであれば、たばこをやめるべきです。

たばこを吸えば一時的にリラックスできる人は多いでしょう。しかし、たばこには大きな健康被害があると言われています。自分の体を傷つけないためにも、禁煙したほうがよいでしょう。

 

3.たばこをやめられない場合は?

禁煙を簡単にできるかは個人差があり、たばこをやめることが難しい人も少なくありません。どうしてもたばこをやめられない場合は、口臭ケアを徹底しましょう。たばこに関係なく口臭ケアをしている風俗嬢は、むしろお客様から喜ばれます。

ここからは、どうしてもたばこをやめられない風俗嬢に向けて、対処法を2つご紹介します。

 

3-1.仕事前はたばこを控える

風俗の仕事がある日は、髪や服、所持品にたばこの臭いが染みつかないよう、吸う本数を減らしましょう。仕事の直前も、口臭を防ぐ意味でもできるだけ吸わないようにすることがポイントです。

とはいえ、吸う本数を一気に減らせないという人がほとんどです。吸う本数を1本ずつ減らし、様子を見ながら仕事前のたばこを徐々に控えていきましょう。禁煙補助薬を使って、たばこを吸いたい衝動を抑える方法もおすすめです。

お客様に「一緒にたばこを吸おう」と誘われた場合、次の接客がある限りは断ることも大切です。

 

3-2.出勤前の口臭エチケットを徹底する

喫煙を続けるのであれば、歯磨きやマウスウォッシュ、タブレットなどで口臭エチケットを徹底しましょう。出勤前はもちろん、接客前にも口臭エチケットを徹底することで口臭が和らぎます。お客様と一緒に歯磨きをしたりタブレットを食べたりすれば、お客様にいいイメージを与えられる上に、お客様との距離も縮められるでしょう。

また、口臭以外に髪や服なども意識してたばこの臭いから引き離すと、お客様に不快な思いをさせずに済みます。適度にヘアフレグランスや消臭スプレーを使って、たばこの臭いを消してから出勤するのがおすすめです。

 

まとめ

たばこを吸う風俗嬢に対して、悪い印象をもつお客様は多いです。喫煙者のお客様であっても、もともと風俗嬢や女性に対して抱いているイメージが明るいものであった場合、たばこはイメージダウンにつながり指名率や延長に影響を及ぼします。

風俗嬢として稼ぎたいのであれば、たばこをやめたほうがよいでしょう。とはいえ、すぐにたばこをやめられない人もいます。どうしてもたばこをやめられない場合は、喫煙回数を減らして徐々に依存率を下げる、特に出勤前は口臭エチケットを徹底してたばこの臭いを消すなど、たばこの臭いや影響を抑える方法をとることが大切です。

トップへ