西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > ソープ嬢が喜ぶ手マンのテクニック4選!基本のやり方や注意点も

ソープ嬢が喜ぶ手マンのテクニック4選!基本のやり方や注意点も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 出勤情報

手マンとは、手指を使って女性器を愛撫することです。女性器はデリケートであるため、手マンは優しく行うのが基本です。特にソープ嬢は1日にたくさんのお客さんから女性器を触られるため、より丁寧に触る必要があります。手マンをするときは指に力を入れず、時間をかけてゆっくりと愛撫しましょう。

当記事では、手マンの基本的なやり方とソープ嬢が喜ぶ手マンのテクニック、また手マンをするときの注意点を解説します。ソープ嬢に好かれる手マンのテクニックを身に付けたい人は、ぜひお役立てください。

 

1.そもそも手マンとは?上手だとソープ嬢に好かれる?

手マンとは、性的な快感を与えるために女性器を手や指で刺激する行為です。手マンは多くの場合、性行為における前戯の一環として行われます。手マンは男性が女性器を刺激しやすく、女性が安心かつ興奮する体位で行うのが通常です。

以下は、手マンの代表的な体位の例です。

  • M字開脚でベッドの上に座った女性を背後から抱きしめる体位
  • M字開脚で仰向けに寝た女性の上から覆い被さる体位
  • 女性に添い寝し、女性器に手を伸ばす体位

ソープ嬢は仕事として対応しているとはいえ、「一緒に快感を得たい」といった考えがある女性もいます。そのため、手マンが上手なお客さんは、ソープ嬢からの好感を得やすいです。

 

2.手マンの基本的なやり方

いずれの体位で手マンをするにしても、基本的なやり方は変わりません。手マンをする前に全身への愛撫やキスで、ソープ嬢の感度を高めましょう。時間に余裕があればお互いの緊張をほぐすために軽く会話し、ロマンチックな雰囲気を作った上で、愛撫をはじめる方法もおすすめです。

愛撫から手マンに進んだ後の基本的な流れは次の通りです。

  • (1)女性器の割れ目をなぞるような愛撫やクリトリスへの優しい刺激で、膣内を十分に湿らせる
  • (2)膣内の湿り具合を確認してから手の平を上にして、中指もしくは人差し指をゆっくりと挿入する
  • (3)膣の奥まで到達したらある程度のところまで抜き、再度奥まで挿入する
  • (4)相手の反応から感じるポイントを見極めて、適度に刺激する

女性器はデリケートなので、感じるポイントが見つかっても、強く刺激するのは避けましょう。ソープ嬢に手マンをする場合は「指を抜く・挿入する」の動きを繰り返す最中に「痛くないか」などの質問をして、力の加減を調整することも大切です。

 

3.ソープ嬢が喜ぶ手マンのテクニック

ソープ嬢は1日に何人ものお客さんを相手するため、ソープ嬢に「気持ちいい」「また指名してほしい」と思ってもらうには、手マンのテクニックを十分に身に付ける必要があります。ソープ初心者や女性経験の少ない人は正しい知識を元に事前練習を経た上で、プレイに臨むと安心です。

ここでは、ソープ嬢が喜ぶ手マンのコツ・テクニックを紹介します。

 

3-1.3つの性感帯を丁寧に愛撫する

指を膣の奥に挿入してすぐ指を動かすと、痛みを感じる場合があります。指が膣の奥に到達したら指を30秒〜1分程度動かさず、ソープ嬢を焦らし興奮させます。指が膣に入っていることにソープ嬢が慣れて愛液が出てきたら、Gスポット・ポルチオ・クリトリスを丁寧かつ重点的に刺激しましょう。

3つの性感帯の場所と刺激方法は、以下の通りです。

Gスポット
  • 場所:膣入り口の3〜5cm程度奥にある、ザラザラとした質感の性感帯
  • 刺激方法:指の腹をGスポットに押し付けたまま手首から動かし、優しく撫でるように刺激する
ポルチオ
  • 場所:Gスポットのさらに奥、子宮の手前にある性感帯
  • 刺激方法:ポルチオを押し上げるように指を曲げ、手首からゆっくりと楕円形に動かして刺激する
クリトリス
  • 場所:膣入り口の上にある突起状の性感帯
  • 刺激方法:女性の愛液やローションで指先を濡らし、優しく撫でるように刺激する

なお、ソープ嬢によっては性感帯への刺激に違和感を覚えるケースもあります。性感帯を刺激する際は相手の表情をよく見て、快感を覚えているか確認しながら行いましょう。

 

3-2.膣の状態にあわせて指の本数を変える

ソープを含む風俗店で手マンをする際の指は1本が基本です。2本以上の指で手マンをする場合は膣の湿り具合を確認し、ソープ嬢に指をもう1本入れてもいいかを聞くなど配慮をしましょう。

指を挿入する深さに関しても同様です。膣が十分に湿っていない、もしくは相手が嫌がっている状態で深く指を挿入するのは避けてください。

ソープ嬢が「優しくして」と言ったり、他のサービスに誘導したりする場合は痛みを感じている可能性が高いです。ソープ嬢に嫌われないためにも、相手の本音を汲み取り無理をさせない責め方を実践しましょう。

 

3-3.指を根元から曲げて圧をかける

指の第1関節・第2関節を曲げて「コ」の字を作る手の形は膣内を傷付け、出血させるリスクがあります。膣壁を刺激する際は指全体を伸ばしたまま根本の関節だけを曲げて、ゆっくり圧をかけましょう。

圧をかける際のコツは赤ちゃんやペットの頭を撫でるイメージで、優しく指を動かすことです。膣で指を速く動かすと痛みを感じる可能性があります。

よりソープ嬢を喜ばせるには挿入している側とは反対の手で、クリトリスや胸を刺激するのがおすすめです。クリトリスや胸に触れる手もあくまで優しく、ゆっくりと動かしてください。

 

3-4.クンニと並行して手マンをする

クンニと並行して手マンをすると、膣壁やGスポット・クリトリスを同時に刺激でき、ソープ嬢に大きな快感を与えられます。

クンニと並行して手マンをする際の手順は、下記の通りです。

  • (1)ソープ嬢にM字開脚をさせ、仰向けに寝てもらう
  • (2)寝ているソープ嬢の下半身付近に座り、上半身をかがめて指を浅く挿入する
  • (3)女性器に口を付けて、クンニを開始する
  • (4)舌の動きと合わせ、ゆっくりと指を出し入れする
  • (5)クンニを継続しつつ、十分に膣内が湿ったタイミングで他の性感帯も刺激する

舌と指の動きが合わないと、ソープ嬢が快感に集中しづらくなります。大きな快感をソープ嬢に与えるには一定のリズムで、淡々と舌や指を動かしましょう。

 

4.ソープ嬢に手マンをする時の注意点

ソープ嬢に手マンをする際は、「爪を短く切ること」「無理やり相手を責めないこと」がマナーです。ソープの利用前は指の腹側から爪が見えない程度の深さまで爪を切り、先端部分はやすりをかけます。優しいソープ嬢は「痛い」と感じる責め方を指摘できないケースが多いので、ソープ嬢が少しでも嫌がる様子があればアプローチを変えてください。

ソープ嬢に手マンをするときは、以下の3点にも注意しましょう。

ソープ嬢に負担をかける行為を控える
膣の奥を無理に責めたり、同じ場所をしつこく責めたりする行為は、ソープ嬢の身体に負担をかけます。指を挿入する深さや手マンの長さはソープ嬢の様子を見て調整し、痛みを感じさせないことが大切です。潮吹きをさせるための長時間に亘る手マンもソープ嬢に負担をかける原因にあたるので、避けてください。
舐めた指で手マンをしない
舐めた指で手マンをすると、唾液に含まれる細菌が膣に入り込むケースもあります。膣に入り込んだ細菌によって炎症が起こると、ソープ嬢の仕事に支障が出る可能性があります。指を濡らす際にはソープ嬢の許可をもらい、ローションを使用しましょう。
下着や服を汚さない
ソープ嬢にとっては下着も大切な衣装です。下着の上から女性器を触ると大切な衣装が汚れます。ソープ嬢が着替えを持っていない場合もあるので、手マンをする前は下着や服を優しく脱がせてあげましょう。

 

まとめ

ソープ嬢を手マンで喜ばせるには、ゆっくりと指を膣に入れたらしばらく指を動かさず、愛液が出てから性感帯を刺激します。指は根元から曲げて優しく膣に圧をかけましょう。愛液が出ていない状態で指を動かしたり、膣で指をコの字に曲げて激しく動かしたりすると、痛みを感じやすいです。

ソープ嬢に手マンをする際は爪を短く切り、行為時に無理やり相手を責めないことがマナーです。しつこく手マンを続けてソープ嬢に負担をかけたり、下着や服を汚したりする行為は避けましょう。

トップへ