西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > ソープランドの体験入店とは?体験入店のお店選びや入店の決め手も

ソープランドの体験入店とは?体験入店のお店選びや入店の決め手も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗の仕事に関心がある女性の中には、ソープランドで働くことを検討する人もいるでしょう。ソープランドは特に稼ぎやすいと言われており、働く風俗嬢もたくさんいます。

しかし、ソープランドの仕事は負担が大きいため、働くことに不安を感じる人も珍しくありません。「まずはお試しで働いてみたい」と考えている場合は、体験入店から始めることがおすすめです。

当記事では、ソープランドの体験入店について詳しく解説します。お店の選び方やチェックポイントも紹介するため、ソープランドでの勤務を考えている女性は参考にしてください。

 

1.ソープランドの体験入店とは?どんなメリットがある?

ソープランドの体験入店とは、働きたいと考えているお店に本入店する前に、まずはお試しで働くことです。

体験入店をするメリットとして、入店した後のギャップを防げる点が挙げられます。ソープランドの仕事に関心があっても、実際にお客様を相手に接客すると、「向いていない」と感じることは珍しくありません。そのようなギャップを抱えたままでは長く働くのも難しくなるため、事前の体験入店がおすすめです。

 

2.ソープランドの体験入店の流れ・内容

ソープランドで体験入店をする際の流れは、下記の通りです。

  • 1. 応募
  • 2. 面接
  • 3. 講習
  • 4. 体験入店
  • 5. 本入店

体験入店をしたい場合、まずはソープランドの求人に応募しましょう。求人サイトから応募するとお店から面接日程の連絡が届くため、日程を調整して面接を受けます。

面接を受けて合格すると、その日の内に講習を受けて体験入店が始まります。なお、お店によっては面接の当日は体験入店を実施せず、別日に行うケースもあるため、面接の段階で確認しておきましょう。中には体験入店を実施せずに本入店になることもあります。

体験入店をする前は、お店による講習を受講します。ソープランドは仕事内容が特殊であるため、講習も実践的になることがほとんどです。マットプレイやスケベ椅子の使い方など、たくさんの内容を吸収しなければなりません。お店によっては講習がないケースもありますが、風俗業界未経験・初心者の場合は講習をしてもらうようお願いしましょう。

体験入店では、実際にお客様を相手に接客します。当日の集客数によって異なるものの、1日に2~3人を接客する場合もあります。体験入店をした後、「仕事・お店が合わない」と感じたときは本入店を断ることも可能です。

 

3.ソープランドの体験入店で失敗しないお店の選び方

ソープランドで体験入店をするときは、お店選びにこだわることが重要です。お店選びに失敗しないためには、お店選びのコツを把握した上で勤務先を選ぶようにしましょう。

ここでは、ソープランドの体験入店で失敗しないお店の選び方について、4つの選び方のコツを解説します。

 

3-1.自分に合うコンセプトのお店を選ぶ

お店を選ぶときは、お店のコンセプトが自分に合っているかどうか、確かめることが重要です。

例えば、20代前半の女性が熟女をコンセプトにしたお店で働いても、稼ぐのは難しいでしょう。一方、若さが求められる学園系のお店であれば、20代前半の女性が稼げる可能性は高まります。

お客様はお店のコンセプトを確認した上で、利用するお店を選ぶ傾向にあります。お店のコンセプトに合う場所であれば、体験入店でもお客様に指名されることは珍しくありません。

 

3-2.受付スタッフの対応が丁寧なお店を選ぶ

ソープランドを含めた風俗店で働く場合、受付スタッフの対応は重要なポイントです。教育が行き届いていないお店では、スタッフの対応がひどく感じられることもあるでしょう。

スタッフの対応で確認するべき項目は、求人に応募したときのメール・電話での言葉遣いや、連絡の早さなどです。女の子に対する言葉遣いがしっかりしていない場合、お客様に対しても同じような対応をしている可能性があります。

 

3-3.面接時の説明が分かりやすいお店を選ぶ

風俗の仕事では「バック率」などさまざまな単語が飛び交います。このような単語の意味を面接時にしっかり説明してくれるお店であれば、体験入店をするときも安心して働けるでしょう。

しかし、面接時の説明が分かりづらく疑問や不安が解消されない場合は、他のお店を選ぶことをおすすめします。疑問があるときに「この点についてもう少し教えてほしいです」と尋ねたにもかかわらず、答え方があいまいなお店では、女の子を大切にしていないケースがあるためです。

 

3-4.給料システムが明確で稼ぎやすいお店を選ぶ

ソープランドの仕事は、時給制ではなく歩合制を採用するお店がほとんどです。歩合制の場合は接客したお客様の数によって給料が異なるため、給料システムが明確になっているお店を選ぶようにしましょう。

高級店の場合は特に給料額が増える分、バックの金額も大きくなります。稼ぎたい給料額が明確に決まっているときは、「1日で何人ぐらい接客すればこの金額まで稼げますか?」など、詳しく聞いてみるのもおすすめです。

 

4.ソープランドの体験入店でチェックすべき4つのポイント

体験入店では「新人」という扱いになり、不慣れなことも多いため、女の子にとって働きやすいお店を選ぶことが重要です。よりよいお店を選びたいなら、いくつかのお店で体験入店をして自分に合う環境を選びましょう。

ここでは、ソープランドの体験入店でチェックするべきポイントを4つ紹介します。

 

4-1.店長やスタッフの態度

体験入店で必ず確認するべきことは、店長やスタッフの態度です。採用段階では優しい雰囲気を見せていても、実際に働くと雰囲気が変わる場合もあります。特に、働く女の子に対しての態度がよくないなら、お店全体の雰囲気も悪いことがほとんどです。

働く女の子に対する態度だけでなく、お客様への態度も確認しましょう。万が一、お客様に対する態度が悪いときは、すぐに他のお店を探すことがおすすめです。

 

4-2.待機している女の子の雰囲気・人数

ソープランドでは、待機中に女の子が過ごす「待機室」があります。出勤中の女の子が待機室にたくさんいるお店はお客さんの利用が少ないため、入店しないことがおすすめです。

また、女の子同士の雰囲気も確認しておきましょう。お店によっては女の子同士での派閥ができている場合も少なくありません。派閥があることで、人間関係によるストレスを抱える可能性があります。待機室の人数と女の子の雰囲気は、体験入店の際に必ずチェックするべきポイントです。

 

4-3.来店人数・電話がかかってくる頻度

人気のあるお店かどうかを判断するポイントは、実際の来店人数や電話がかかってくる頻度で分かります。平日・土日を問わずたくさん電話がかかってくるお店は、集客力が高い人気店です。予約をしなければ利用できないほど人気のお店なら、電話がかかる頻度も多くなります。

一方、土日でも電話があまりかからない場合は、人気が低いお店と言えるでしょう。電話だけでなく来店人数も少ないなら、なるべく他のお店で働くことをおすすめします。

 

4-4.客層

体験入店では、どのようなお客様から利用されているのか、客層も確認することが重要です。

中級店や高級店のソープランドの場合、利用するお客様は紳士的な人が多くなります。そのようなお店であれば、接客中にストレスを感じることも少なくなるでしょう。

一方、お店のランクや勤務地によっては、客層がよくないことも珍しくありません。客層がよくないお店の場合、お客様から理不尽なクレームを受ける可能性があります。接客のストレスを少しでも減らしたいなら、体験入店で客層を確認するようにしてください。

 

まとめ

当記事では、ソープランドの体験入店に関する詳細やお店の選び方に加えて、チェックポイントなどを解説しました。

ソープランドで働くなら、雰囲気を確認するために体験入店をすることがおすすめです。まずは面接を受け、講習を受講してから体験入店をする流れが多くなります。お店を選ぶときはお店のコンセプトが合っているか、スタッフの対応は丁寧かなど、よく確認して選びましょう。

埼玉県のソープランドで働きたい女性は、「ファーストクラスルビー」をご検討ください。西川口にあるファーストクラスルビーでは体験入店を実施しており、働きやすい環境を整えています。

トップへ