西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > 子持ちでもソープで働ける?働くメリットやお店選びの重要性も

子持ちでもソープで働ける?働くメリットやお店選びの重要性も

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

子持ちの女性やシングルマザーで、収入面の安定を求める人の中にはソープでの勤務を検討する人も少なくありません。ソープなどの風俗は一般的な仕事と比べて高収入を得やすく、またシフトは自分で決められる魅力があります。しかし、ソープでの勤務はデメリットもあり、お店選びによってはリスクが高い仕事になる可能性もあります。

当記事では、子持ちの嬢が増えている理由、子持ちの女性がソープで働くメリット、お店選びのポイントを徹底解説します。

 

1.子持ちでもソープ嬢になれる?

風俗では20代で子どものいない女性が好まれる傾向にはありますが、子持ちのソープ嬢は意外と多いです。子どもがいる事実を自分から言わなければお客さんには分からないので、働く上で不利になることはありません。面接でも、子持ちが不利になるケースはほぼありません。

ソープに限らず、人妻や熟女などのコンセプトがある風俗店では、30代以上や子持ちの風俗嬢のほうが好まれます。子どもがいる事実をお客さんに内緒にしたくない女性は、人妻系・熟女系のソープで働くことがおすすめです。

 

1-1.妊娠線はないほうが好まれる

子持ちでもソープ嬢として働くことは可能ですが、妊娠線はないほうが好まれます。そもそも妊娠線とは、妊娠中に体に現れる短く細かい線です。一般的にソープは、子持ちではない女性と楽しめると思っているお客さんが来店します。妊娠線があれば出産の経験があると分かるため、子持ちではないことを前提として利用したお客さんにはリピートしてもらえない可能性もないとは言えません。

特に高級店では肌のきれいな女性が好まれます。妊娠線はお腹やお尻、胸など広範囲にできることが多く、妊娠線のない女性と比べると肌のきれいさが劣るため、面接で採用されないケースもあります。ただし、人妻や熟女専門のソープで働いたり、妊娠線をカバーできるほどのルックスやテクニックをもっていたりすれば、妊娠線はハンデにはなりません。

 

2.子持ちの嬢が増えている理由

近年は、ソープに限らずシングルマザーの風俗嬢が増えており、子持ちの女性が在籍しているのも珍しいことではなくなりました。シングルマザーが風俗、特にソープで働く理由は「自力で生活したい」「子どもに貧しい生活を送ってほしくない」ためです。

お店側としても、子持ちの女性や主婦特有の物腰柔らかな態度が接客でもプラスに働くと考え、子持ちの女性を積極的に採用するお店も増加傾向にあります。

 

3.子持ちの女性がソープで働くメリット3つ

子持ちの女性がソープで働くことには、一般的な仕事と比べて稼げる、時間の融通が利くなど多くのメリットがあります。子どもとの時間を大切にしながら無理なく働きたい女性にとって大変魅力的な仕事です。

以下では、子持ちの女性がソープで働くメリットを解説します。

 

3-1.短時間で効率的に稼げる

ソープは、アルバイト感覚で短時間だけ働いても高収入を得やすい仕事です。子持ちの女性は、生活費や教育費など、出費が大きくなる傾向にあります。特にシングルマザーは出費がかさむので、短時間で効率的に稼げるソープで働くことも少なくありません。

短時間でも、出勤日数を増やしたり指名率を上げたりすれば、さらに高い給料を期待できます。働いたお金はすぐにもらえるお店がほとんどなので、ゆとりのある生活をすることも可能です。貯金もでき、心に余裕を持って育児ができるでしょう。

学歴や職歴が関係なく、誰でも稼げることもメリットです。早くに出産して経歴が不安な女性も、テクニックやコミュニケーション能力があれば、努力次第で大きな金額を手に入れられます。

 

3-2.子どもの体調・行事にあわせて勤務時間を決められる

子持ちの女性は、旦那と一緒に過ごしたり、育児に割いたりする時間が必要なため、時間の制約もあるでしょう。ソープのシフトは自分次第で、出勤日や出勤時間を自由に決められます。家庭の時間を第一に考えながら働けて、育児や保育園・学校の行事と両立しやすいことがメリットです。

また、子どもが体調不良になったり、保育園や学校に呼び出されたりしたときも休みやすいこともメリットとなります。子どもが理由の欠勤や早退、遅刻にペナルティ・罰金などはないので、子持ちの女性がは安心して働けるでしょう。

 

3-3.お店によっては寮・託児所を利用できる

託児所や寮完備のソープも増えており、子持ちの女性やシングルマザーも働きやすいお店が多数あります。

託児所は、0歳から預けられる・24時間預けられるなど、シングルマザーも働きやすい環境が整備されている場合も少なくありません。託児所代を一部負担してくれるお店もあり、安く抑えられる分、子どもの教育費や貯金などに回せます。

また、子どもと入居ができる寮を完備しているお店もあります。面接のときに寮や託児所を見学できるお店もあるので、雰囲気をチェックしてから決めましょう。

 

4.子持ちの女性がソープ嬢として働くためにはお店選びが重要

子持ちの女性がソープ嬢として働く場合「稼げる・時間の融通が利きやすい・身バレしにくい」の3点に注目して求人を探しましょう。具体的な選び方は以下の通りです。

人妻がコンセプトのお店を選ぶ

ソープ嬢が稼ぐには、お店のカラーやコンセプトと自分がマッチしているところで働くことが大切です。お店のカラーやコンセプトと違っていればお客さんから指名をもらいにくい傾向にあります。人妻がコンセプトであれば子どもについてお客さんから理解を得やすく、子持ちの女性も働きやすいでしょう。

人妻がコンセプトのソープは、お店のスタッフからも理解を得やすいです。人妻がコンセプトでも、実際に人妻である必要はなくシングルマザーも働けます。20代前半の若い女性でも採用する人妻のお店は多いので、人妻系のソープを探してみるのもよい方法です。

子持ち歓迎のお店を選ぶ

子持ちを歓迎する旨を記載している求人も珍しくありません。子持ち歓迎のソープでは他のソープに比べて子持ちの女性が多く働いているため心強いでしょう。

子持ちを歓迎するソープほど寮や託児所を完備している可能性が高い傾向にあります。子持ちの女性にとって待遇のよいお店を探すなら、子持ち歓迎と記載しているお店で働くことがおすすめです。

アリバイ対策が徹底されているお店を選ぶ

子持ちの女性はソープで働いていることを周りにバレたくないと考えている場合も少なくありません。子どもの学校先の保護者や先生にバレれば、瞬く間にソープで働いている噂が広まり子どもの耳に入る可能性もないとは言えません。子どもを守るためにも、アリバイ対策・身バレ対策が徹底されているお店を選ぶことが大切です。

風俗勤務は写真からバレることが多いので、ホームページやプロフィールに顔出し写真を載せなくてもよいお店や、特徴的な部分を隠してもらえるお店を選びましょう。ソープの場合、来店したお客さんの顔を別の部屋で確認できるお店も多く、万が一知人が来店しても安心です。家や学校から離れているお店を選ぶことも大切です。

お店によってはアリバイ会社を用意しているところもあります。アリバイ会社では、名刺や給与明細書などの書類に一般企業名を記載してもらえ、勤務先を偽装できます。ただし、アリバイ会社が作成する書類は公的機関に提出できるものではありません。家族や旦那、知人に対してのアリバイ対策として使うにとどめましょう。

求人にアリバイ対策や身バレ対策がある旨を記載していても、面接の際にもう一度確認することをおすすめします。

 

まとめ

子持ちでもソープで働くことはできます。妊娠線が気になる場合は、人妻をコンセプトとしたソープを選ぶとお客さんの目やハンデを気にせず働けます。最近は子持ちやシングルマザーを採用するソープが多く、子持ちを歓迎する求人に応募すると採用されやすいでしょう。

子持ちの女性がソープで働くことには多くのメリットがあり、収入面だけでなく時間の融通が利く、託児所を利用できるなどの魅力もあります。

子持ちの女性がソープで働く場合、旦那知人、学校の関係者への身バレを回避するためにも、アリバイ対策が徹底しているお店を選びましょう。

トップへ