西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 安全な風俗店の特徴|安心して働ける風俗の種類5つ・ポイント

安全な風俗店の特徴|安心して働ける風俗の種類5つ・ポイント

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗で働くとき、安心して働けるのかどうかは多くの女性が気になるポイントでしょう。風俗は高収入を稼げる仕事ではあるものの、健全な運営をしていないお店で働くと、危険な目にあう可能性もあります。

風俗で働きたいと考えている場合は、安全性も重視しつつ、効率よく稼げる風俗店で働くことが重要です。

今回は、安全な風俗店の特徴を解説します。安心して働ける風俗の種類や、自身でできる対策なども解説するため、風俗で働きたいと考えている人は参考にしてください。

 

1.安全な風俗店の特徴とは?

安心して風俗の仕事を始める場合、まずは安全な風俗店の特徴を把握しましょう。不安な気持ちを減らすことで、ストレスのない状態で働けます。

ここでは、安全な風俗店の特徴を解説します。風俗店の特徴について詳しく知らない人は、この部分をしっかりと確認しましょう。

 

1-1.性病検査を義務付けている

定期的な性病検査を義務付けている風俗店は、性病を防ぐ意識が強いため、安全意識が高い風俗店といえます。

風俗で働くときにもっとも注意するべきトラブルは、クラミジア・カンジダ・性器ヘルペスなどの「性病(性感染症)」です。性病に感染すると出勤できないだけではなく、不妊症や心不全のリスクなど、女性のからだに大きな悪影響があります。そのため、安全意識が強い風俗店では、在籍している女性に定期的な性病検査を義務付けています。

風俗店が定期的な性病検査をしているか確かめたい場合は、面接時に「性病検査の有無・頻度」について確認してみましょう。受付や店内、公式サイトに「性病検査実施証明書」や、クリニックの「認証マーク」を掲示している風俗店もあります。

 

1-2.衛生対策がしっかりしている

おもちゃやローションなどの備品管理や、待機室の整備などで正しい衛生対策をしている風俗店は、安心して働ける風俗店といえます。

しっかりした衛生対策を実施するためには、正しい知識が必要です。たとえば、感染力の強い性病には、アルコール除菌は効果がないこともあります。間違った衛生対策をすると、性病感染リスクが高まってしまいます。

「おもちゃは毎回コンドームをかぶせて使う」など、風俗店がしっかりした衛生対策をしているかどうか、判断する知識を身につけましょう。

 

1-3.求人内容が明確である

求人情報に記載されている内容が明確な風俗店は、働く女性のことを考えているため、優良店である可能性が高いといえます。

風俗店の中には、求人情報に嘘を書く悪質な風俗店も存在します。ホームページの求人情報は過信しないよう、求人情報の嘘を見抜く方法を覚えておきましょう。

求人情報の真偽を確かめるためには、集客用のホームページをチェックすることが大切です。集客用のホームページでは、「プレイ料金」と「プレイ内容・オプション内容」の2点を確認しましょう。

〇プレイ料金

ソープランドやヘルスの場合、女性の給料は「プレイ料金の50~60%」が相場です。そのため、プレイ料金が「60分15,000円」の場合は、「7,000~9,000円」が給料の目安となります。プレイ料金から推察した給料が、求人情報と大きく異なっていないかチェックしましょう。

〇プレイ内容・オプション内容

業種によっては、「脱がない・触られない」などのソフトサービスをアピールしている風俗店があります。集客用ホームページにプレイ内容が書いてある場合、求人情報と同じプレイ内容なのか確認しましょう。

 

2.安全に働ける風俗の種類5選

風俗にはさまざまな種類があり、それぞれで安全性が異なります。安全に働ける風俗店を見つけるために、風俗の種類と特徴について正しく理解しましょう。

ここでは、安全に働ける風俗の種類を紹介します。どの風俗で働くべきかわからない場合は、参考にしてください。

 

2-1.風俗エステ

風俗エステは、女性がお客様に射精を伴うマッサージやエステをする風俗です。回春エステ・性感エステとも呼ばれ、女性はランジェリーなどセクシーな衣装を着用して接客します。お客様から女性へのタッチや、フェラ・素股などのサービスはなく、比較的ソフトサービスの風俗です。

風俗店によってはマッサージやエステの本格的な技術を学び、資格を取得できる場合もあります。

風俗エステでは、原則として女性は服を脱ぎません。また、お客様のタッチがなく、口を使ったサービスも必要ないため、性感染症のリスクが大幅に少なくなります。ただし、風俗店によってはフェラやキスがオプションとなっている場合もあるため、風俗店選びには注意しましょう。

 

2-2.オナクラ

オナクラ(オナニークラブ)は、お客様の自慰行為を女性が見る仕事です。女性がセクシーなポーズをしたり、言葉責めをしたりしてお客様の興奮を高め、射精に導きます。もともとは、自慰行為を「見るだけ」の仕事でしたが、現在では手コキがセットになっているオナクラも少なくありません。

オナクラは、原則としてフェラやキスなどがないソフトサービスであるため、性感染症のリスクが低く安全に働けます。中には、オプションプレイとしてフェラや指入れが設定されている場合もあるため注意してください。

 

2-3.箱ヘル

箱ヘルとは、別名「ファッションヘルス」とも呼ばれる風俗で、デリヘルやホテヘルと同じヘルスの一種です。箱ヘルでは、女性がフェラやキス、全身リップや素股などの「ヘルスサービス」を駆使し、お客様を射精に導きます。

箱とは建物のことを指し、受付や事務所、女性の待機室、接客するプレイルームなどがすべて同じ建物内にあることが特徴です。

箱ヘルでは、同じ建物内で男性スタッフが働いています。そのため、お客様の自宅やホテルに派遣されるデリヘル・ホテヘルと違い、万が一トラブルが発生してもすぐに男性スタッフに助けを求めることが可能です。

 

2-4.ライブチャット

ライブチャットとは、パソコンやスマホでお客様とおしゃべりをする仕事です。自宅などで好きな時間に働けることから、大学生やOLなど忙しい女性の副業として人気があります。

ライブチャットには、アダルトチャットだけではなく、お客様と会話を楽しむ「ノンアダルトチャット」もあるため、風俗初心者の女性でも安心です。

ライブチャットはインターネット上での接客となり、お客様と物理的に接触しません。そのため、プレイの強要やボディタッチなどのトラブルが発生せず、安心して働けます。

 

2-5.ソープランド

ソープランドは、風俗の中でも単価が高く、高級感のある種類の風俗です。女性はプレイのテクニックだけではなく、マナーや気配り、女性らしい言葉遣いなどが求められます。仕事の流れや接客のルールなど覚えることは多くありますが、その分稼げる可能性の高い風俗です。

ソープランドでは店内の清掃が行き届いており、プレイルーム内も清潔に保たれている傾向があります。衛生的な環境でサービスの提供ができるため、性感染症のリスクが低いといえるでしょう。また、お客様に上質なサービスを提供するための講習も充実しており、不安なく働けます。

 

3.風俗で安全に働くためには「自身での対策」も重要

風俗で安全に働くためには、風俗店側の対策に頼るだけではなく、自身での対策も必要です。自身でできる性感染症対策の例は以下のとおりです。

〇お客様の男性器チェック

お客様の男性器に炎症があったり異臭がしたりしている場合は、性感染症の可能性があるため、すぐに男性スタッフに相談しましょう。接客を中止する、あるいは粘膜接触のないプレイに変更してもらう必要があります。

〇自主的な性病検査

風俗店で行われる性病検査だけではなく、自身でできる性病検査キットを利用して、定期的に性病検査をすることも効果的です。

自身での対策もしっかりとしたうえで、安心して働けるようにしましょう。

 

まとめ

風俗で安全に働くためには、定期的な性病検査を義務付けている風俗店や、店内の衛生管理がしっかりしている風俗店を選ぶことが大切です。また、風俗といってもさまざまな種類があります。それぞれで安全性が異なることから、働く前に特徴を把握することが重要です。

性感染症のリスクを下げるためには、風俗店側の対策はもちろん、自身での対策も必要です。安心できるお店を選ぶことだけでなく、自身での対策も欠かさずに行って、働くお店を選びましょう。

トップへ