西川口 ソープランド ファーストクラス・ルビー

埼玉・西川口ソープ【ルビー】 > 人気アクセスキーワード > リスカ痕があると風俗では働けない?傷痕を上手に隠す方法

リスカ痕があると風俗では働けない?傷痕を上手に隠す方法

西川口ソープ ファーストクラスルビー 求人サイト

風俗は、高収入を得られる女性向けの仕事として有名です。しかし、「過去にリストカットをしていた」「リスカが癖づいている」など、さまざまな理由で手首などにリストカットの傷痕があるために、風俗店の面接で採用されるのか不安を抱いている人もいるでしょう。一般のアルバイトや風俗に限らず、リスカ痕をうまく隠せば仕事に就くことは可能です。

今回は、リスカ痕があっても働ける風俗店と働けない風俗店の特徴、リストカットをする原因と対処法、リスカ痕を隠す方法について紹介します。リスカ痕があっても風俗嬢として働くことは不可能ではありませんので、求人探しの仕方や傷痕の隠し方に工夫を凝らしてみましょう。

 

1.リスカOKの風俗店はある?

求人数は少なくなるものの、リストカットの傷痕があっても働ける風俗店はあります。風俗業界は比較的ピアスやタトゥーなどに寛容的ですが、リスカ痕があると面接に通りにくくなることも事実です。風俗店が傷痕があることに難色を示す理由には、下記が挙げられます。

  • お客さんの中にはリスカ痕に抵抗感を抱く人もいる
  • 風俗はあくまでもサービス業であるためお客さんに不快感を与えたくない
  • リスカ痕のない女の子のほうが人気が出やすい

そのため、いろいろな悩みなどからリストカットしたいと思っても、体を切ることはできるだけやめるようにしてください。どうしてもつらくて堪らない場合は、決して一人で抱え込まず、周りの人や専門家に相談するようにしましょう。

 

1-1.【リスカ痕あり】働けるお店・働けないお店

風俗では、リスカ痕があっても受け入れてくれるお店と、リスカ痕があると採用されにくいお店の2種類があります。昔の傷が消えていないものの風俗で働きたいという場合は、リスカOKとなりやすい風俗求人をまずチェックしてみましょう。

<リスカ痕があっても働けるお店>

  • 中級店や大衆店のソープ
  • 高級志向ではないデリヘル・ホテヘル・箱ヘル
  • 性感エステ・回春エステ
  • SM専門店

比較的低単価の店舗では、リスカOKとなりやすい傾向にあります。「リスカ痕が手首に少しある」「腕に浅い傷がいくつか部分的に残っている」など、傷痕が軽微なら採用される可能性は高いでしょう。また、エステなど服を脱がずにサービスを提供する業態、SM専門店など少々特殊な性的指向となる業態でも、比較的面接に通りやすいです。ただし、どのような傷痕でも受け入れてくれるとは限らないため、面接や体験入店をする前にリスカ痕があっても問題ないか確認する必要があります。

<リスカ痕があると働けないお店>

  • 高級店のソープ
  • 高級志向のデリヘル・ホテヘル・箱ヘル

風俗全般の高級店では、女の子のルックスやスタイル以外に接遇マナーなども重視されるため、リスカ痕があると採用されにくい傾向にあります。ほんの些細な手首の傷痕でも、面接を断られることも少なくありません。そのため、高単価の風俗店で働きたい場合は、まずリストカットをしないことが重要です。

 

2.そもそもリストカットとは?

リストカットとは、手首を切るなどの自傷行為を指します。思春期を迎える10代に多いと言われ、決してめずらしい行為ではありません。手首を切っても、自分の体を傷つけたり自殺したりすることが目的ではなく、自分の気持ちを落ち着かせるためにリストカットしている人もいます。

リストカットは一度行うとやめたくてもやめられないようになり、次第にエスカレートする場合もあります。どうすれば解決できるのか分からず自分1人で抱え込む状況につらさを感じている人もいるでしょう。

 

2-1.リストカットに至る原因

リストカットに至る原因は人それぞれです。ここでは、リストカットをする理由の一例を取り上げます。

  • 不安や恐怖から逃れたい
    漠然とした精神的な苦痛は、簡単にコントロールできません。リストカットによって苦痛を具現化し、「これなら調整できる」「手首を切ることで苦痛を切り離す」と思う人もいます。
  • 生きている感覚を得たい
    自分が生きている実感を得られないために、手首を切って血や傷を見て「生きている」ことを確かめるケースもあります。
  • つらい気持ちを解決したい
    精神的な強いストレス、孤立感など、さまざまなつらさから逃れる手段の1つとしてリストカットをすることもあります。

 

2-2.リストカットをやめる方法

リストカットは依存性が高く、自分ではやめたいと思ってもなかなか止められない場合も少なくありません。そのため、リストカットをやめようと意識するのではなく、リストカットの代替となる行為を探すことが大切です。リストカット以外の対処法には、以下が挙げられます。

  • 言葉にして感情をコントロールする
    誰かに話したり紙に書き起こしたりするなど、自分の不快な気持ちを言語化することで、感情をコントロールできる可能性があります。周囲に話せる人がいない場合は、専門機関や相談窓口を利用してみましょう。
  • リストカットが起きやすいパターンを把握する
    手首を切りたくなった出来事や状況、時間をメモ帳などに記載すると、自傷行為に及ぶきっかけを探ることができます。パターンを把握すれば、リストカットの引き金となる状況を避けられるでしょう。
  • 安全に刺激を得る方法を試す
    リストカットしたい衝動が収まらない場合は、刺激を得られる安全性の高い方法で気持ちを静めましょう。安全に刺激を得る方法には「氷を握りしめる」「輪ゴムで皮膚をはじく」などが挙げられます。

リストカットをやめたいと思っている場合は、上記のいずれかの方法を試してみてください。それでもつらいときは、医療機関を受診したり自治体の保健センターに相談したりするなど、専門家に頼ってみましょう。

 

3.リスカ痕をうまく隠す方法

風俗店の面接に合格して働けるようになったものの、できるだけお客さんに傷を見られないように隠したいという人もいるでしょう。化粧品や医薬品などを使うことで、リストカットの痕を目立たなくすることは可能です。ここからは、リスカ痕を隠せるアイテムと、カバー対策の詳細を説明します。

 

3-1.ファンデーションテープを貼る

ファンデーションテープとは、肌の色が着色されたテープです。肌になじみやすい色・薄さになっていて、絆創膏のように簡単に貼ることができます。最近は傷痕に特化したファンデーションテープも販売されているため、リスカ痕を綺麗に隠せるでしょう。

ファンデーションテープの使い方は、自分の肌に近い色・リスカ痕を覆い隠せるサイズのファンデーションテープを選び、傷痕の上からペタッと貼るだけです。薬局のほか、ネット通販で買うことができます。

 

3-2.コンシーラーを塗る

メイク用のコンシーラーを使うことでも、リスカ痕を目立たなくすることは可能です。コンシーラーにはさまざまな種類がありますが、リスカ痕を隠すのならカバー力の高いクリームタイプやリキッドタイプを使うとよいでしょう。

コンシーラーでリスカ痕を隠す場合は、コンシーラーを塗った後にポンポンと手で押してなじませることがポイントです。赤みを帯びているリスカ痕には、肌より少し暗めのカラーのコンシーラーを選びましょう。

 

3-3.傷痕用の医薬品を塗る

傷痕に特化した医薬品の中にはコンシーラータイプもあるため、リスカ痕を隠しながら治すこともできます。傷痕用の医薬品は「アットノン」などが有名です。

使い方は簡単で、リスカ痕に医薬品を塗布し、肌との境目を指でトントンとなじませるだけです。ただし、化粧品ほどのカバー力は期待できないため、シャワーを浴びた後などはこまめに塗り直すことをおすすめします。

 

まとめ

リスカ痕があると高級店で働くことは難しくなりますが、「傷痕の程度が浅い」「目立ちにくい場所にある」という場合はリスカ痕があっても風俗で働ける可能性があります。接客する際は、ファンデーションテープやコンシーラーなどを使い、なるべくリスカ痕が分からないようにするとよいでしょう。

ファーストクラスルビーでは、最高水準の待遇を用意し、求人募集を行っております。未経験の方、20~30代の方も歓迎しておりますので、お気軽にご応募ください。

トップへ