西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > ソープランドの講習の種類3つ|セクハラ講習の実態は?

ソープランドの講習の種類3つ|セクハラ講習の実態は?

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

ソープランドの講習には複数の種類があり、映像を視聴するだけのものから口頭で説明を受けるもの、実際にお仕事をする場所で体験しながら学ぶものまで、さまざまです。ソープランドで働いた経験がない場合、実技講習は必須なのか、講習担当者は誰なのか気になるという人は多いでしょう。

そこで今回は、ソープランドの講習にセクハラ講習(趣味講習)はあるのか、講習は誰が担当するのかを解説した上で、講習の種類とそれぞれの特徴、講習の費用について紹介します。ソープランドの講習に関する疑問や不安を解消したい女性の方は、当記事をぜひお読みください。

 

1.ソープランドの講習に「セクハラ講習(趣味講習)」はある?

ソープランドの講習で、セクハラ講習を試みようとする人も中にはいます。

セクハラ講習とは、店長や男性スタッフが実技講習という名を借りて、実際に女の子に抜き行為をさせることです。セクハラ講習は趣味講習とも呼ばれ、男性スタッフなどの欲を満たすことを目的とした講習内容になっています。

セクハラ講習として本番行為に移るケースも中にはありますが、ソープランド含め、風俗の講習で本番を強要することはNGです。業界の常識として、講習でフィニッシュすることは不可となっています。

もしも、講習に対する見返りとして報酬が用意されていたとしても、提案には応じないようにしましょう。合意の上で行為に及んだとして、訴えなどを聞き入れてもらえない恐れがあります。セクハラ講習に関するトラブルを避けるためにも、事前に講習内容をよく確認しましょう。

 

1-1.ソープランドの講習担当者は男性?女性?

ソープランド含め、風俗の講習は基本的に先輩の風俗嬢が担当しますが、中には男性が担当するケースもあります。男性客の気持ちを理解してもらうことを目的とする場合、男性が講習担当者となります。

講習担当者の性別に偏りはなく、男性が担当する場合でも未経験者を考慮して、口頭での説明のみ行うことがほとんどです。また、希望に応じて女性に担当してもらえる場合もあります。講習に不安がある人は、面接時などに講習担当者について確認しておくとよいでしょう。

なお、ソープランドの講習では、店舗のスタッフやキャスト以外に、講習専門の指導員が担当するケースもあります。性別だけでなく、誰が担当をするのかについても確認するのがおすすめです。

 

2.ソープランドの講習の種類3つ|講習内容も紹介!

ソープランドの講習は、面接後に行われるのが一般的です。風俗の面接の合否は面接当日に分かるケースが多く、採用後すぐに講習を受けて体験入店という流れもあります。

面接直後に予定がありすぐに講習を受けられない人や、講習を受けることに抵抗がある人のために、後日改めて講習を受けられるソープランドも存在します。後日に講習を受けたい場合は、面接のタイミングでソープランドの講習日について確認するとよいでしょう。

ソープランドの講習には種類があり、映像を見て仕事内容を理解する講習もあれば、口頭で説明を受けるだけの講習や、実際に仕事の流れやテクニックを教えてもらうタイプの講習もあります。ここでは、3種類の講習の内容と流れを解説します。

 

2-1.DVD講習

DVD講習とは、映像を見て仕事の流れや内容を理解する講習のことです。映像を見るだけでお仕事の流れやテクニックを把握できるため、講習担当者からセクハラを受ける心配がありません。

一方で、未経験者の場合は映像だけで分からない部分も多く、実際にサービスを提供する際、スムーズに進まないなどのデメリットもあります。業界の知識が浅く、詳細を知りたい場合は実技講習を受けるのがおすすめです。

DVD講習と一口に言っても方法はいくつかあり、映像を見るだけの講習や、シーンごとに指導員が解説をする講習があります。DVD講習の流れとしては、映像を視聴したのち指導員などに気になる点・不明点を質問するのが一般的です。

 

2-2.口頭講習

口頭講習とは、講習担当者が言葉だけで仕事の流れなどを説明する講習です。DVD講習よりも簡易なため、業界の知識がある人や気軽に講習を受けたい人に適しています。口頭講習は、映像鑑賞や実演がないため、面接で採用が決まった直後に講習が行われるケースがほとんどです。

口頭講習では、お仕事の流れに加えてマナー研修を行う場合があります。マナー研修では言葉遣いや接客の姿勢、身だしなみといった、お客さんの対応をする上で基本になることを学びます。ソープランドならではのマナーもあるため、しっかりと聞きましょう。

なお、ソープランドは他の風俗と比べて特殊なサービスが多く、口頭での説明やマニュアルの確認だけでは理解が難しいこともあり、口頭講習を用意していないケースもあります。お客さんからクレームがあったとき、入店後に再度テクニックなどを身につけるためソープ嬢本人から講習を申し入れたときに、口頭講習を行うというお店も少なくありません。

 

2-3.実技講習

実技講習とは、実際にお客さんにサービスを提供する際に使用する道具などの使い方や、お客さんに喜んでもらうテクニックなどを学ぶ講習です。

具体的には、浴場の準備やお客さんの服の脱がし方・体の洗い方、マットやスケベ椅子の使い方、お見送りの仕方などを指導員から学びます。お店のコンセプトによって講習内容は若干異なり、独自のサービスについて講習を受けることもあるでしょう。

実技講習では、名前の通り実際に指導員にテクニックを披露することがあります。キスのやり方や愛撫の方法といった基本的かつライトなサービスに関する講習のため、実際に行為に及ぶことはありません。

なお、実技講習そのものや男性との講習に抵抗がある人は、事前にお店のスタッフなどに伝えることで、講習なしにしてもらえたり、女性との講習に変更してもらえたりします。

 

3.ソープランドの講習は無料?有料?

ソープランドの講習には、無料のものと有料のものがあります。ソープランドの講習費用の有無はお店のランクによるケースも多く、大衆店・中級店は無料、高級店は有料であることが多いです。

大衆店や中級店は業界未経験者が多く、仕事内容を正しく理解し、テクニックを習得するために講習は必須です。大衆店では講習を有料にすると新人が集まりにくい傾向にあり、ソープ嬢を募るために講習を無料としている場合もあります。

また、高級店はお客さんがお店に支払う料金が高い分、サービスの質を求められます。ソープ嬢に質の高いテクニックなどを習得させるため、講習を有料にしているというお店もあるでしょう。質の高いサービスを提供するために、プロの講師を招くこともあります。

難易度に多少の差はありますが、講習の内容自体は無料と有料で大きな差はありません。お仕事の進め方や道具の使い方、お客さんへの対応の仕方といった内容を順番に学びます。プロの視点かどうかの違いなので、大衆店・中級店での勤務を希望する場合は過度に不安を感じる必要はありません。

 

まとめ

ソープランドの講習には、DVD講習・口頭講習・実技講習の3種類があり、講習費用の有無はお店のランクによって異なります。講習内容としては、基本的なサービスの説明がメインで、実技講習においても本番を行うことはありません。セクハラ講習は業界でも一般常識としてNGとなっています。

講習担当者は男性と女性の両方がいるため、男性との講習に抵抗がある人は、面接時などに面接官へ伝えておくと、女性に講習を担当してもらうことも可能です。また、実技講習も事前に伝えることで講習をなしにしてもらえるケースがあります。講習に関して不安がある場合は、求人情報はもちろん面接の際に確認し、疑問などを解消しておくとよいでしょう。

トップへ